557件中 91 - 100件表示
  • 八丁林道

    八丁林道から見た紅葉紅葉

    起点は大川上林道と接続する八丁出合と呼ばれる三叉路である。北は大川上林道から京都府道370号へと続き、最終的に京都府道38号の佐々里へと至る。対して東へ続く道は八丁川源流へと至るが2009年現在通行止めである。林道本来の治山としての役割と紅葉シーズンにはツーリングスポットとしても利用される林道である。八丁林道 フレッシュアイペディアより)

  • 石尾根

    石尾根から見た紅葉紅葉

    この山域の中では比較的標高が高いので景色が良く(防火線のため両脇の木が比較的少ないのも理由)、また広い尾根なので人気がある。また植生は落葉広葉樹林が主なので、新緑や花、紅葉もこの尾根の魅力といえる。石尾根 フレッシュアイペディアより)

  • 川上岳

    川上岳から見た紅葉紅葉

    山頂付近は、夏はササユリが多く咲き、秋はドウダンツツジが真っ赤に紅葉するのが見られる。川上岳 フレッシュアイペディアより)

  • 六峰街道

    六峰街道から見た紅葉紅葉

    春はアケボノツツジ、シャクナゲ等の花、秋は紅葉などが見どころであり、人気の高いドライブコースである。また、標高が1,000m前後を通行するため、冬季は積雪や路面凍結、夏季は土砂災害の恐れがあるため、走行の際は注意が必要である。六峰街道 フレッシュアイペディアより)

  • 藤裏葉

    藤裏葉から見た紅葉紅葉

    秋になり、四十の賀を控えて源氏は准太上天皇の待遇を受け、内大臣が太政大臣に昇任する。十一月、紅葉の六条院へ冷泉帝と朱雀院が揃って行幸し、華やかな宴が催された。かくて、少年の日の高麗人の予言は実現を見、源氏は栄華の絶頂に立ったのである。藤裏葉 フレッシュアイペディアより)

  • 御経坂峠

    御経坂峠から見た紅葉紅葉

    片側1車線の確保された道路を持つ峠である。しかし京都市内側は家屋が道路ぎりぎりに立っているので、それまでの道路幅より若干狭くなる。急カーブが連続し、峠道らしい勾配がある区間もあるが通行量は多い。福井県から京都市内に入る幹線であると同時に、嵐山高雄パークウェイへのアクセスも担う国道162号の中でも最も混雑する区間である。特に秋は紅葉の名所である為、休日には渋滞は必至である。御経坂峠 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢峠

    伊勢峠から見た紅葉紅葉

    全線1.2から1.5車線程度の狭路であり、離合困難な箇所または不可能な箇所が連続する大変通行しにくい道路となっている。しかし舗装はされており、普通車でも通行自体は可能である。しかし秋には紅葉を目的としたドライバーやハイカーが多くこの峠を訪れるので、渋滞に近い混雑が起きることもしばしばある。また上記した通り、冬期通行止め区間上にある為、冬は訪れることができない峠である。伊勢峠 フレッシュアイペディアより)

  • トロと旅する

    トロと旅するから見た紅葉紅葉

    紅葉の風景(11月10日〜14日)トロと旅する フレッシュアイペディアより)

  • 龍王峡

    龍王峡から見た紅葉紅葉

    一帯は関東有数の温泉地であるために訪れる人は多い。特に紅葉のシーズンには人並みでごった返す。散策遊歩道が設けられており、中でもむささび橋から眺める風景が知られる。龍王峡 フレッシュアイペディアより)

  • 花山ダム

    花山ダムから見た紅葉紅葉

    花山湖周辺には栗原市花山支所や花山青少年旅行村などの施設があり、テニスコートやキャンプ場などのレジャー施設が整っている。直下流には牛渕公園があり栗原市民の憩いの場となっており、秋には紅葉の名所であるほか10月には「湖秋まつり」が開かれ、湖に映える紅葉を眺めながら地元で採れた山菜鍋や宮城県産和牛のステーキを味わうこともできる。近くには前九年の役で安倍氏一族が拠った花山(華山)城跡や国の史跡に指定されている仙台藩花山村寒湯(ぬるゆ)御番所跡、小田ダム、細倉マインパークがある。また上流には温湯温泉や湯の倉温泉など温泉が多く、秘湯のたたずまいを見せている。ただし温湯温泉より先は冬季通行止めとなるので注意。鳴子温泉にも比較的近い。花山ダム フレッシュアイペディアより)

557件中 91 - 100件表示

「紅葉」のニューストピックワード