134件中 51 - 60件表示
  • 紅茶

    紅茶から見た英徳市

    英徳紅茶(英紅):広東省英徳市産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た熱帯

    熱帯あるいは亜熱帯に属する。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たエスプレッソ

    近年喫茶店やカフェなどで、エスプレッソコーヒーと同様に茶葉を高圧で抽出した紅茶(ティープレッソ)にミルクでアレンジを加えたティーラテ等のメニューも登場している。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た黒茶

    中国雲南省などで作られる磚茶(たんちゃ。茶葉と茎を蒸して固形化した黒茶の一種)を煮出したものに、バターと岩塩、プンドを、ドンモやチャイドンと呼ばれる筒形の容器に入れ、攪拌して作る。バター茶とも呼ばれ、チベットでの重要なビタミンC摂取源である。どちらかというと味はスープに近く、主食のツァンパを練るのにも使う。モンゴルやブータン、ネパールなどでも同様の習慣がある。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たISO 3103

    紅茶の入れ方は、ISO 3103によって国際標準規格として制定されている。この規格の元になったBS 6008:1980を1980年に定めた英国標準協会は、1999年度のイグノーベル賞文学賞を受賞した。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た山陰地方

    1876年(明治9年)に紅茶用茶樹の種子が導入され、鹿児島、福岡、静岡、東京に紅茶伝習所が設けられ、紅茶に適するアッサムチャと基本変種を交配し国産紅茶品種を作り、紅茶の製造がはじまった。昭和30年代半ばまでは1,500t以上生産されていた。1971年の紅茶輸入自由化以降、国内の紅茶生産は壊滅状態となったが、現在では九州、静岡県および長野県、三重県、滋賀県、山陰地方などで生産された国産紅茶が若干量流通している。品質のばらつきが若干多い傾向があるが、渋みがあまりなく、柔らかな口当たりを特徴とするまろやかな紅茶が多い。伊勢紅茶は国産茶の中では異色の強い風味を持っている。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たイギリス軍

    イギリスといえばアフタヌーン・ティーなどが有名であるが、家庭や喫茶店では手軽なティーバッグによって供されることが多いが、家庭や専門店、ホテルなどにおいては茶葉が用いられることも多い。産業革命時代に労働者の空腹を紛らわす目的で労働者階級にまで普及したため、伝統的に砂糖を入れて飲まれることが多い。またイギリス軍のレーションにはティーバッグが付属している。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た祁門県

    祁門紅茶(キーマン、キームン、キーモン、祁紅):安徽省祁門県産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た生産国

    紅茶の最大の生産国はインドで、次いでスリランカ、以降ケニア、トルコ、インドネシアと続く。中国は茶の生産全体ではインドとスリランカの間に入るが、緑茶と区別した統計がないため、詳細は不明である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たダージリン・ティー

    紅茶は伝統的に中国で栽培されていたチャノキ(学名:Camellia sinensis 基本変種)の葉から作られていたが、1823年にインドのアッサム地方で高木になる変種のアッサムチャ(学名 : C. sinensis var. assamica)が発見され、以後インドやスリランカなどでは後者の栽培が盛んになった。ただし、ダージリン等では基本変種の栽培も各地で行われており、また両者の交配も進んでいるため、産地のみでいずれの種類かを特定することはできない。なお「クローナル」とは栄養繁殖で増やしたという意味である。種子によって繁殖する実生と区別するための呼称であり園芸品種や育種上の系統をあらわすものではない。基本変種とアッサムチャの交配種と説明される場合があるが、これは誤りである。クローナルとはあくまでも繁殖方法をあらわす言葉である。したがって基本変種のクローナル、アッサムチャのクローナル、交配種(ハイブリッド)のクローナルが存在する。紅茶 フレッシュアイペディアより)

134件中 51 - 60件表示

「紅茶」のニューストピックワード