紅葉 ニュース&Wiki etc.

紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「紅葉」のつながり調べ

  • 新豊根ダム

    新豊根ダムから見た紅葉

    大入川は天竜川の支流である大千瀬川(おおちせがわ)に合流する二次支流で、長さ30キロメートル・流域面積136.3平方キロメートルの河川である。愛知県の最高峰である茶臼山南麓を水源とする津具川(つぐがわ)と、茶臼山東麓を水源とする坂宇場川(さかうばがわ)が豊根村上黒川付近で合流して大入川となり、ダム地点を通過した後南に流路を変え、途中紅葉で知られる大入渓谷を形成したあと愛知・静岡県境付近で大千瀬川に合流する。合流後の大千瀬川は浜松市天竜区浦川で相川を併せ、静岡県立浜松湖北高等学校佐久間分校(旧・静岡県立佐久間高等学校)付近で天竜川に注ぐ。ダムは大入渓谷の上流部、古真立川との合流点下流に建設された。(新豊根ダム フレッシュアイペディアより)

  • 嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線

    嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線から見た紅葉

    トロッコ嵯峨駅 - トロッコ亀岡駅間7.3 kmの運行は1991年(平成3年)4月27日に再開され、年間利用者数は22万人程度と見込まれたが、開業初年度の利用者は予想の3倍となる69万人超を記録した。1992年(平成4年)から社員の手で沿線に桜、松などが植樹されたほか、酒呑童子に扮した社員が乗り込むパフォーマンスの実施、2005年(平成17年)からは紅葉の季節の最終便ではライトアップなどの集客策が採られている。2013年(平成25年)には年間乗客数が100万人を突破、 2010年代以降は日本国外からの団体客の利用も目立ち、ツアーに組み込まれることも増えている。観光シーズンには当日券が午前中に完売するほどの人気路線となり、2015年(平成27年)には年間123万人を輸送、乗客の1/3を日本人以外が占めている。2015年(平成27年)12月から、冬季は3号車、4号車の座席を一部撤去し、ダルマストーブを設置したストーブ列車として運行されている。(嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線 フレッシュアイペディアより)

「紅葉」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「紅葉」のニューストピックワード