248件中 21 - 30件表示
  • 納豆

    納豆から見た藤原明衡

    自然発酵法で行われた。「納豆」という語句が確認できる最古の書物は、11世紀半ば頃に藤原明衡によって書かれた『新猿楽記』である。同作中に「腐水葱香疾大根舂塩辛納豆」という記述があり、平安時代には納豆という言葉が既に存在していたことが確認できる。この記述の読み下しには諸説あるが(「舂塩辛」「納豆」、「舂塩」「辛納豆」、「大根舂」「塩辛納豆」など)、「辛納豆=唐納豆」など、これは本来の意味の納豆、つまり現在の「塩辛納豆」を指すものであろうという意見が多い。本来の納豆の由来等、詳しくは本項目後述の「塩辛納豆」の節を参照。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たうどん

    納豆を叩き刻んで味噌汁に入れた納豆汁は、江戸時代までは納豆ご飯よりも頻繁に食卓に上っていた。そば、うどん、カレーライス、ラーメン、チャーハン、和風スパゲッティのトッピング、お好み焼きやオムレツ、焼き餅の具、納豆巻きや軍艦巻の寿司ネタ、天ぷらのタネなどとしても用いられる。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たコンビニエンスストア

    主にスーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、冷蔵施設を備える食料品売り場で広く売買されている。納豆の自動販売機も存在する。茨城県や埼玉県川越市などでは土産物(名産品)として販売している場合もある。かつては「納豆売り」と呼ばれる行商人が納豆を売り歩く振り売りなどが盛んであった。売り声は「なっと〜〜、なっと〜〜(語尾をあげる)」というものであった。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た福島市

    福島県 - 都道府県庁所在地・政令指定都市ランキングで福島市が納豆消費量日本一である。取り立てて「納豆を食べよう」というキャンペーンは行っておらず、福島市民はもちろんのこと、市役所職員ですら日本一である事に疑問を持っている。思い当たる節として「義務教育期間の給食で納豆を出す」が挙げられている。生産量一位の水戸市は3カ月に一回、給食に納豆が出ているが、福島市では最低でも二週間に一回は給食に納豆が出ている。幼少期から納豆を食べる習慣がついているためか、スーパーには納豆コーナーが豆腐コーナーよりも大きく設置されており、ほとんどが100円以下で購入出来る。給食や朝食以外にも納豆を食べる家も多く、納豆が嫌い・臭いと言う人が珍しがられる地域である。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た移民

    日系アメリカ人移民の多いハワイ州やカリフォルニア州には豆腐製造業者があり、納豆も製造販売されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たラーメン

    納豆を叩き刻んで味噌汁に入れた納豆汁は、江戸時代までは納豆ご飯よりも頻繁に食卓に上っていた。そば、うどん、カレーライス、ラーメン、チャーハン、和風スパゲッティのトッピング、お好み焼きやオムレツ、焼き餅の具、納豆巻きや軍艦巻の寿司ネタ、天ぷらのタネなどとしても用いられる。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た栗原市

    岩手県一関市、県境を挟んで隣接する宮城県栗原市では、年間を通じて様々な調理方法で餅を食べるが、その中で「納豆餅」が、山形県と同様の形で食されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た食品衛生法

    蒸した大豆に純粋培養した納豆菌の分散液をかける。次いでこれを発泡スチロール容器や紙パックに充填し40-42℃で6時間程度保温すると納豆菌の増殖に伴う発酵熱で温度が上昇し18-24時間経過後、冷却により発酵を停止させる。流通段階でのアンモニア増加を抑制する為、10℃以下に保ち食品衛生法により求められる表示が行われ出荷される。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たニンニク

    ごま油、ショウガ、ニンニクで炒めた鶏の挽肉に納豆を和え、隠し味にタバスコを加えた料理。鳥取県中部の学校給食で提供されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た馬肉

    納豆と馬肉を和え、醤油等で味付けした料理。熊本県では定番の料理。納豆 フレッシュアイペディアより)

248件中 21 - 30件表示

「納豆」のニューストピックワード