178件中 61 - 70件表示
  • 紅葉

    紅葉から見た落葉

    紅葉(こうよう、もみじ)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た叡山電鉄鞍馬線

    鞍馬周辺(貴船神社、叡山電鉄鞍馬線「もみじのトンネル」など)(京都府京都市左京区)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た光合成

    普段、葉が緑色に見えるのはクロロフィルが含まれるからであるが、寒くなり日照時間が短くなるとクロロフィルが分解される。また、葉柄の付け根に離層という特殊な水分を通しにくい組織ができ、葉で作られた水溶性のブドウ糖や蔗糖などの糖類やアミノ酸類が葉に蓄積し、その糖から光合成を利用して新たな色素が作られたりする。その過程で葉の色が赤や黄色に変化し、紅葉が起こる。その後、落葉になる。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た高原

    紅葉や黄葉が色づき始めるのに、日最低気温8℃以下(広葉樹)が必要。さらに5℃以下になると一気に進むとされる。美しい紅葉の条件には「昼夜の気温の差が大きい」「平地より斜面」「空気が汚れていない」「適度な水分」など光合成が行いやすい条件が必要である。紅葉の名所には上記の条件をよく満たす高原、渓谷、標高が高い湖沼・滝周辺にみられる。また、広い敷地・整備された庭がある寺社や公園にも名所がみられる。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た旧仮名遣い

    「もみじ」(旧仮名遣い: もみぢ)の名は、通説として、秋口の霜や時雨の冷たさに揉み出されるようにして色づく、「揉み出るもの」の意(「揉み出づ」の転訛「もみづ」の名詞形)であるという。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たツタ

    紅葉:カエデ科(イロハモミジ、ハウチワカエデ、サトウカエデ、メグスリノキ)・ニシキギ科(ニシキギ、ツリバナ)・ウルシ科(ツタウルシ、ヤマウルシ、ヌルデ)・ツツジ科(ヤマツツジ、レンゲツツジ、ドウダンツツジ)・ブドウ科(ツタ、ヤマブドウ)・バラ科(ヤマザクラ、ウワミズザクラ、カリン、ナナカマド)・スイカズラ科(ミヤマガマズミ、カンボク)・ウコギ科(タラノキ)・ミズキ科(ミズキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た詩仙堂

    岩倉(京都市右京区)、一乗寺(京都市左京区)実相院、詩仙堂など紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たサトウカエデ

    紅葉:カエデ科(イロハモミジ、ハウチワカエデ、サトウカエデ、メグスリノキ)・ニシキギ科(ニシキギ、ツリバナ)・ウルシ科(ツタウルシ、ヤマウルシ、ヌルデ)・ツツジ科(ヤマツツジ、レンゲツツジ、ドウダンツツジ)・ブドウ科(ツタ、ヤマブドウ)・バラ科(ヤマザクラ、ウワミズザクラ、カリン、ナナカマド)・スイカズラ科(ミヤマガマズミ、カンボク)・ウコギ科(タラノキ)・ミズキ科(ミズキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た宍粟市

    氷ノ山、原不動滝、福知渓谷(兵庫県宍粟市紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たヤナギ科

    黄葉:イチョウ科(イチョウ)・カバノキ科(シラカンバ)・ヤナギ科(ヤナギ、ポプラ、ドロノキ)・ニレ科(ハルニレ)・カエデ科(イタヤカエデ)・ニシキギ科(ツルウメモドキ)・ユキノシタ科(ノリウツギ、ゴトウヅル)紅葉 フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示

「紅葉」のニューストピックワード