419件中 81 - 90件表示
  • 佐野満昭

    佐野満昭から見た紅茶紅茶

    研究分野は栄養学であり、食品学や食品機能学など、食生活学や環境系薬学に纏わるものが中心となっている。特に、食品成分の化学的な性質や生体への影響を主題としている。研究で取り上げた食品は多岐にわたるが、なかでも紅茶についての研究では、その抗酸化作用に着目し、成果を専門書として上梓している。佐野満昭 フレッシュアイペディアより)

  • 日食 (食品卸)

    日食 (食品卸)から見た紅茶紅茶

    イギリス一の紅茶ならびに陶磁器のブランドとして知られるウェッジウッドの紅茶を中心に取り扱う。その他にも、ヨーロッパ各国の有名メーカーの食品ならびに菓子類を販売している。日食 (食品卸) フレッシュアイペディアより)

  • THEOBROMA

    THEOBROMAから見た紅茶紅茶

    チョコレートをメインに販売しているが、チョコレート以外にもケーキ、マカロン、焼菓子、紅茶なども販売している。THEOBROMA フレッシュアイペディアより)

  • 茶托

    茶托から見た紅茶紅茶

    紅茶、コーヒーなどヨーロッパ式の茶を飲む道具では、茶托に類する、カップと同柄のカップソーサーが使われる。茶托 フレッシュアイペディアより)

  • クリームティー

    クリームティーから見た紅茶紅茶

    クリーム・ティー(Cream Tea)は、英国等の喫茶習慣の一つ。基本は紅茶とスコーンのセットで、クロテッドクリームとジャムが添えられる。クリームティー フレッシュアイペディアより)

  • 福建料理

    福建料理から見た紅茶紅茶

    なお、福建省は武夷岩茶や鉄観音などのウーロン茶や、ラプサンスーチョンなどの紅茶を中心とした茶葉の産地であり、喫茶の文化も根付いているが、茶請けは通常落雁、貢糖、米老などの菓子やドライフルーツ、ナッツの類に限ることが多く、広東省の飲茶のような点心をいっしょに食べる文化は広がっていない。福建料理 フレッシュアイペディアより)

  • イレブンシス

    イレブンシスから見た紅茶紅茶

    一般的にブランチほど塩味のきいたものが出ることはなく、ケーキ及びビスケットコーヒーまたは紅茶のセットを取ることもある。イレブンシス フレッシュアイペディアより)

  • 秋田拠点センターアルヴェ

    秋田拠点センターアルヴェから見た紅茶紅茶

    まめまめハウス本店(コーヒー・紅茶・中国茶・ハーブティー)秋田拠点センターアルヴェ フレッシュアイペディアより)

  • アビタン

    アビタンから見た紅茶紅茶

    一旦土地を貸し下げされたアビタンの夫婦にとって、最初にするべきことは、カエデや松やブナの木を切り倒して、自分たちの開拓地を切り開くことだった。切り倒した木の丸太は小屋づくりのために集め、それ以外の枝は開拓地をまっさらな状態にするために燃やされた。夏に開墾をすることで、1から2アルパン(1エーカーに相当)の土地を切り開くことができただろう 。アビタンの建てた小屋は、フレンチカナディアン様式の、こぎれいな「ピエス・スール・ピエス」(piece sur piece)で。間口6メートル、奥行き8メートルほどであった。彼らの農場は、キャベツや玉ねぎや、そのほかの野菜を植えた菜園はもちろん、動物を飼ったり、家族のための煙草を栽培したりした。農場や作物、動物の世話をするのは、妻の仕事であった。子供たちは、成長するにつれて両親の農場管理を手伝った。時折「クー・ド・マン」(coup de main、奇襲)に見舞われた際には、隣近所や親戚の助けが得られた。また、収穫は家族全員で行った。懸命な農作業の結果、アビタンは自分の農場の作物で、ほとんど自給自足できるようになった。主要産物は小麦で、ほかにもライ麦やカラス麦、大麦、えんどう豆、トウモロコシなども作られ、小麦、カラスムギ、えんどう豆が主な換金作物だった。他にリンゴやイチゴもできた。アビタンは通常豚肉や野生獣の肉を食べた。リンゴ酒やミルクがよく飲まれ、裕福なアビタンの中にはコーヒーや紅茶を飲むものもいた。気候の点では厳しかったものの、開墾地は豊富にあって、処女地のため生産性も高く、18世紀には毛皮交易から農業に経済の中心が移って行った。アビタン フレッシュアイペディアより)

  • コオル老王

    コオル老王から見た紅茶紅茶

    カナダには、コール王という名前の紅茶のブランドがある。コオル老王 フレッシュアイペディアより)

419件中 81 - 90件表示

「紅茶」のニューストピックワード