134件中 71 - 80件表示
  • 紅茶

    紅茶から見たスリランカ

    紅茶は伝統的に中国で栽培されていたチャノキ(学名:Camellia sinensis 基本変種)の葉から作られていたが、1823年にインドのアッサム地方で高木になる変種のアッサムチャ(学名 : C. sinensis var. assamica)が発見され、以後インドやスリランカなどでは後者の栽培が盛んになった。ただし、ダージリン等では基本変種の栽培も各地で行われており、また両者の交配も進んでいるため、産地のみでいずれの種類かを特定することはできない。なお「クローナル」とは栄養繁殖で増やしたという意味である。種子によって繁殖する実生と区別するための呼称であり園芸品種や育種上の系統をあらわすものではない。基本変種とアッサムチャの交配種と説明される場合があるが、これは誤りである。クローナルとはあくまでも繁殖方法をあらわす言葉である。したがって基本変種のクローナル、アッサムチャのクローナル、交配種(ハイブリッド)のクローナルが存在する。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たエバミルク

    イギリス流のアフタヌーン・ティーも盛んであるが、庶民はエバミルクと砂糖をたっぷり入れたミルクティーや、レモンを1/3個分ほど使った、レモンティーを特にアイスで楽しんでいる。また鴛鴦茶というコーヒーと合わせた香港独特の飲み物もある。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たパン

    1日に数回のティータイムなど、紅茶はイギリス人の生活と深く結びついている。例えば核戦争が真剣に議論された1950年代には、「もし核戦争が起こった場合、紅茶が不足するという深刻な事態が起こる」「パンや肉と並び、紅茶の備蓄の必要性がある」といった議論が政府内で行われていた。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た微生物

    紅茶(こうちゃ、black tea)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た

    1日に数回のティータイムなど、紅茶はイギリス人の生活と深く結びついている。例えば核戦争が真剣に議論された1950年代には、「もし核戦争が起こった場合、紅茶が不足するという深刻な事態が起こる」「パンやと並び、紅茶の備蓄の必要性がある」といった議論が政府内で行われていた。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たインド南部

    インド南部産。スリランカに近く、特長もスリランカのハイ・グロウンに似る。水色は濃い橙色でミルクティーや特にスパイスを用いるバリエーションティーに適する。フレッシュですっきりとした香気としっかりとした風味を持つ。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た鳳慶県

    雲南紅茶():雲南省鳳慶県・昌寧県近辺産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たポーランド

    一人分ずつ供されたジャムをスプーンですくって舐めながら紅茶を飲むのが作法とされている。これは寒い地方で紅茶にジャムを入れると茶の温度が下がり、体を温めるのに適さなくなってしまう事が理由の一つだと言われている。日本において一般に「ロシアン・ティー」と言えば、紅茶に直接ジャムを加えた物とされているが、これはウクライナやポーランドの習慣である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た中国茶

    基本変種の紅茶として有名なものには、祁門紅茶(キーマン・コウチャ)、雲南(ユンナン)などがある。これらはインドやスリランカのものと比べて、茶葉が細かく砕かれていない、何処か燻製のような香りがする(実際に燻製されているものもある)、渋味が出にくい、という特徴がある。また、他の香りを吸着しやすい特徴があるとされ、アールグレイなどの香りをつけた紅茶は、中国産の紅茶を利用している場合が多い。(→中国茶紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たラプサンスーチョン

    正山小種(ラプサンスーチョン):福建省武夷山地域産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

134件中 71 - 80件表示

「紅茶」のニューストピックワード