676件中 61 - 70件表示
  • 室生ダム

    室生ダムから見た紅葉紅葉

    室生湖周辺は室生赤目青山国定公園に指定されており、赤目四十八滝や香落渓等の名勝もあり落ち着いた雰囲気を醸し出している。秋には紅葉が美しい。この付近には「女人高野」として名高い室生寺、山を越えると長谷寺があり多くの観光客・参拝客が訪れる。ダム付近には近鉄大阪線や国道165号が通過しており橿原神宮へも近い。さらに大宇陀地区を南下すると吉野方面へ抜けることができる。なお、ダム所在地は建設当時は室生村であったが、平成の大合併によって現在は宇陀市となっている。室生ダム フレッシュアイペディアより)

  • まじぷり -Wonder Cradle-

    まじぷり -Wonder Cradle-から見た紅葉紅葉

    真と有里の担任。空と同様、胸が大きい。ざっくばらんで男勝りな性格をしており、授業も朝の会も真面目な内容でやることが少ない。授業時間を利用して紅葉狩りをしたときは、職場をクビになりかけたほど。酒に酔っては思いがけないところに迷い込むため、神出鬼没。お兄ちゃん子で、余所へ結婚した兄のことが忘れられずにいる。まじぷり -Wonder Cradle- フレッシュアイペディアより)

  • 津風呂ダム

    津風呂ダムから見た紅葉紅葉

    津風呂湖は海のない奈良県内で初めて湖上遊覧船が就航した湖でもある。毎年3月15日から11月末までの期間は遊覧船による湖上一周が可能であり、春の桜・新緑や秋の紅葉が美しい。1972年(昭和47年)には奈良県によって吉野川津風呂県立自然公園に指定され、湖を中心に周辺は観光地として整備されている。道路の走っていない北岸は近畿自然歩道としてなっている。湖には南岸と北岸とを結ぶ3つの歩行者専用吊り橋(自転車も可)があり、平尾の吊り橋(長さ約149m)、入野の吊り橋(長さ約85m)、山口の吊り橋(長さ約76m、現在通行止め)と呼ばれる。これらは近年まで、久しく手入れもされず放置されていたが、現在、近畿自然歩道沿いに新しい道路が建設されている。付近には津風呂湖温泉の他、『三代実録』で859年に正五位下を賜ったという記録が残り、本居宣長も参詣した吉野山口神社や、松尾芭蕉が『笈の小文』で訪れ俳句を詠んだ龍門の滝があり、句碑が残されている。津風呂ダム フレッシュアイペディアより)

  • 十和田八幡平国立公園

    十和田八幡平国立公園から見た紅葉紅葉

    一帯が那須火山帯に含まれており、多種多様の火山が見られるため、「火山の博物館」の異名をもつ。また、玉川温泉、蔦温泉、酸ヶ湯温泉、八甲田温泉など温泉地が多い。また新緑、紅葉の名所としても知られ、訪れる観光客は多い。歴史的経緯もあり、十和田・八甲田地域と八幡平地域とに大別される。十和田八幡平国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 箕輪ダム

    箕輪ダムから見た紅葉紅葉

    ダム湖はもみじ湖(もみじこ)と命名され、周辺は公園としてキャンプ場などが整備されている。秋には一万本の木々が彩る紅葉が美しい。地元では毎年もみじ祭が催される。箕輪ダム フレッシュアイペディアより)

  • 箕面川ダム

    箕面川ダムから見た紅葉紅葉

    ダムおよびゆうゆうレイクは明治の森箕面国定公園に指定されており、すぐ下流には箕面の滝を筆頭とした箕面渓谷がある。春の新緑や秋の紅葉が見事であり、ダム下流の駐車場から箕面渓谷を散策することが可能であるため、多くのハイキング客で行楽シーズンは賑わう。この遊歩道よりダム真下まで行くことも可能である。ただし、ゆうゆうレイクは管理上の問題から釣りをすることが陸釣り・湖上の釣り共に厳禁となっている。しかしこうした規制にもかかわらず立入禁止区域に侵入して釣りを行う釣り客は後を絶たず、問題になっている。箕面川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 小渕ダム

    小渕ダムから見た紅葉紅葉

    小渕ダム周辺は公園として整備されており、春は桜、秋は紅葉が美しい。東海自然歩道が敷かれていることからハイキングコースにもなっている。観光要素として小渕橋という歩行者用の橋が架かっており、昔は渡るとメロディーがながれる仕組みになっていた為「メロディー橋」と呼ばれる。他にも遊具や駐車場などがある。小渕ダム フレッシュアイペディアより)

  • 熊ヶ根橋

    熊ヶ根橋から見た紅葉紅葉

    かつて作並街道は熊ヶ根橋の下流にある野川橋を通っていたが、野川橋を使うと道が急坂だったこともあり行き来に支障を来すため、上流に新たな橋を架けることとなり、1954年(昭和29年)12月に開通した。橋の北側は青葉区熊ヶ根で南側は青葉区上愛子。開通当時は橋の長さは138m、道幅は6m,高さ50mのスパンドレルブレースドアーチ橋+単純I桁×2連で構成される橋梁である。しかし、1972年(昭和47年)に歩道部が併用されたこともあり、元々道幅が狭かった橋上でトラック同士のスレ違いが困難となり、熊ヶ根橋を先頭にサクランボ狩りや紅葉狩りシーズンには長い渋滞も発生した。このため2002年(平成14年)より橋の拡幅工事を行い、2006年(平成18年)3月に完成した。拡幅後の道幅は10.9mに広がった。熊ヶ根橋 フレッシュアイペディアより)

  • るり姫祭り

    るり姫祭りから見た紅葉紅葉

    戦国時代に当地を治めていたものの、長宗我部氏との戦いに破れ、白滝に身を投げた「るり姫」の悲話伝説にちなみ、例年、11月23日の祝日に、稚児行列や、るり姫観音からの花みこしの滝つぼへの投げ入れなどが行われている。また、特産品市なども行なわれる。大洲市との平成の市町村合併までは、長浜町及び町観光協会白滝支部にて、合併後は大洲市観光協会長浜支部主催により行われている。折しも、白滝公園の紅葉が紅葉する見ごろの時期であり、多くの観光客が詰め掛ける、大洲市内でも恒例の観光イベントの一つともなっている。るり姫祭り フレッシュアイペディアより)

  • 小田深山

    小田深山から見た紅葉紅葉

    小田深山(おだみやま)は、愛媛県喜多郡内子町の東端に位置する地域の名。面河川(仁淀川の愛媛県側の名称)の支流の一つ、管行川の最上流域。雨乞山、丸石山、笠取山、大川嶺、雨霧山など四国山地の標高1,200m〜1,300m級の山々に囲まれ、深い渓谷を形成している。紅葉の名所として知られ、11月上旬頃が見ごろで多くの人が紅葉狩りに訪れる。また、西の雨乞山付近には小田深山スキー場(ソルファオダスキーゲレンデ)がある。小田深山 フレッシュアイペディアより)

676件中 61 - 70件表示

「紅葉」のニューストピックワード