217件中 11 - 20件表示
  • 納豆

    納豆から見た東北地方

    大豆を納豆菌で細菌発酵(->参照)させた発酵食品である。日本全国の食品売り場で容易に手に入れることができ、現在多くの日本人に食べられている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目にも採用されている。茨城県・福島県を中心とした関東地方・東北地方では郷土料理としても親しまれている。製法や菌の改良などで匂いを少なくしたり、含まれる成分の内「ナットウキナーゼ」の健康増進効果がテレビなどのメディアで伝えられるようになり、この40年間を見ても国内各地域での消費量の差(一番少ない近畿・中国・四国と福島・水戸など一番多い地域との差)は大きく縮まっている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た水戸市

    大豆を納豆菌で細菌発酵(->参照)させた発酵食品である。日本全国の食品売り場で容易に手に入れることができ、現在多くの日本人に食べられている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目にも採用されている。茨城県・福島県を中心とした関東地方・東北地方では郷土料理としても親しまれている。製法や菌の改良などで匂いを少なくしたり、含まれる成分の内「ナットウキナーゼ」の健康増進効果がテレビなどのメディアで伝えられるようになり、この40年間を見ても国内各地域での消費量の差(一番少ない近畿・中国・四国と福島・水戸など一番多い地域との差)は大きく縮まっている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たダイズ

    納豆(なっとう)は、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の発酵食品。各種が存在するが、現在では一般的に「糸引き納豆」を指す。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た近畿地方

    大豆を納豆菌で細菌発酵(->参照)させた発酵食品である。日本全国の食品売り場で容易に手に入れることができ、現在多くの日本人に食べられている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目にも採用されている。茨城県・福島県を中心とした関東地方・東北地方では郷土料理としても親しまれている。製法や菌の改良などで匂いを少なくしたり、含まれる成分の内「ナットウキナーゼ」の健康増進効果がテレビなどのメディアで伝えられるようになり、この40年間を見ても国内各地域での消費量の差(一番少ない近畿・中国・四国と福島・水戸など一番多い地域との差)は大きく縮まっている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た藤原明衡

    「納豆」という語句が確認できる最古の書物は、11世紀半ば頃に藤原明衡によって書かれた『新猿楽記』である。同作中に「腐水葱香疾大根舂塩辛納豆」という記述があり、平安時代には納豆という言葉が既に存在していたことが確認できる。この記述の読み下しには諸説あるが(「舂塩辛」「納豆」、「舂塩」「辛納豆」、「大根舂」「塩辛納豆」など)、「辛納豆=唐納豆」など、これは本来の意味の納豆、つまり現在の「塩辛納豆」を指すものであろうという意見が多い。本来の納豆の由来等、詳しくは本項目後述の「塩辛納豆」の節を参照。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た半澤洵

    「納豆製造法」半澤洵著、札幌納豆容器改良會(1926年)納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たうどん

    納豆を叩き刻んで味噌汁に入れた納豆汁は、江戸時代までは納豆ご飯よりも頻繁に食卓に上っていた。そば、うどん、カレーライス、ラーメン、和風スパゲッティのトッピング、お好み焼きの具、納豆巻きの具、天ぷらのタネなどとしても用いられる。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た四国

    大豆を納豆菌で細菌発酵(->参照)させた発酵食品である。日本全国の食品売り場で容易に手に入れることができ、現在多くの日本人に食べられている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目にも採用されている。茨城県・福島県を中心とした関東地方・東北地方では郷土料理としても親しまれている。製法や菌の改良などで匂いを少なくしたり、含まれる成分の内「ナットウキナーゼ」の健康増進効果がテレビなどのメディアで伝えられるようになり、この40年間を見ても国内各地域での消費量の差(一番少ない近畿・中国・四国と福島・水戸など一番多い地域との差)は大きく縮まっている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たO157

    血液凝固因子を作るのに不可欠なビタミンKや大豆由来のタンパク質が豊富であり、現在でも上質なタンパク質源とも言える。食物繊維は100グラム中に4.9 - 7.6グラムと豊富に含まれる。食物繊維はオリゴ糖等と共にプレバイオティクスと呼ばれる腸内環境に有用な成分であり、納豆菌はプロバイオティクスと呼ばれ、これも腸内環境に有用と考えられている。O157を抗菌することがわかっている。納豆には殺菌作用が認められ、抗生物質のない昔は、赤痢、チフスなどの伝染病に対し、納豆が一種の薬として使われていた。病原性大腸菌あるいはサルモネラ菌に対する抗菌作用も立証されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たオリゴ糖

    血液凝固因子を作るのに不可欠なビタミンKや大豆由来のタンパク質が豊富であり、現在でも上質なタンパク質源とも言える。食物繊維は100グラム中に4.9 - 7.6グラムと豊富に含まれる。食物繊維はオリゴ糖等と共にプレバイオティクスと呼ばれる腸内環境に有用な成分であり、納豆菌はプロバイオティクスと呼ばれ、これも腸内環境に有用と考えられている。O157を抗菌することがわかっている。納豆には殺菌作用が認められ、抗生物質のない昔は、赤痢、チフスなどの伝染病に対し、納豆が一種の薬として使われていた。病原性大腸菌あるいはサルモネラ菌に対する抗菌作用も立証されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

217件中 11 - 20件表示

「納豆」のニューストピックワード