548件中 31 - 40件表示
  • マリアージュフレール

    マリアージュフレールから見た紅茶紅茶

    マリアージュフレール(MARIAGES FRÈRES)とは、17世紀からの紅茶文化を受け継ぐ老舗を看板にする紅茶専門店。および同店舗を示す紅茶ブランド名としても用いられている。マリアージュフレール フレッシュアイペディアより)

  • トリスウイスキー

    トリスウイスキーから見た紅茶紅茶

    「トリス」にアッサム茶葉を使用した紅茶を加えたウイスキーベースのリキュール「トリス スウィートティー」を発売。トリスウイスキー フレッシュアイペディアより)

  • スコーン

    スコーンから見た紅茶紅茶

    イギリス風のお茶には、スコーンは欠かせないものである。イギリスではジャムやクロテッドクリームを添えたスコーンを食べながら紅茶を飲む習慣をクリームティーと呼ぶ。一方北米では、朝食やおやつに食べることが多く、スコーン自体がイギリスのものに比べて甘いので、何もつけずに食べるのが普通である。スコーン フレッシュアイペディアより)

  • ミルクティー

    ミルクティーから見た紅茶紅茶

    ミルクティー()は、牛乳などの乳を入れた紅茶のこと。ミルクティー フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア (缶コーヒー)

    ジョージア (缶コーヒー)から見た紅茶紅茶

    名称の由来はザ コカ・コーラ カンパニーの本拠地がジョージア州アトランタにあることから。ただしアメリカでは販売されていない。かつては同ブランドの烏龍茶・緑茶・紅茶なども存在したが、綾鷹や紅茶花伝などの別のブランドで発売されるようになり、今はコーヒーとココアのみである。ジョージア (缶コーヒー) フレッシュアイペディアより)

  • エジプト料理

    エジプト料理から見た紅茶紅茶

    一般的な食事はサラダとスープから始まり、主菜は肉料理や魚料理にパンや米が添えられる。食事の最後はデザートと紅茶(シャーイ)でしめくくる。エジプト料理 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤園

    伊藤園から見た紅茶紅茶

    8月 - 「TEAS' TEA」を当社の紅茶ブランドに衣替え。伊藤園 フレッシュアイペディアより)

  • ハロッズ

    ハロッズから見た紅茶紅茶

    1834年、紅茶に特別な興味を示したハロッドは、ロンドンのイースト・エンド、ステップニーのケーブル・ストリート4で食品雑貨の小売店を立ち上げた。これが今日まで続くハロッズの原点である。1849年、不衛生なインナーシティを回避して、2年後の開催が予定されたロンドン万国博覧会で見込まれる需要を狙い、ハイド・パークの近くで、今日まで続く店舗の所在地であるブロンプトン地区の小さな店を買い取って、営業を開始した。初めは2人のアシスタントと1人のメッセンジャーボーイを雇って始まったハロッズだったが、後に経営が息子のチャールズ・ディグビー・ハロッドに引き継がれ、医薬品、香水、筆記具、青果の販売を取り扱うようになり、ますます繁盛した。その後、隣接する建物を取得し、拡大を続けたハロッズは1880年には従業員数が100人に達した。ハロッズ フレッシュアイペディアより)

  • ウイグル料理

    ウイグル料理から見た紅茶紅茶

    ウイグル人の喫食は、一度にまとまった量を食べる「食事」のタマク (tamaq、?????) と、紅茶を中心にナンや果物、ナッツなどを軽く食べる「喫茶」のチャイ (chay、???) に大別される。主食は小麦と米で、トウモロコシなども補助的に食べる。肉類は羊肉が主に食され、牛肉や鶏肉もよく用いられる。地方によっては鹿肉や鳩などの野鳥も食用にされる。野菜も豊富に用いる。 トマト、ニンジン、タマネギ、大根、ナスなどがよく使われる。香辛料としては、トウガラシ、クミンが多用され、ショウガ、花椒、フェンネル、カルダモンなども用いる。同じテュルク系民族であるトルコのトルコ料理と比べると、味付けや調理法で類似点もあるが、トルコ料理のように魚介類をも多用することはなく、トルコよりも限られた種類の野菜や果物を工夫して用いるなどの違いもある。ウイグル料理 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス東インド会社

    イギリス東インド会社から見た紅茶紅茶

    イギリスはオランダとの抗争に敗れたため、香辛料という当時のヨーロッパで最も珍重されていた商品を失うこととなった。さらに、インドではイギリスで生産される毛織物製品に対しての関心を示さなかったことから、銀をイギリス国内から持ち出さざるをえなかった。また、インドで産出される綿織物を購入するために、バンダレ・アッバースの存在は必要不可欠であった。イランには砂糖、胡椒、香辛料を輸出し、その代金で金、銀、銅といった金属を手に入れることができた。イギリスは香辛料に変わり、藍や硝石、紅茶、綿織物製品をヨーロッパに輸出した。金額では1670年には、36万ポンドだったのが、1740年には、200万ポンドに到達していた。加えて、ヨーロッパにおけるインド製品の需要によって、当時のインド商人や手織り業者に多くの富がもたらされることとなった。イギリス東インド会社 フレッシュアイペディアより)

548件中 31 - 40件表示

「紅茶」のニューストピックワード