178件中 101 - 110件表示
  • 紅葉

    紅葉から見たナナカマド

    紅葉:カエデ科(イロハモミジ、ハウチワカエデ、サトウカエデ、メグスリノキ)・ニシキギ科(ニシキギ、ツリバナ)・ウルシ科(ツタウルシ、ヤマウルシ、ヌルデ)・ツツジ科(ヤマツツジ、レンゲツツジ、ドウダンツツジ)・ブドウ科(ツタ、ヤマブドウ)・バラ科(ヤマザクラ、ウワミズザクラ、カリン、ナナカマド)・スイカズラ科(ミヤマガマズミ、カンボク)・ウコギ科(タラノキ)・ミズキ科(ミズキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た尾瀬

    日本では、紅葉の季節になると紅葉を見物する行楽、紅葉狩り(もみじがり)に出かける人が多い。紅葉の名所と言われる箇所は(全国的には奥入瀬(青森県)や日光(栃木県)、京都の社寺などが有名)は行楽客であふれる。紅葉をめでる習慣は平安の頃の風流から始まったとされ、特に京都市内では多くの落葉樹が植樹されている。また、「草紅葉」の名所としては四万十川や尾瀬、秋吉台等がある。なお、この場合の「狩り」というのは「草花を眺めること」の意味をさし、平安時代には実際に紅葉した木の枝を手折り(狩り)、手のひらにのせて鑑賞する、という鑑賞方法があった。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た嵯峨 (京都市)

    嵯峨野(天龍寺、常寂光寺、愛宕念仏寺ほか)、三尾(高雄神護寺・栂尾高山寺・槙尾西明寺の総称)、紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たメグスリノキ

    紅葉:カエデ科(イロハモミジ、ハウチワカエデ、サトウカエデ、メグスリノキ)・ニシキギ科(ニシキギ、ツリバナ)・ウルシ科(ツタウルシ、ヤマウルシ、ヌルデ)・ツツジ科(ヤマツツジ、レンゲツツジ、ドウダンツツジ)・ブドウ科(ツタ、ヤマブドウ)・バラ科(ヤマザクラ、ウワミズザクラ、カリン、ナナカマド)・スイカズラ科(ミヤマガマズミ、カンボク)・ウコギ科(タラノキ)・ミズキ科(ミズキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た紅葉伝説

    紅葉伝説 - 戸隠、鬼無里の鬼女伝説紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た板井原集落

    芦津渓、板井原集落、智頭宿・諏訪神社(鳥取県智頭町)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た白糸の滝 (長野県)

    雲場池、塩沢湖、白糸の滝(長野県軽井沢町)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たトチノキ

    褐葉:ブナ科(ブナ、ミズナラ、カシワ)・スギ科(スギ、メタセコイヤ)・ニレ科(ケヤキ)・トチノキ科(トチノキ)・ズズカケノキ科(スズカケノキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た社団法人

    社団法人日本観光協会は、約700か所の紅葉スポットを紹介する。これを基にした日本紅葉の名所100選がある。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た日照時間

    普段、葉が緑色に見えるのはクロロフィルが含まれるからであるが、寒くなり日照時間が短くなるとクロロフィルが分解される。また、葉柄の付け根に離層という特殊な水分を通しにくい組織ができ、葉で作られた水溶性のブドウ糖や蔗糖などの糖類やアミノ酸類が葉に蓄積し、その糖から光合成を利用して新たな色素が作られたりする。その過程で葉の色が赤や黄色に変化し、紅葉が起こる。その後、落葉になる。紅葉 フレッシュアイペディアより)

178件中 101 - 110件表示

「紅葉」のニューストピックワード