217件中 31 - 40件表示
  • 納豆

    納豆から見たイネ

    伝統的な納豆の作り方は、蒸した大豆をの藁苞(わらづと)で包み、40度程度に保温し約1日ほど置いておく。稲藁に付着している納豆菌が大豆に移行し、増殖することによって発酵が起こり、納豆ができあがる。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た食品衛生法

    製法にかかわらず、業として納豆を製造するには、食品衛生法に基づき都道府県知事(保健所を設置する市では市長、特別区では区長)の許可が必要である。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た大阪市

    旭松食品(なっとういち、大阪市淀川区)5位:5.3%納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たニンニク

    ごま油、ショウガ、ニンニクで炒めた鶏の挽肉に納豆を和え、隠し味にタバスコを加えた料理。鳥取県中部の学校給食で提供されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た馬肉

    納豆と馬肉を和え、醤油等で味付けした料理。熊本県では定番の料理。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たウズラ

    醤油やタレの他、和ガラシを加える食べ方が一般的だが、鶏卵やウズラの卵、ネギ、ミョウガ、大根おろし、とんぶり、削り節、海苔、青海苔などを合わせて食べることも多い。ナガイモ(とろろ)、メカブ、オクラなど、納豆同様に粘り気がある食品と混ぜることも広く行われる。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た総務省

    大豆を納豆菌で細菌発酵(->参照)させた発酵食品である。日本全国の食品売り場で容易に手に入れることができ、現在多くの日本人に食べられている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目にも採用されている。茨城県・福島県を中心とした関東地方・東北地方では郷土料理としても親しまれている。製法や菌の改良などで匂いを少なくしたり、含まれる成分の内「ナットウキナーゼ」の健康増進効果がテレビなどのメディアで伝えられるようになり、この40年間を見ても国内各地域での消費量の差(一番少ない近畿・中国・四国と福島・水戸など一番多い地域との差)は大きく縮まっている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たお好み焼き

    納豆を叩き刻んで味噌汁に入れた納豆汁は、江戸時代までは納豆ご飯よりも頻繁に食卓に上っていた。そば、うどん、カレーライス、ラーメン、和風スパゲッティのトッピング、お好み焼きの具、納豆巻きの具、天ぷらのタネなどとしても用いられる。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た松阪市

    奥野食品(東京納豆、三重県松阪市納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たスーパーマーケット

    現在では主にスーパーマーケットなど、冷蔵施設を備える食料品売り場で広く売買されている。納豆の自動販売機も存在する。茨城県や埼玉県川越市などでは土産物(名産品)として販売している場合もある。納豆 フレッシュアイペディアより)

217件中 31 - 40件表示

「納豆」のニューストピックワード