548件中 41 - 50件表示
  • キルラキル

    キルラキルから見た紅茶紅茶

    実は皐月は羅暁が生命戦維と人間を融合させる実験台にするために産んだ子で、1歳の時に行われた実験がうまくいかなかったことから羅暁は次の娘(流子)を生後すぐに実験台にしており、この際に羅暁に敵意を持った父は皐月が5歳の頃に生命戦維や羅暁らの真意を明かしていた。揃の紅茶はこの後から飲み始めており、当初は苦く感じていたが我慢して飲んでいた。彼女はこのことを思い返して「{当時は}いい子だったんだな」と語っている。小説版によると、幼稚園時代の皐月は蛇崩いわく、聞き分けのいいふわふわとした「つまらないほどいい子」だったらしいが、5歳のある日を境に全く笑わなくなったという。キルラキル フレッシュアイペディアより)

  • 茶

    から見た紅茶紅茶

    茶は、加工の方法(発酵のさせ方)により、様々な種類があり、世界的に知られているのは、酸化発酵を行わせた紅茶と行わせない緑茶である。茶葉に含まれる酵素が、茶葉の中のカテキン(ポリフェノールの一種)など300種類以上の成分と反応するにつれ、テアフラビンなどが生成する。これらの成分によって茶の味や香りが左右される。酸化発酵が進むにつれ、クロロフィル(葉緑素)も酸化されるため、色は緑から暗色に変化していく。 フレッシュアイペディアより)

  • 角砂糖

    角砂糖から見た紅茶紅茶

    角砂糖(かくざとう)は、砂糖製品の一種で立方体に固めたもの。一個約3?4g。グラニュー糖を立方体型に成形した白色のものがもっともポピュラーだが、白や茶・直方体やハート型など様々な形に成型したものもある。コーヒー・紅茶一杯当たり2-3個を入れることが多い。角砂糖 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷豊

    水谷豊から見た紅茶紅茶

    演じるキャラクターには庶民的な設定が多く、近年は比較的おとなしめの役(『相棒』が顕著)が多いが、『熱中時代』に出演するまでは、『傷だらけの天使』、『青春の殺人者』、『男たちの旅路』などで演じた、棘や影のある青年やチンピラなどの役で出演する事が多かった。『刑事貴族』や『ハロー!グッバイ』、『探偵事務所』シリーズでは、シュールでスピード感のある破天荒かつ調子のいい二枚目半的な役も演じていた。また、記者役においては地方が舞台などの形が多く、刑事役においては、ロンドン在住経験やイギリス車を重用、さらにはロンドン警視庁での研修勤務経験があることなど、何らかの形でイギリスと関わりのある設定が多い。コーヒー派であるが、『相棒』での演技をきっかけに紅茶を嗜むようにもなった。なお、俳優人生において、初の刑事役は1975年、『夜明けの刑事』での山本刑事役。水谷豊 フレッシュアイペディアより)

  • ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

    ムヒョとロージーの魔法律相談事務所から見た紅茶紅茶

    身長170cm。9月29日生まれ。特技:スーパーハリボテテク、料理。好きなもの:紅茶、お菓子。苦手なもの:幽霊、怖いムヒョ。ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカひじき

    アメリカひじきから見た紅茶紅茶

    『アメリカひじき』(あめりかひじき)は、野坂昭如の短編小説。野坂自身の戦後の焼跡闇市体験を題材にした作品である。少年時代に敗戦を経験した男が、妻がハワイ旅行中に知り合った初老のアメリカ人夫婦を自宅に招くことになり、敗戦直後の占領軍に対する一種のコンプレックスを呼び覚まされる物語。ひもじさで米軍捕虜の補給物資をくすねたブラックティー(紅茶の葉)を「アメリカのひじき」だと勘違いして食べた惨めで恥ずかしい思い出や、ポン引きまがいの闇市体験が、22年後の時点のアメリカ人への複雑な心理と重なる様を、独特の関西弁を生かした文体で描いている。『火垂るの墓』で死んでしまった清太の「戦後社会を生き抜いた場合のパラレルワールド」的その後にあたる。アメリカひじき フレッシュアイペディアより)

  • パワーパフガールズ

    パワーパフガールズから見た紅茶紅茶

    ひょんなことからタウンズヴィル市長に就任したことがある。また、ユートニウム博士を何故かメスの種族と勘違いし、強引に結婚を迫ったことがある。同種の仲間や甥っ子が多数存在する。『あなたが私で、私はだあれ?』では、紅茶を愛する紳士と入れ替わっていた。パワーパフガールズ フレッシュアイペディアより)

  • コーヒー

    コーヒーから見た紅茶紅茶

    イギリスでは1650年にオックスフォードに最初のコーヒーハウスが開業した後、17世紀にはロンドンを中心にコーヒーハウスが社交や議論、情報交換の場として隆盛を極めた。ロイド保険組合の前身もコーヒーハウスである。このイギリスのコーヒーハウスの隆盛は紅茶の普及により廃れる18世紀半ばまで続いた。コーヒー フレッシュアイペディアより)

  • 朝食

    朝食から見た紅茶紅茶

    ベーコン、卵料理(通常は目玉焼き)を基本とし、英国風ソーセージ、マッシュルームのソテー、焼きトマト、 ブラック・プディング(豚の血で作った黒ソーセージ)、ベイクド・ビーンズ(豆の煮物)などにバターやジャムを塗ったトーストや揚げパンとミルクを添えた紅茶を添える。イギリス人はこのボリュームのあるFull English Breakfast を週末の朝などに食べている。通常は簡素なシリアルやトーストなどで済ませる者が多い。イギリス国内ではイングランド以外でも同様の朝食をとる食習慣があるが、スコットランドではこのような朝食を「スコティッシュ・ブレックファスト」と呼ぶ。朝食 フレッシュアイペディアより)

  • カフェイン

    カフェインから見た紅茶紅茶

    コーヒーから分離されカフェインと命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬に用いられる。カフェイン フレッシュアイペディアより)

548件中 41 - 50件表示

「紅茶」のニューストピックワード