248件中 11 - 20件表示
  • 納豆

    納豆から見た給食

    ごま油、ショウガ、ニンニクで炒めた鶏の挽肉に納豆を和え、隠し味にタバスコを加えた料理。鳥取県中部の学校給食で提供されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た水戸市

    納豆用の藁には一定の長さと品質が求められ、手作業で丁寧に刈り取った稲をおだ掛けした自然乾燥させた物が必要となるが、こうした農家は機械化や高齢化で激減している。米価の下落や飼料用米への転作などもあり、藁不足が深刻になっている。このため水戸市と納豆メーカーが稲藁確保のための協議会を設立し、加工機材の貸し出しなどに取り組む。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た鶏卵

    廃物も利用されている。ニワトリの飼料に加えることで、鶏卵のコレステロールを低減させることが報告されている。また、冷蔵庫で長期保存すると白いカビのような物が発生するが、これはチロシンというアミノ酸の一種で、風味は悪くなるが食べても差し支えはない。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たビタミンK

    骨にカルシウムを与えて強固にするビタミンK2などのビタミン類やミネラル(マグネシウムなど)、食物繊維、腸に良い乳酸菌、蛋白質が含有されている。骨にも良く、免疫力を高める健康食である。長寿国日本の長生きの秘訣として、各国の健康志向の高まりに伴い、国外でも臭いを弱めたものなども含めて人気を博している。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た乳酸菌

    骨にカルシウムを与えて強固にするビタミンK2などのビタミン類やミネラル(マグネシウムなど)、食物繊維、腸に良い乳酸菌、蛋白質が含有されている。骨にも良く、免疫力を高める健康食である。長寿国日本の長生きの秘訣として、各国の健康志向の高まりに伴い、国外でも臭いを弱めたものなども含めて人気を博している。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た横山智

    『納豆の起源』(NHKブックス 1223)横山智著、NHK出版(2014年)納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た半澤洵

    『納豆製造法』半澤洵著、札幌納豆容器改良會(1926年)納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た光厳天皇

    南北朝時代、丹波山国・常照皇寺にいた光厳法皇が村人に藁包納豆(山国納豆)の製法を伝えた記録が残る。戦国時代において、武将の蛋白源やスタミナ源ともなっていた。また江戸時代では、京都や江戸において「納豆売り」が毎朝納豆を売り歩いていたが、製法は容器に付着した納豆菌による自然発酵で行われていたため、不安定であったと考えられている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た聖徳太子

    伝統的な納豆の作り方は、蒸した大豆を稲の藁苞(わらづと)で包み、40度程度に保温し約1日ほど置いておく。稲藁に付着している納豆菌が大豆に移行し、増殖することによって発酵が起こり、納豆ができあがる。日本における納豆の起源については、「聖徳太子が馬の飼料として残った煮豆を藁で包んで置いたら出来上がった」「後三年の役で農民が供出した煮豆の藁包みが、糸を引きつつ良い香りを放ち始めたので食べられるようになった」といった伝説があり、いずれも藁についた納豆菌による自然発酵が契機になっている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た源義家

    秋田県 - 横手市の金沢公園に「納豆発祥の地」の碑がある(全国に数多くある納豆発祥伝説地の一つ)。後三年の役の際、源義家の軍勢が兵糧として運んでいた煮豆が、馬の体温で醗酵し納豆になったという伝説である。また、秋田音頭に「桧山納豆」(能代市桧山地区)が秋田名物の一つとして謳われている。納豆 フレッシュアイペディアより)

248件中 11 - 20件表示

「納豆」のニューストピックワード