202件中 71 - 80件表示
  • 紅葉

    紅葉から見た左京区

    鞍馬周辺(貴船神社、叡山電鉄鞍馬線「もみじのトンネル」など)(京都府京都市左京区紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たカシワ

    褐葉:ブナ科(ブナ、ミズナラ、カシワ)・スギ科(スギ、メタセコイヤ)・ニレ科(ケヤキ)・トチノキ科(トチノキ)・ズズカケノキ科(スズカケノキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た常寂光寺

    嵯峨野(天龍寺、常寂光寺、愛宕念仏寺ほか)、三尾(高雄神護寺・栂尾高山寺・槙尾西明寺の総称)、紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た坂本 (大津市)

    比叡山・延暦寺、坂本・日吉大社、園城寺、石山寺(滋賀県大津市)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た軽井沢タリアセン

    雲場池、塩沢湖、白糸の滝(長野県軽井沢町)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た軽井沢町

    雲場池、塩沢湖、白糸の滝(長野県軽井沢町紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た

    紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉のが変わる現象のこと。ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たアミノ酸

    普段、葉が緑色に見えるのはクロロフィルが含まれるからである。秋になり日照時間が短くなるとクロロフィルが分解される。これは植物学的には葉の老化反応と考えられている。夏の間、葉ではクロロフィルが光を吸収して活発に光合成が行われる。落葉樹の葉では、気象条件が光合成に適さない冬を迎える前に老化反応が起こる。この過程では光合成の装置などが分解されて、葉に蓄えられた栄養が幹へと回収される。翌年の春にこの栄養は再利用される。栄養が十分に回収された葉では、植物ホルモンの1つエチレンの働きによって葉柄の付け根に離層ができ、枝から切り離される。これによって、無駄な水分やエネルギーが冬の間に消費されるのを防ぐことができる。植物の葉は「カロテノイド」色素などを使って光の害から自分自身を守る仕組みを備えているが、葉の老化過程ではカロテノイドを含む様々な分子が分解されるため、この過程を進める間も光による害から葉を守る必要がある。「葉柄の付け根に離層ができ、葉で作られた糖類やアミノ酸類が葉に蓄積し、その糖から新たな色素が作られる」とする俗説は誤りである。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た乗鞍岳

    上高地および周辺(大正池、乗鞍高原、乗鞍岳、白骨温泉、美ヶ原) (長野県松本市)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たケヤキ

    褐葉:ブナ科(ブナ、ミズナラ、カシワ)・スギ科(スギ、メタセコイヤ)・ニレ科(ケヤキ)・トチノキ科(トチノキ)・ズズカケノキ科(スズカケノキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

202件中 71 - 80件表示