419件中 71 - 80件表示
  • グラニュー糖

    グラニュー糖から見た紅茶紅茶

    グラニュー糖は最高純度の糖液からつくられる無色結晶状の砂糖で、蔗糖純度が高く、転化糖をほとんど含まないため通常の砂糖よりサラサラしている。また非常に溶けやすいため、コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多い。このグラニュー糖に空気を含ませ顆粒状にすると、フロストシュガーになる。フロストシュガーはグラニュー糖より溶けやすいため、ヨーグルトのような半固体状の食品の甘味付けや、製菓材料に使用される。グラニュー糖 フレッシュアイペディアより)

  • ティーカップ

    ティーカップから見た紅茶紅茶

    ティーカップ(英 teacup )とは、洋食器の1種で、紅茶を飲むためのコップである。その形状は、紅茶を入れるために工夫されてきた。基本的に紅茶は熱い飲み物なので、100℃の温度に耐えられるようになっている。なお、18世紀の終り頃までは取っ手が無く、筒状であった。また、フット(別名、スカート)と言って、ソーサーとカップの底との間に密閉された空間を作る部分が存在するティーカップが正式なもの、それがないと略式なものとなる。フットがあることによって、カップに入れられた紅茶の保温に役立つ。ティーカップ フレッシュアイペディアより)

  • 1956年の政治

    1956年の政治から見た紅茶紅茶

    5月9日 - 河野一郎農相と、ニコライ・ブルガーニンソ連首相の会談がクレムリン宮殿で行われる(河野はブルガーニンの前で紅茶をひっくり返した)。1956年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • フラビア

    フラビアから見た紅茶紅茶

    レギュラーコーヒーの他に紅茶・緑茶・ハーブティー・ココア・カプチーノ・カフェモカなど、15種類以上のドリンクが選択可能。フラビア フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶花伝

    紅茶花伝から見た紅茶紅茶

    紅茶花伝(こうちゃかでん)は日本コカ・コーラが販売している紅茶のブランド名。茶飲料全般のブランドであったSIMBA(神葉・シンバ)より、紅茶飲料のみ1992年2月に分化、販売を開始した。能の書物「風姿花伝」をもじったものが「紅茶花伝」という名前の由来。KOCHAKADENというブランド名で製品を販売していた事もあったが、そちらは現在販売を終了している。紅茶花伝 フレッシュアイペディアより)

  • ストレートティー

    ストレートティーから見た紅茶紅茶

    ストレートティーとは最も一般的な紅茶種である。ストレートティー フレッシュアイペディアより)

  • バーミヤン (レストランチェーン)

    バーミヤン (レストランチェーン)から見た紅茶紅茶

    ドリンクバイキングは中華料理店らしくアイスティーにバリエーションを持たせ、福建烏龍茶、黒豆烏龍茶、プーアール茶、美身痩茶、ジャワティー、ライチ紅茶等を用意し、定期的に替えている。従来は「茶バー」という独自の名称であったが、最新のメニュー改定時に名称も変更された。バーミヤン (レストランチェーン) フレッシュアイペディアより)

  • 個人授業II

    個人授業IIから見た紅茶紅茶

    2007年8月1日 紅茶学 (アンガールズ)個人授業II フレッシュアイペディアより)

  • Far East Cafe (店舗)

    Far East Cafe (店舗)から見た紅茶紅茶

    飲み物はオープン当初はコーヒーが無料で提供されていたが、南青山に移転してからは料金制になっている。種類はコーヒーの他、紅茶、ウーロン茶、ジュース類(各300円)、ビール(夜間のみ。500円)がある。Far East Cafe (店舗) フレッシュアイペディアより)

  • 土屋守

    土屋守から見た紅茶紅茶

    土屋守(つちや まもる、1954年 - )は、日本のウイスキー評論家、作家。ウイスキーワールド編集長、スコッチ文化研究所代表。学習院大学文学部卒業後,FOCUSなどの週刊誌記者となる。1987年から1993年までイギリス在住。イギリス文化に精通し、旅行や紅茶、ウイスキー、なかでもスコッチ・ウイスキーを中心とした著作多数。2001年、自らを代表とするスコッチ文化研究所を設立。土屋守 フレッシュアイペディアより)

419件中 71 - 80件表示

「紅茶」のニューストピックワード