557件中 11 - 20件表示
  • 豊平峡ダム

    豊平峡ダムから見た紅葉紅葉

    国土交通省北海道開発局石狩川開発建設部が管理する特定多目的ダムで、豊平川の治水、また札幌市の水がめとして定山渓ダム(小樽内川)と共に豊平川ダム統合管理事務所によって総合的に運用されている。高さ102.5mのアーチ式コンクリートダムで、道内では奥新冠ダム(新冠川)とこのダムの2基しかアーチダムは存在しない。ダム湖は定山湖(じょうざんこ)と呼ばれ、支笏洞爺国立公園内にあり紅葉の名所としても著名である。豊平峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 芋煮会

    芋煮会から見た紅葉紅葉

    在来種の種芋苗を用いた東北地方でのサトイモ栽培では、収穫時期が例年10月頃になるため、一般的な芋煮会も大抵10月初旬から徐々に行われ始める。その後、大体10月下旬から11月初旬にかけてがピーク期となり、紅葉シーズンの終了、または、初雪が降ると共に終息する。芋煮会 フレッシュアイペディアより)

  • ライトアップ

    ライトアップから見た紅葉紅葉

    人工物でなく、自然環境に対して行う例もあり、ナイアガラの滝では100年ほどの歴史がある。また、花見や紅葉の名所でもおこなわれる例がある。ライトアップ フレッシュアイペディアより)

  • 四季

    四季から見た紅葉紅葉

    11月になると朝の冷え込みが一段と厳しくなり北日本から次第に紅葉の季節となる。日本の紅葉はカエデ・ハゼなどの赤く染まる落葉樹が多いのが特徴で、ヨーロッパやアメリカなど黄色一色で染まる紅葉とは異なり、色とりどりの鮮やかな紅葉を見せる。四季 フレッシュアイペディアより)

  • 高瀬ダム

    高瀬ダムから見た紅葉紅葉

    高瀬ダムは長野県内屈指の紅葉の名所・高瀬渓谷にあり、特に堤頂から見る紅葉は燃え立つように鮮やかで見る者を感動させる。曽野綾子の小説『湖水誕生』にも描かれている高瀬ダム調整湖は2005年(平成17年)、大町市の推薦によってダム水源地環境整備センターが選定するダム湖百選に選定された。高瀬ダム フレッシュアイペディアより)

  • 奥志賀高原スキー場

    奥志賀高原スキー場から見た紅葉紅葉

    奥志賀高原から秋山郷へ抜ける林道沿いは紅葉がすばらしく、シーズンになると訪れる人が大変多い。またこの途中の奥志賀渓谷には8月まで残雪が残る。奥志賀高原スキー場 フレッシュアイペディアより)

  • 叡山電鉄デオ900形電車

    叡山電鉄デオ900形電車から見た紅葉紅葉

    窓ガラスは、一方方向配置のシートのある側は2枚単位の通常の連窓構成であるが、窓向きシートのある側は戸袋窓以外の扉間の側窓すべてのピラーが細い連窓構造とされて温室のような外観とされている。これに加えて両側面ともに明かり取り窓が屋根の肩部に設けられ、連結面の妻窓は側面にまでガラスが広がる曲面ガラスを採用し、更には各車各側面につき2カ所ずつ設置されている客用扉を縦長の窓の付いた引き戸とするなど、優れた眺望を着席客だけではなく立席客にまで広く提供することに特に意を注いだ設計となっている。それがゆえに、紅葉(紅葉ライトアップ)時期には本形式を運用する列車に混雑が集中することがある。叡山電鉄デオ900形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 多紀連山

    多紀連山から見た紅葉紅葉

    篠山盆地の北方に連なる標高600?800mの連峰で多紀連山県立自然公園を形成する。古生層の岩質は珪岩である。南方に緩やかに、北方に急峻な地形であり、水系としては日本海へ注ぐ由良川水系と瀬戸内海に注ぐ加古川水系とに分かれる中央分水嶺となっている。多紀連山では、鼓峠が最も標高の低い分水嶺である。植生が豊かであり、西紀町のシンボルでもあるシャクナゲやツツジが多く自生し、オサシダ、イワカガミなど高山植物に分類される植物も多く見られる。麓の一部を除き自然林でありケヤキ、ナラ、カエデなど秋を彩る樹木が多く紅葉も美しい。多紀連山も含め四方を山に囲まれた篠山盆地では秋頃からしばしば「丹波霧」と呼ばれる濃霧が発生し、朝には雲海が観察できる。多紀連山 フレッシュアイペディアより)

  • 銀山平

    銀山平から見た紅葉紅葉

    銀山平(ぎんざんだいら)は新潟県魚沼市にある景勝地・キャンプ場。阿賀野川水系の只見川・北ノ又川の上流に位置する。荒沢岳・越後駒ヶ岳・平ヶ岳など2000mほどの高山に囲まれた盆地で、銀山平自体の標高も750?800m近くある。春の新緑・秋の紅葉の名所として知られるが、冬は5?6mの雪に埋もれる豪雪地である。尾瀬への新潟県側からの玄関口でもある。銀山平 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台・宮城デスティネーションキャンペーン

    仙台・宮城デスティネーションキャンペーンから見た紅葉紅葉

    しかし、2007年(平成19年)3月のキャッチフレーズ(メインテーマ)決定において三重県との間で「うまし国」論争が発生し、同年夏のサブプライムローン問題に起因する景気の減速や原油価格の高騰などのために、当初試算された経済波及効果をクリアできるかどうか不安視された。また、紅葉や温泉の主要観光地の1つである栗駒山周辺で2008年(平成20年)6月14日に岩手・宮城内陸地震が発生し、さらに東北の夏祭りシーズン直前の7月24日にも岩手県沿岸北部地震が発生したことで、風評被害による観光収入落ち込みが発生し、その分を仙台・宮城DCで相殺できるか問題になった。また、平泉・松島・最上川の世界遺産登録が首尾よく進まず、登録特需も見込めない状態になった。仙台・宮城デスティネーションキャンペーン フレッシュアイペディアより)

557件中 11 - 20件表示

「紅葉」のニューストピックワード