紅葉 ニュース&Wiki etc.

紅葉(こうよう、もみじ)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。 (出典:Wikipedia)

「紅葉」Q&A

  • Q&A

    椿の苗を買ったら常緑樹と書いてあるのに紅葉しているようなのですがこれは有りでしょうか…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年1月16日 17:34

  • Q&A

    2月の京都、朝はバスが混みますでしょうか? 2月に京都観光を予定しています。 平日朝…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年1月15日 23:38

  • Q&A

    絵羽小紋?着ていく場所、帯について 着物超初心者です 先日義母から着物をもらいました…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年1月14日 13:18

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「紅葉」のつながり調べ

  • 三之宮峡

    三之宮峡から見た紅葉

    春には岩ツツジ、藤の花やジャケツイバラの花、秋には照葉樹に交じり紅葉が彩り、コジュケイやキジなどの山鳥やウグイやヤマメなどが生息する自然が豊かな地域であり、1978年(昭和53年)に「宮崎県緑地環境保全地域」に指定されている。(三之宮峡 フレッシュアイペディアより)

  • 畑薙第一ダム

    畑薙第一ダムから見た紅葉

    畑薙第一ダムは南アルプスの荒川岳・赤石岳・聖岳などへの登山の基点ともなり、南アルプスへの玄関口の一つである。南アルプス登頂のための登山客や秋の紅葉(11月上旬から中旬にかけてが見ごろ)を楽しむ観光客で春や秋はにぎわう。畑薙第一ダムより上流は南アルプス国立公園の区域内であり、マイカー規制が実施されている。このため、ダムより上流へと行くためには基本的に徒歩となるが、二軒小屋などには山小屋やロッジがあり、これを管理する東海フォレストの送迎バスが畑薙第一ダムから二軒小屋までの間を一日1往復から3往復している。また、ダム下流にはアルプス赤石温泉白樺荘があり、ここを拠点とする登山客や観光客も多い。(畑薙第一ダム フレッシュアイペディアより)

「紅葉」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「紅葉」のニューストピックワード