676件中 21 - 30件表示
  • 二ノ瀬駅

    二ノ瀬駅から見た紅葉紅葉

    隣の市原駅から当駅にかけて線路両側にカエデの木々が植わっている一帯があり、「もみじのトンネル」として秋には車窓から紅葉を楽しむことができる。紅葉シーズンの11月に開催される「貴船もみじ灯篭」の際は、駅構内の紅葉がライトアップされる。二ノ瀬駅 フレッシュアイペディアより)

  • 豊平峡ダム

    豊平峡ダムから見た紅葉紅葉

    国土交通省北海道開発局石狩川開発建設部が管理する特定多目的ダムで、豊平川の治水、また札幌市の水源として定山渓ダム(小樽内川)と共に豊平川ダム統合管理事務所によって運用されている。高さ102.5mのアーチ式コンクリートダムで、道内では奥新冠ダム(新冠川)とこのダムの2基しかアーチダムは存在しない。ダム湖は定山湖(じょうざんこ)と呼ばれ、支笏洞爺国立公園内にあり紅葉の名所としても著名である。豊平峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 関門山 (本渓市)

    関門山 (本渓市)から見た紅葉紅葉

    関門山(かんもんさん、 = Guanmenshan)は中国遼寧省本渓市本渓満族自治県にある山で、有名な観光地「関門山風景区」で、特に紅葉で有名である。現在は「関門山国家森林公園」になっている。関門山 (本渓市) フレッシュアイペディアより)

  • イロハモミジ

    イロハモミジから見た紅葉紅葉

    日本では最もよく見られるカエデ属の種で、紅葉の代表種。本種より作られた園芸種も多い(を参照)。イロハモミジ フレッシュアイペディアより)

  • 宮路山

    宮路山から見た紅葉紅葉

    登山道(散策路)や駐車場などが整備されており、気軽に登れるため、豊川市の代表的なハイキングコースになっている。山頂から五井山まで稜線の縦走路があり、多くのハイカーが訪れる。コアブラツツジの群生地で、秋には紅葉が楽しめる。宮路山 フレッシュアイペディアより)

  • 中津峡 (埼玉県)

    中津峡 (埼玉県)から見た紅葉紅葉

    中津峡(なかつきょう)は、埼玉県秩父市(旧秩父郡大滝村)、奥秩父北東部に位置する渓谷。新大滝川もしくは中津渓谷や中津仙渓ともいう。紅葉で有名な渓谷で、見頃は11月上旬あたり。中津峡 (埼玉県) フレッシュアイペディアより)

  • 河内藤園

    河内藤園から見た紅葉紅葉

    河内藤園(かわちふじえん)とは福岡県北九州市八幡東区河内2丁目2-48にある、樋口正男(故人)が開設した敷地面積3000坪の私営藤園である。春の藤と秋の紅葉の時期のみ入園できる。藤棚は長さ80mと110mの藤のトンネル、藤のドーム、藤棚、大藤棚があり花下面積は1850坪になる。河内藤園 フレッシュアイペディアより)

  • 芋煮会

    芋煮会から見た紅葉紅葉

    在来種の種芋苗を用いた東北地方でのサトイモ栽培では、収穫時期が例年10月頃になるため、一般的な芋煮会も大抵10月初旬から徐々に行われ始める。その後、大体10月下旬から11月初旬にかけてがピーク期となり、紅葉シーズンの終了、または、初雪が降ると共に終息する。芋煮会 フレッシュアイペディアより)

  • メタセコイア

    メタセコイアから見た紅葉紅葉

    葉はモミやネズに似て線のように細長く、長さは-3 cm程度、幅は1-2 mm程度で、羽状に対生。秋に赤茶色に紅葉した後、落葉する。メタセコイア フレッシュアイペディアより)

  • 秋

    から見た紅葉紅葉

    日本では夏の暑さがやわらぎ過ごしやすい季節。日中は暑いが、朝晩に肌寒さを覚えたり、吹いてくる風に爽やかさを感じたりする。夏の蝉は次第に鳴りをひそめ、赤とんぼの群れや、虫の声が耳にとまるようになる。夏休みが終わって新学期が始まり、運動会や文化祭がある。稲が黄金に色付き、栗、梨、葡萄などとりどりの果実が店頭を飾る。台風がしばしば日本を襲い、秋雨が永く続くこともあるが、晴れた空は高く澄み渡り俗に「天高く馬肥ゆる秋」ともいわれる。夜が長くなり、月や星を賞でたり、読書や夜なべにいそしんだりする。朝寒夜寒が段々とつのって、昼夜の温度差が大きくなり、野の草には露が置き、木々は紅葉してくる。色付いた葉が散りはじめると、重ね着が増え、暖房が入り、秋も終わりに近づく。 フレッシュアイペディアより)

676件中 21 - 30件表示

「紅葉」のニューストピックワード

  • プロレス・全日本

  • POWER HALL2018

  • POWER HALL2018〜Battle of another dimension〜