前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
134件中 1 - 10件表示
  • 紅茶

    紅茶から見た喫茶店

    牛乳で茶葉を煮出したもの。あるいは、少量の水で煮出してから牛乳を入れて沸かしたもの。クリームを加えてより濃厚に仕立てることもある。ただし、これは紅茶の本場イギリスを連想させる単語として「ロイヤル」を用いた日本独特の呼称であり、イギリスにおいてそのような表現は存在しない。大阪にある『London Tea Room(ロンドンティールーム)』という喫茶店で造られ、同名の紅茶飲料が販売されるに従い次第に広まっていった。イギリスではこの手の紅茶は「インディアンティー」つまり後述のチャイと呼ばれており、特に区別されていない。詳しくは「ロイヤル・ミルク・ティー」を参照。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たコーヒー

    日本ではプランジャーポット(ティーサーバー、カフェティエール、ボナポット、フレンチプレス、メリオールなど様々な呼称がある)を用いることがある。プランジャーポットとは円筒形のガラス容器に弁がついたもので、茶葉と湯を容器に一緒に入れ、抽出後に弁を押し下げて茶葉を押さえつけながら紅茶をカップに注ぐものであるが、本来コーヒーの抽出用具であり紅茶の抽出に用いるのは日本だけである。日本で紅茶の抽出に用いられるようになった経緯は不明である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たジャム

    茶葉を熱湯で抽出し、その抽出液を飲用する。抽出の方法にはいくつかの種類があり、淹れる人ごとに各々の決まりがあるといわれている。好みにより、砂糖、ミルク、レモン、ジャムなどを入れて飲む。日本ではミルクのかわりにコーヒー用のクリームを入れることも多いが、風味は劣り、牛乳を用いるのが正当である。ティーバッグを使えば、手軽に紅茶を楽しむことができる。さらに、シナモンなどいれて飲んだりすることがあり、独特の風味や味を楽しむことができる。これは、シナモンティーという。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たレモン

    茶葉を熱湯で抽出し、その抽出液を飲用する。抽出の方法にはいくつかの種類があり、淹れる人ごとに各々の決まりがあるといわれている。好みにより、砂糖、ミルク、レモン、ジャムなどを入れて飲む。日本ではミルクのかわりにコーヒー用のクリームを入れることも多いが、風味は劣り、牛乳を用いるのが正当である。ティーバッグを使えば、手軽に紅茶を楽しむことができる。さらに、シナモンなどいれて飲んだりすることがあり、独特の風味や味を楽しむことができる。これは、シナモンティーという。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たハーブ

    原茶では味わえない味と香りを楽しむために、複数の茶葉を混合したものをブレンドと呼ぶ。ブレンドには大きく分けると2通りあり、異なる産地のものを合わせる場合と、同じ産地で違う茶園や違う日にちに採取した茶葉を合わせる場合がある。また香料やその他の方法で茶葉に香りを定着させたりハーブやドライフルーツなどを混合したものは、着香茶(フレーバーティー)と呼ばれる。大手メーカー(パッカー)の商品にブレンドが多いのは、安価で安定した茶葉を広く流通させるためである。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た

    紅茶(こうちゃ、black tea)とは、摘み取ったの葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たカフェ

    喫茶店やカフェにおいては、コーヒー、ココアと並ぶ飲料メニューとして存在している。また缶やペットボトルの紅茶(紅茶飲料)が増えてきており、手軽に飲めるようになっている。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た雲南省

    雲南紅茶():雲南省鳳慶県・昌寧県近辺産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た砂糖

    茶葉を熱湯で抽出し、その抽出液を飲用する。抽出の方法にはいくつかの種類があり、淹れる人ごとに各々の決まりがあるといわれている。好みにより、砂糖、ミルク、レモン、ジャムなどを入れて飲む。日本ではミルクのかわりにコーヒー用のクリームを入れることも多いが、風味は劣り、牛乳を用いるのが正当である。ティーバッグを使えば、手軽に紅茶を楽しむことができる。さらに、シナモンなどいれて飲んだりすることがあり、独特の風味や味を楽しむことができる。これは、シナモンティーという。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たカテキン

    紅茶におけるタンニンは、エピカテキンやエピガロカテキンなどのカテキン類とその没食子酸エステル誘導体が主となっている。一般に、カテキン類は苦味を、その没食子酸エステル誘導体は渋味を持つといわれる。生茶葉中にも多量に存在する。紅茶製造においては、発酵過程において生成されるテアフラビンなどの赤色色素の前駆体となっており、その抽出液の水色に大きな影響を与える。なお、タンニンはポリフェノール化合物の一種でもある。紅茶には、茶葉重量の11%程度タンニンが含まれている。生茶葉中に、乾燥重量に換算して20 - 25%含まれる。生産量の面で主力となる変種のアッサムチャはタンニンの含量が基本変種に対し1.2 - 1.5倍程度多い。紅茶 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
134件中 1 - 10件表示

「紅茶」のニューストピックワード