248件中 91 - 100件表示
  • 納豆

    納豆から見た山形県

    山形県酒田市の塩納豆、熊本県の金山寺納豆などローカル色に富んだ納豆もある。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た和歌山県

    高知県の一部の地域の郷土料理。納豆に塩と糠をまぶして鉄鍋で炒る。伝統的な製法では、市販の納豆の代わりに蒸した大豆を籾殻の中に入れ、糸を引くようになったものを用いる。また、上記の山国納豆が伝わったとされる京都府亀岡市や和歌山県の真国川流域でも塩和えにして食している。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た愛知県

    納豆にチーズ、パセリ、醤油、砂糖を加え、よくかき混ぜた料理。愛知県豊田市の学校給食で提供されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た横手市

    秋田県 - 横手市の金沢公園に「納豆発祥の地」の碑がある(全国に数多くある納豆発祥伝説地の一つ)。後三年の役の際、源義家の軍勢が兵糧として運んでいた煮豆が、馬の体温で醗酵し納豆になったという伝説である。また、秋田音頭に「桧山納豆」(能代市桧山地区)が秋田名物の一つとして謳われている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た大徳寺納豆

    同じ頃、北宋や南宋に渡航した僧たちが塩辛納豆を持ち帰り、再度国内に紹介した。寺院内でも盛んに生産したことから、これらは寺納豆とも呼ばれるようになった。こうした伝統を持つものが今でも京都の大徳寺(大徳寺納豆)、天龍寺、一休寺や浜松の大福寺などで作り続けられており、名物として親しまれている。このうち浜松地方で作られる塩辛納豆は浜納豆の名称で販売されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たとんぶり

    醤油やタレの他、和ガラシを加える食べ方が一般的だが、鶏卵やウズラの卵、ネギ、ミョウガ、大根おろし、とんぶり、削り節、海苔、青海苔などを合わせて食べることも多い。ナガイモ(とろろ)、メカブ、オクラ、なめ茸など、納豆同様に粘り気がある食品と混ぜることも広く行われる。とろろ、オクラなどのほかマグロ刺身と一緒にご飯に載せた料理は飲食店で「ばくだん丼」と称される。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た籾殻

    高知県の一部の地域の郷土料理。納豆に塩と糠をまぶして鉄鍋で炒る。伝統的な製法では、市販の納豆の代わりに蒸した大豆を籾殻の中に入れ、糸を引くようになったものを用いる。また、上記の山国納豆が伝わったとされる京都府亀岡市や和歌山県の真国川流域でも塩和えにして食している。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た大徳寺

    同じ頃、北宋や南宋に渡航した僧たちが塩辛納豆を持ち帰り、再度国内に紹介した。寺院内でも盛んに生産したことから、これらは寺納豆とも呼ばれるようになった。こうした伝統を持つものが今でも京都の大徳寺(大徳寺納豆)、天龍寺、一休寺や浜松の大福寺などで作り続けられており、名物として親しまれている。このうち浜松地方で作られる塩辛納豆は浜納豆の名称で販売されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たオムレツ

    納豆を叩き刻んで味噌汁に入れた納豆汁は、江戸時代までは納豆ご飯よりも頻繁に食卓に上っていた。そば、うどん、カレーライス、ラーメン、チャーハン、和風スパゲッティのトッピング、お好み焼きやオムレツ、焼き餅の具、納豆巻きや軍艦巻の寿司ネタ、天ぷらのタネなどとしても用いられる。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た

    いずれにせよ、日本国内で流通する市販品は、食品としての基準に適合するよう管理され製造されているとみなしてよい。なお、敢えて自家で納豆を作ることを試みる場合には、いくつかの留意点がある。納豆菌はにはやや弱く、乳酸菌の活動によって生まれる乳酸によって活動が阻害されることがある。また技術開発の結果普及した臭気の弱い種の納豆では、活動がさほど旺盛ではない菌株が用いられており、環境によっては雑菌が繁殖する余地がある。また、納豆菌の天敵として細菌寄生性ウイルスのバクテリオファージがあり、ファージ活動後に雑菌が繁殖することもありうる。特に納豆菌繁殖前の茹でた大豆には雑菌が極めて繁殖しやすい。自家製といえども食用に供するには衛生面でのそれなりの配慮が必要である。納豆 フレッシュアイペディアより)

248件中 91 - 100件表示

「納豆」のニューストピックワード