202件中 81 - 90件表示
  • 紅葉

    紅葉から見た西明寺 (京都市)

    嵯峨野(天龍寺、常寂光寺、愛宕念仏寺ほか)、三尾(高雄神護寺・栂尾高山寺・槙尾西明寺の総称)、紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た福知渓谷

    氷ノ山、原不動滝、福知渓谷(兵庫県宍粟市)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た和歌

    日本において、古来より紅葉は和歌をはじめ、様々な芸術の題材となっている。関連項目の項を参照。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たポプラ

    黄葉:イチョウ科(イチョウ)・カバノキ科(シラカンバ)・ヤナギ科(ヤナギ、ポプラ、ドロノキ)・ニレ科(ハルニレ)・カエデ科(イタヤカエデ)・ユキノシタ科(ノリウツギ、ゴトウヅル)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た落葉広葉樹

    紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た京都

    日本では、紅葉の季節になると紅葉を見物する行楽、紅葉狩りに出かける人が多い。紅葉の名所と言われる箇所は(全国的には奥入瀬(青森県)や日光(栃木県)、京都の社寺などが有名)は行楽客であふれる。紅葉をめでる習慣は平安の頃の風流から始まったとされ、特に京都市内では多くの落葉樹が植樹されている。また、「草紅葉」の名所としては四万十川や尾瀬、秋吉台等がある。なお、この場合の「狩り」というのは「草花を眺めること」の意味をさし、平安時代には実際に紅葉した木の枝を手折り(狩り)、手のひらにのせて鑑賞する、という鑑賞方法があった。紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た神庭の滝

    神庭の滝(岡山県真庭市)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見たメタセコイヤ

    褐葉:ブナ科(ブナ、ミズナラ、カシワ)・スギ科(スギ、メタセコイヤ)・ニレ科(ケヤキ)・トチノキ科(トチノキ)・ズズカケノキ科(スズカケノキ)紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た智頭町

    芦津渓、板井原集落、智頭宿・諏訪神社(鳥取県智頭町紅葉 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉

    紅葉から見た宍粟市

    氷ノ山、原不動滝、福知渓谷(兵庫県宍粟市紅葉 フレッシュアイペディアより)

202件中 81 - 90件表示