557件中 21 - 30件表示
  • 筑波山

    筑波山から見た紅葉紅葉

    紅葉などのシーズンには道路の渋滞が著しく、バスの定時運行に支障が出ている。バス等の定時性確保のために、パークアンドライドなどが期間限定で実施される。筑波山 フレッシュアイペディアより)

  • 神峯山寺

    神峯山寺から見た紅葉紅葉

    神峯山寺(かぶさんじ)は、大阪府高槻市原に位置する天台宗の仏教寺院である。山号は根本山(こんぽんざん)。日本で最初に毘沙門天が安置された霊場と言われており、本尊である毘沙門天、双身毘沙門天(そうじんびしゃもんてん)、兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)はいずれも秘仏。初夏は新緑、晩秋は紅葉の名所として知られる。新西国三十三カ所第14番、役行者霊蹟札所、神仏霊場巡拝の道 第64番。神峯山寺 フレッシュアイペディアより)

  • 宮路山

    宮路山から見た紅葉紅葉

    登山道(散策路)や駐車場などが整備されており、気軽に登れるため、豊川市の代表的なハイキングコースになっている。山頂から五井山まで稜線の縦走路があり、多くのハイカーが訪れる。コアブラツツジの群生地で、秋には紅葉が楽しめる。宮路山 フレッシュアイペディアより)

  • 秋

    から見た紅葉紅葉

    日本では夏の暑さがやわらぎ過ごしやすい季節。日中は暑いが、朝晩に肌寒さを覚えたり、吹いてくる風に爽やかさを感じたりする。夏の蝉は次第に鳴りをひそめ、赤とんぼの群れや、虫の声が耳にとまるようになる。夏休みが終わって新学期が始まり、運動会や文化祭がある。稲が黄金に色付き、栗、梨、葡萄などとりどりの果実が店頭を飾る。台風がしばしば日本を襲い、秋雨が永く続くこともあるが、晴れた空は高く澄み渡り俗に「天高く馬肥ゆる秋」ともいわれる。夜が長くなり、月や星を賞でたり、読書や夜なべにいそしんだりする。朝寒夜寒が段々とつのって、昼夜の温度差が大きくなり、野の草には露が置き、木々は紅葉してくる。色付いた葉が散りはじめると、重ね着が増え、暖房が入り、秋も終わりに近づく。 フレッシュアイペディアより)

  • カエデ

    カエデから見た紅葉紅葉

    モミジ(紅葉、椛)とも呼ばれるが、その場合は様々な樹木の紅葉を総称している場合もある。主に童謡などで愛でられるものはそれである。赤・黄・緑など様々な色合いを持つ為、童謡では色を錦と表現している。カエデ フレッシュアイペディアより)

  • 嵐山

    嵐山から見た紅葉紅葉

    嵐山は桜や紅葉の名所である。日本さくら名所100選に選定されている。京都市街の西に位置し、平安時代に貴族の別荘地となって以来、京都の代表的な観光地となっている。嵐山の中心部を流れる桂川にかかる渡月橋は嵐山の象徴になっている。なお渡月橋をはさんで上流が大堰(おおい)川で、下流から桂川となる。JR山陰線の北側には嵯峨野と呼ばれる観光地が広がっている。嵐山 フレッシュアイペディアより)

  • イロハモミジ

    イロハモミジから見た紅葉紅葉

    日本では最もよく見られるカエデ属の種で、紅葉の代表種。本種より作られた園芸種も多い(を参照)。イロハモミジ フレッシュアイペディアより)

  • 挿頭

    挿頭から見た紅葉紅葉

    有名なものには先に述べた葵祭の葵、小忌の人が冠に飾る心葉(梅)と日陰葛、相撲節会の力士が飾る葵とユウガオ(キキョウも用いる)、フィクションだが源氏物語「紅葉賀」の紅葉と菊(移菊)などがある。挿頭 フレッシュアイペディアより)

  • ホタルの里 (小牧市)

    ホタルの里 (小牧市)から見た紅葉紅葉

    ホタルの里(-さと)は、愛知県小牧市にあるホタルの野外観察施設、兼公園である。大山川沿いに整備されている。"ゲンジボタルの保護"と"市民の自然とのふれあいの場を提供する"目的で作られた。園内にはホタルに関する説明が書かれた立て札があるほか、桜やナナカマドの木が多数植えられており、春には桜の花、秋にはナナカマドの紅葉が楽しめる。なおホタルの飛翔が見られるのは、毎年6月上旬から中旬である。ホタルの里 (小牧市) フレッシュアイペディアより)

  • 白馬渓

    白馬渓から見た紅葉紅葉

    臼杵市内の山間に位置し、臼杵川上流の支流にある渓谷で、紅葉の名所として知られる。白馬渓 フレッシュアイペディアより)

557件中 21 - 30件表示

「紅葉」のニューストピックワード