170件中 21 - 30件表示
  • 紅茶

    紅茶から見た安徽省

    祁門紅茶(キームン、キーマン、キーモン、祁紅):安徽省祁門県産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たエドワード8世 (イギリス王)

    キーマンをベースにした特徴のある香。名称の由来は英国・皇太子時代のエドワード8世紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た痛風

    痛風 - ヨーロッパで喫茶が普及した一因となった紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た世界

    ヨーロッパで多く飲用される。世界で最も頻繁に紅茶を飲むと思われがちなのはイギリス人で、朝昼晩の食事だけでなく、起床時、午前午後の休憩にもお茶を楽しむ。このため、茶器、洋菓子なども発達し、洗練された。なお、紅茶の文化は18世紀にアイルランドに伝わり、2008年時点で国民一人当たりの消費量ではアイルランドがイギリスを抜いて世界一となっている。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た緑茶

    17世紀以来、中国方面から緑茶や磚茶を輸入していたロシアの紅茶の淹れ方は、煮出し式の項で触れたようにサモワールの上にかけた薬缶で濃く煮だした紅茶をグラスの四分の一程度入れ、お湯で薄める方法を取る。そのため、使われる茶葉は色が濃く出て、苦味、渋みが少なく伸びの良さが重視される。反面、煮詰める段階で香りは飛んでしまうので、英国式と違い香りは重視されない。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た九州

    1876年(明治9年)に紅茶用茶樹の種子が導入され、鹿児島県、福岡県、静岡県、東京に紅茶伝習所が設けられ、紅茶に適するアッサムチャと基本変種を交配し国産紅茶品種を作り、紅茶の製造が始まった。昭和30年代半ばまでは1,500t以上生産されていた。1971年の紅茶輸入自由化以降、国内の紅茶生産は壊滅状態となったが、現在では九州、静岡県および長野県、三重県、奈良県、滋賀県、山陰地方、九州地方(福岡県や屋久島など)といった地域で生産された国産紅茶が若干量流通している。これら国産品を「和紅茶」と呼称している事業者もある。また杉の葉を加工して「紅茶」の名称で販売されている商品もある。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たスープ

    中国雲南省などで作られる磚茶(たんちゃ。茶葉と茎を蒸して固形化した黒茶の一種)を煮出したものに、バターと岩塩、プンドを、ドンモやチャイドンと呼ばれる筒形の容器に入れ、攪拌して作る。バター茶とも呼ばれ、チベットでの重要なビタミンC摂取源である。どちらかというと味はスープに近く、主食のツァンパを練るのにも使う。モンゴルやブータン、ネパールなどでも同様の習慣がある。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たバター

    中国雲南省などで作られる磚茶(たんちゃ。茶葉と茎を蒸して固形化した黒茶の一種)を煮出したものに、バターと岩塩、プンドを、ドンモやチャイドンと呼ばれる筒形の容器に入れ、攪拌して作る。バター茶とも呼ばれ、チベットでの重要なビタミンC摂取源である。どちらかというと味はスープに近く、主食のツァンパを練るのにも使う。モンゴルやブータン、ネパールなどでも同様の習慣がある。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た四川省

    四川紅茶(川紅):四川省産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たペットボトル

    喫茶店やカフェにおいては、コーヒー、ココアと並ぶ飲料メニューとして存在している。また飲む直前に家庭や店舗で入れるのではなく、工場で大量生産される缶・ペットボトル入り紅茶(紅茶飲料)が増えてきており、手軽に飲めるようになっている。紅茶 フレッシュアイペディアより)

170件中 21 - 30件表示

「紅茶」のニューストピックワード