178件中 51 - 60件表示
  • 紅葉

    紅葉から見たハンディキャップ理論

    紅葉の至近要因については詳しく知られているが、そもそもなぜ紅葉があるのか、紅葉の進化的要因、進化的機能についてはふつう紅葉は葉の老化に伴う非適応的な副作用であると説明されており、長らく研究対象となってこなかった。1999年(平成11年)に北半球の262の紅葉植物とそれに寄生するアブラムシ類の関係が調べられ、紅葉色が鮮やかであるほどアブラムシの寄生が少ないことが発見された。紅葉の原因となるアントシアンやカロテノイドはそれを合成するのに大きなコストが掛かるが、直接害虫への耐性を高めるわけではない。またアブラムシは樹木の選り好みが強く、一部の種は色の好みもあるとわかっている。そのため、紅葉は自分の免疫力を誇示するハンディキャップ信号として進化した、つまり「十分なアントシアンやカロテノイドを合成できる自分は耐性が強いのだから寄生しても成功できないぞ」と呼びかけているとみなせる。アブラムシ以外の寄生者に対するハンディキャップ効果はまだ調べられていない。紅葉の進化的機能についてはまだ議論が続いている。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たカンボク

    紅葉:カエデ科(イロハモミジ、ハウチワカエデ、サトウカエデ、メグスリノキ)・ニシキギ科(ニシキギ、ツリバナ)・ウルシ科(ツタウルシ、ヤマウルシ、ヌルデ)・ツツジ科(ヤマツツジ、レンゲツツジ、ドウダンツツジ)・ブドウ科(ツタ、ヤマブドウ)・バラ科(ヤマザクラ、ウワミズザクラ、カリン、ナナカマド)・スイカズラ科(ミヤマガマズミ、カンボク)・ウコギ科(タラノキ)・ミズキ科(ミズキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たツルウメモドキ

    黄葉:イチョウ科(イチョウ)・カバノキ科(シラカンバ)・ヤナギ科(ヤナギ、ポプラ、ドロノキ)・ニレ科(ハルニレ)・カエデ科(イタヤカエデ)・ニシキギ科(ツルウメモドキ)・ユキノシタ科(ノリウツギ、ゴトウヅル)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た芦津渓

    芦津渓、板井原集落、智頭宿・諏訪神社(鳥取県智頭町)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た高山寺

    嵯峨野(天龍寺、常寂光寺、愛宕念仏寺ほか)、三尾(高雄神護寺・栂尾高山寺・槙尾西明寺の総称)、紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た美ヶ原

    上高地および周辺(大正池、乗鞍高原、乗鞍岳、白骨温泉、美ヶ原) (長野県松本市)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たトチノキ科

    褐葉:ブナ科(ブナ、ミズナラ、カシワ)・スギ科(スギ、メタセコイヤ)・ニレ科(ケヤキ)・トチノキ科(トチノキ)・ズズカケノキ科(スズカケノキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たスズカケノキ

    褐葉:ブナ科(ブナ、ミズナラ、カシワ)・スギ科(スギ、メタセコイヤ)・ニレ科(ケヤキ)・トチノキ科(トチノキ)・ズズカケノキ科(スズカケノキ紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た白骨温泉

    上高地および周辺(大正池、乗鞍高原、乗鞍岳、白骨温泉、美ヶ原) (長野県松本市)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た多武峰

    談山神社、多武峰、長谷寺(奈良県桜井市)紅葉 フレッシュアイペディアより)

178件中 51 - 60件表示

「紅葉」のニューストピックワード