170件中 71 - 80件表示
  • 紅茶

    紅茶から見たタンザニア

    アフリカでは、ケニア、タンザニア、マラウイ、モザンビークなどで生産されているが、その多くがブレンド用である。ケニア産のものは比較的良質といわれる。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たジョージア (国)

    ジョージアの紅茶は深橙色。ストレートティー向き。甘い味を持つといわれる。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たウクライナ

    一人分ずつ供されたジャムをスプーンですくって舐めながら紅茶を飲むのが作法とされている。これは寒い地方で紅茶にジャムを入れると茶の温度が下がり、体を温めるのに適さなくなってしまう事が理由の一つだと言われている。日本において一般に「ロシアン・ティー」と言えば、紅茶に直接ジャムを加えた物とされているが、これはロシアと比べて比較的温暖なウクライナやポーランドの習慣である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た

    紅茶(こうちゃ)とは、摘み取った茶の葉とを萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た硬水

    紅茶の水色は抽出に用いた水の硬度により大きく変化する。通常、硬度の高い水で淹れた紅茶は水色が濃く、暗い色調となる。炭酸カルシウム沈殿物とフェノール凝集体が浮いてくる場合もある。飲料水の硬度が比較的高い欧州で飲んだ紅茶の水色を参考に、硬度の低い日本の水で紅茶を淹れると、味としては非常に濃く、渋みの出た紅茶になるので注意すること。また、軟水は硬水に比べ紅茶の成分、特にタンニン類を引き出す能力が高いため、同量の茶葉を用いた場合でも軟水で抽出したものは味が濃く、きつい紅茶となる傾向がある。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た牛乳

    茶葉を熱湯で抽出し、その抽出液を飲用する。抽出の方法にはいくつかの種類があり、淹れる人ごとに各々の決まりがあるといわれている。好みにより、砂糖、ミルク、レモン、ジャムなどを入れて飲む。ティーバッグを使えば、手軽に紅茶を楽しむことができる。さらに、シナモンなどいれて飲んだりすることがあり、独特の風味や味を楽しむことができる。これは、シナモンティーという。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たアルカリ性

    紅茶を淹れるのに理想的な水は、ほどほどの無機物を含んだ中性に近い水である。完成した紅茶はPh5前後のやや酸性の液体となり、風味のバランスが良くなる。蒸留水で紅茶を淹れると深みのない平坦な味になる。また、一般的な水道水はアルカリ性だが、アルカリ性の水で紅茶を淹れると風味が弱くなり、水色は赤くなる。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た武夷山

    正山小種(ラプサンスーチョン):福建省武夷山地域産。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見たセイロンティー

    一般にはセイロンの名で知られる。ウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ、キャンディ、ルフナの5地域をまとめて、セイロン・ファイブ・カインズと呼ぶ。紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 紅茶

    紅茶から見た

    喫茶店やカフェにおいては、コーヒー、ココアと並ぶ飲料メニューとして存在している。また飲む直前に家庭や店舗で入れるのではなく、工場で大量生産される・ペットボトル入り紅茶(紅茶飲料)が増えてきており、手軽に飲めるようになっている。紅茶 フレッシュアイペディアより)

170件中 71 - 80件表示

「紅茶」のニューストピックワード