134件中 91 - 100件表示
  • 紅茶

    紅茶から見た牛乳

    茶葉を熱湯で抽出し、その抽出液を飲用する。抽出の方法にはいくつかの種類があり、淹れる人ごとに各々の決まりがあるといわれている。好みにより、砂糖、ミルク、レモン、ジャムなどを入れて飲む。日本ではミルクのかわりにコーヒー用のクリームを入れることも多いが、風味は劣り、牛乳を用いるのが正当である。ティーバッグを使えば、手軽に紅茶を楽しむことができる。さらに、シナモンなどいれて飲んだりすることがあり、独特の風味や味を楽しむことができる。これは、シナモンティーという。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たホテル

    イギリスといえばアフタヌーン・ティーなどが有名であるが、家庭や喫茶店では手軽なティーバッグによって供されることが多いが、家庭や専門店、ホテルなどにおいては茶葉が用いられることも多い。産業革命時代に労働者の空腹を紛らわす目的で労働者階級にまで普及したため、伝統的に砂糖を入れて飲まれることが多い。またイギリス軍のレーションにはティーバッグが付属している。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た武夷山

    正山小種(ラプサンスーチョン):福建省武夷山地域産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た発酵

    紅茶(こうちゃ、black tea)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たセイロンティー

    一般にはセイロンで知られる。ウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ、キャンディ、ルフナの五種をまとめて、セイロン・ファイブ・カインズと呼ぶ。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たサモワール

    また、ロシアやトルコなどでは紅茶を入れる際の湯沸かし器としてサモワールが伝統的に使用されてきた。サモワール上部にはティーポットが据えられる構造となっており、ポットが加熱され続けることにより茶液が濃縮される。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た日本紅茶協会

    紅茶に関連する資格としては日本創芸学院が認定する紅茶コーディネーター、日本紅茶協会が認定するティーインストラクターがある。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たレーション

    イギリスといえばアフタヌーン・ティーなどが有名であるが、家庭や喫茶店では手軽なティーバッグによって供されることが多いが、家庭や専門店、ホテルなどにおいては茶葉が用いられることも多い。産業革命時代に労働者の空腹を紛らわす目的で労働者階級にまで普及したため、伝統的に砂糖を入れて飲まれることが多い。またイギリス軍のレーションにはティーバッグが付属している。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たイグノーベル賞

    紅茶の入れ方は、ISO 3103によって国際標準規格として制定されている。この規格の元になったBS 6008:1980を1980年に定めた英国標準協会は、1999年度のイグノーベル賞文学賞を受賞した。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たハーブティー

    季節によって多少のばらつきはあるものの、ストレート、ミルク、レモンの3種類の飲み方が一般的であり、砂糖が別に添えられ飲む人の好みによって加えられる。ハーブティーや、果物のピールなどを加えて香りを楽しむフレーバードティー、リンゴや桃などの果汁を入れて味を楽しむフルーツティー、好みのジャムを加えたロシアン・ティーも飲まれている。また、寒暖の差がはっきりしている気候のため、冬はホット、夏はアイスで飲まれることが多い。紅茶 フレッシュアイペディアより)

134件中 91 - 100件表示

「紅茶」のニューストピックワード