557件中 61 - 70件表示
  • 涸沢カール

    涸沢カールから見た紅葉紅葉

    また、近年は紅葉の名所としても有名であり、三段紅葉とも呼ばれる岩場と木々のコントラストが見られるため、見頃の季節には全国からおびただしい人数の登山者が訪れる。涸沢カール フレッシュアイペディアより)

  • タカノツメ (ウコギ科)

    タカノツメ (ウコギ科)から見た黄葉紅葉

    秋には美しく黄葉するが、黄葉する樹木の中でもひときわ鮮やかであり、各地で秋の里山に鮮やかな印象を与えることが多い。タカノツメ (ウコギ科) フレッシュアイペディアより)

  • まじぷり -Wonder Cradle-

    まじぷり -Wonder Cradle-から見た紅葉紅葉

    真と有里の担任。空と同様、胸が大きい。ざっくばらんで男勝りな性格をしており、授業も朝の会も真面目な内容でやることが少ない。授業時間を利用して紅葉狩りをしたときは、職場をクビになりかけたほど。酒に酔っては思いがけないところに迷い込むため、神出鬼没。お兄ちゃん子で、余所へ結婚した兄のことが忘れられずにいる。まじぷり -Wonder Cradle- フレッシュアイペディアより)

  • 大川嶺

    大川嶺から見た紅葉紅葉

    美川嶺から笠取山まで続く稜線沿いは笹原であり、5月にはツルギミツバツツジが開花する。また東側山腹の伊豆ガ谷にはブナやミズナラの原生林もある。大川嶺西側は比較的急峻で深い渓谷を形成し、小田深山と呼ばれる紅葉の名所である。大川嶺 フレッシュアイペディアより)

  • 常照寺 (京都市)

    常照寺 (京都市)から見た紅葉紅葉

    常照寺は本阿弥光悦が徳川家康より拝領した光悦村の一部で、本阿弥光嵯が土地を寄進して常照寺が建立された。その後、日蓮宗の檀林(鷹峰檀林)開かれた。近年、境内が整備され紅葉の名所として人気を集めている。常照寺 (京都市) フレッシュアイペディアより)

  • 千頭ダム

    千頭ダムから見た紅葉紅葉

    千頭ダムは寸又峡温泉より更に奥、約13.0km上流にある。千頭ダムに向かう林道は道幅が狭く、乗用車での通行は厳しい。通常この林道は南アルプス登山のために使われ、寸又峡温泉方面より日本百名山である光岳へアタックするメインルートとなる。下流の寸又峡は紅葉の名所で、大間ダムに掛かる吊橋「夢のつり橋」は紅葉の時期には鮮やかな赤とコバルトブルーの湖水が訪れる者をひきつける。千頭ダム フレッシュアイペディアより)

  • 津風呂ダム

    津風呂ダムから見た紅葉紅葉

    津風呂湖は海のない奈良県内で初めて湖上遊覧船が就航した湖でもある。毎年3月15日から11月末までの期間は遊覧船による湖上一周が可能であり、春の桜・新緑や秋の紅葉が美しい。1972年(昭和47年)には奈良県によって吉野川津風呂県立自然公園に指定され、湖を中心に周辺は観光地として整備されている。道路の走っていない北岸は近畿自然歩道としてなっている。湖には南岸と北岸とを結ぶ3つの歩行者専用吊り橋(自転車も可)があり、平尾の吊り橋(長さ約149m)、入野の吊り橋(長さ約85m)、山口の吊り橋(長さ約76m、現在通行止め)と呼ばれる。これらは近年まで、久しく手入れもされず放置されていたが、現在、近畿自然歩道沿いに新しい道路が建設されている。付近には津風呂湖温泉の他、『三代実録』で859年に正五位下を賜ったという記録が残り、本居宣長も参詣した吉野山口神社や、松尾芭蕉が『笈の小文』で訪れ俳句を詠んだ龍門の滝があり、句碑が残されている。津風呂ダム フレッシュアイペディアより)

  • 柳峠

    柳峠から見た紅葉紅葉

    英彦山、鷹ノ巣山などの山々が連なる筑紫山地に位置する。標高が800mを越す峠なので冬季は積雪・路面凍結に見舞われる。国道500号をみやこ町方面に進むと、大分県境の野峠である。野峠同様にカーブが連続する典型的な峠道であるため、交通量はさほど多くない。秋になると紅葉が綺麗である。柳峠 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県道231号広野大門線

    福井県道231号広野大門線から見た紅葉紅葉

    国道とダムを結ぶ役割を担う県道であり、観光目的の車の利用が多い。紅葉シーズンにはそれなりに人も多くなるが、渋滞が起こるほどの混雑は見られない。道は全線完全2車線が確保されており、山道もあるが特筆すべき難所もない為、ドライブコースとしては最適といえるだろう。日野川の流れに沿うようにして走っているので、道の両側に山が広がり四季折々の景色が楽しめる道である。福井県道231号広野大門線 フレッシュアイペディアより)

  • 帝釈川ダム

    帝釈川ダムから見た紅葉紅葉

    帝釈川ダム・神竜湖へは中国自動車道・東城インターチェンジから国道182号・友末交差点を直進して広島県道25号三原東城線を直進すると到着する。ダムへは途中で広島県道451号三坂手入線へ入り、休暇村帝釈峡を通過後郷原付近で右折(案内看板あり)、直進すると駐車場があるためここに駐車後、徒歩となる。つづら折の坂道を下ると目の前に神竜湖が見え、左側に進むと洪水吐きトンネルが見えるのでまっすぐ進み、露天掘りの歩行者用トンネルを過ぎるとダムに至る。かつてはダム上空に吊り橋があったが、再開発事業によって撤去されている。ダムには入ることが出来るが、真正面から撮影できる場所はない。神竜湖へは県道25号をひたすら直進すれば紅葉橋に至るので、通過後右折して駐車場に停めることになる。紅葉の名所であるが、基本的に迂回路などは無いのでシーズンには大渋滞に陥ることがしばしばである。帝釈川ダム フレッシュアイペディアより)

557件中 61 - 70件表示

「紅葉」のニューストピックワード

  • 阿部家ゆかりの日本刀 小松コレクションと五箇伝の名刀

  • 松翠園(しょうすいえん)

  • 温泉は800年の歴史があり、重要な観光資源。休館が長引けば地域経済へのダメージがある