217件中 51 - 60件表示
  • 納豆

    納豆から見たビタミンK

    血液凝固因子を作るのに不可欠なビタミンKや大豆由来のタンパク質が豊富であり、現在でも上質なタンパク質源とも言える。食物繊維は100グラム中に4.9 - 7.6グラムと豊富に含まれる。食物繊維はオリゴ糖等と共にプレバイオティクスと呼ばれる腸内環境に有用な成分であり、納豆菌はプロバイオティクスと呼ばれ、これも腸内環境に有用と考えられている。O157を抗菌することがわかっている。納豆には殺菌作用が認められ、抗生物質のない昔は、赤痢、チフスなどの伝染病に対し、納豆が一種の薬として使われていた。病原性大腸菌あるいはサルモネラ菌に対する抗菌作用も立証されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た乳酸菌

    なお、敢えて自家で納豆を作ることを試みる場合には、いくつかの留意点がある。納豆菌は酸にはやや弱く、乳酸菌の活動によって生まれる乳酸によって活動が阻害される事がある。また技術開発の結果普及した匂いの弱い種の納豆では、活動がさほど旺盛ではない菌株が用いられており、環境によっては雑菌が繁殖する余地がある。また、納豆菌の天敵として細菌寄生性ウイルスのバクテリオファージがあり、ファージ活動後に雑菌が繁殖する事もありうる。特に納豆菌繁殖前の茹でた大豆には雑菌が極めて繁殖しやすい。自家製といえども食用に供するには衛生面でのそれなりの配慮が必要である。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た奈良時代

    塩辛納豆は古い漢語では''(し)と呼ばれ、中国では紀元前2世紀頃の遺跡からも出土があり、今なお豆(トウチ)と呼ばれ、中華料理の重要な調味料である。日本では奈良時代頃に醤の一種として伝来したのではないかとされ、古い史料では「久喜」(くき)の名で言及されているが、平安時代には「納豆」という名でも呼ばれるようになった。なお、「塩」のほかに「淡」という名のものがあったらしいが、これは平安時代以降姿を消している。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た室町時代

    室町時代頃になると、日本独自の食品として登場した糸引納豆が広く知られるところとなり、やがて製法の簡単さなどから塩辛納豆よりも多く作られ、日常食として消費されるようになるとともに、「納豆」という言葉もまず糸引納豆を意味するように変化していったとされる。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たオーサト

    オーサト(中粒納豆本家、茨城県取手市)納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た奥野食品

    奥野食品(東京納豆、三重県松阪市)納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たヤマダフーズ

    ヤマダフーズ(おはよう納豆、秋田県仙北郡美郷町)6位:4.5%納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たマルキン食品

    マルキン食品(元気納豆、熊本県熊本市)7位:3.8%納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たこいしや食品

    こいしや食品(平家納豆、栃木県宇都宮市)納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たくめ・クオリティ・プロダクツ

    金砂郷食品(くめ納豆、茨城県常陸太田市)4位:7.0%納豆 フレッシュアイペディアより)

217件中 51 - 60件表示

「納豆」のニューストピックワード