170件中 51 - 60件表示
  • 紅茶

    紅茶から見たティーカップ

    おいしく紅茶を淹れるコツは、良質の茶葉を用い、新鮮なくみたての水を用意し、あらかじめよく温めておいたティーポットに茶葉を入れて、緑茶の場合と違い、十分に沸騰(ただし、沸騰したてのもの)させた湯をすぐに注ぐことである。ポットが冷めていては沸騰した湯も冷めてしまい、茶葉の旨みが抽出されにくいので、冬場は特に手を抜かないでおきたい。茶葉を充分に蒸らし、葉が開ききってからティーカップに注ぐ。ポットは蓋付きのものを用い、ティーカップもあらかじめ温めておくと良い。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た

    紅茶(こうちゃ)とは、摘み取った茶のと芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たケニア

    アフリカでは、ケニア、タンザニア、マラウイ、モザンビークなどで生産されているが、その多くがブレンド用である。ケニア産のものは比較的良質といわれる。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た英徳市

    英徳紅茶(英紅):広東省英徳市産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た中性 (酸塩基)

    紅茶を淹れるのに理想的な水は、ほどほどの無機物を含んだ中性に近い水である。完成した紅茶はPh5前後のやや酸性の液体となり、風味のバランスが良くなる。蒸留水で紅茶を淹れると深みのない平坦な味になる。また、一般的な水道水はアルカリ性だが、アルカリ性の水で紅茶を淹れると風味が弱くなり、水色は赤くなる。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たエスプレッソ

    喫茶店やカフェなどで、エスプレッソコーヒーと同様に茶葉を高圧で抽出した紅茶(ティープレッソ)にミルクでアレンジを加えたティーラテ等のメニューも登場している。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たオランダ東インド会社

    基本的にコーヒー文化圏ではあるが、北ドイツを中心に紅茶も一般化しておりよく飲まれている。ドイツとオランダにまたがるフリースラント地方の紅茶が有名で、オランダ東インド会社が西暦17世紀初頭にもたらした紅茶が端緒であった。飲まれ方は、ホットのミルクティーが主流で、ビールのようにグラスに注がれて出されることがある。カフェインの取り過ぎを忌避する健康志向から、ハーブティーも普及している。トルコ移民が多い関係からトルコ紅茶も市販されている。レストラン、また宿泊施設の朝食ビュッフェではティーバッグが用意され、家庭では茶葉で楽しまれることも少なくない。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た水素イオン指数

    紅茶を淹れるのに理想的な水は、ほどほどの無機物を含んだ中性に近い水である。完成した紅茶はPh5前後のやや酸性の液体となり、風味のバランスが良くなる。蒸留水で紅茶を淹れると深みのない平坦な味になる。また、一般的な水道水はアルカリ性だが、アルカリ性の水で紅茶を淹れると風味が弱くなり、水色は赤くなる。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た生産国

    紅茶の最大の生産国はインドで、次いでスリランカ、以降ケニア、トルコ、インドネシアと続く。中国は茶の生産全体ではインドとスリランカの間に入るが、緑茶と区別した統計がないため、詳細は不明である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たトワイニング

    アールグレイをベースに、柑橘類の果皮とヤグルマギクの花を加えたトワイニング社のブレンドティ。フルーティーで爽やかな風味。紅茶 フレッシュアイペディアより)

170件中 51 - 60件表示

「紅茶」のニューストピックワード