248件中 71 - 80件表示
  • 納豆

    納豆から見た茨城県

    主にスーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、冷蔵施設を備える食料品売り場で広く売買されている。納豆の自動販売機も存在する。茨城県や埼玉県川越市などでは土産物(名産品)として販売している場合もある。かつては「納豆売り」と呼ばれる行商人が納豆を売り歩く振り売りなどが盛んであった。売り声は「なっと〜〜、なっと〜〜(語尾をあげる)」というものであった。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た納豆菌

    納豆(なっとう)は、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の発酵食品。各種が存在するが、現在では一般的に「糸引き納豆」を指す。菓子の一種である甘納豆とは別物である。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た熊本県

    山形県酒田市の塩納豆、熊本県の金山寺納豆などローカル色に富んだ納豆もある。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た味噌汁

    納豆を食べ慣れていない場合、特有の伸びた糸やちぎれた糸によって器や食卓を汚してしまうことや、その食べにくさが問題となる。その場合は箸先を味噌汁に少しだけ浸けて納豆を食べるようにすると粘り気を保ちつつ余分な糸ができにくくなる。味噌汁に含まれる水分、塩分、そして温度などで糸を安定させている成分であるフラクタンが不安定になり、糸が伸びる前に切れるからである。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たタレ

    納豆をふんわりとした食感で食べるためには、糸を引いて空気を含むように良く練ることである。これは、先にタレなどを加えると水分過多となってしまい粘りがあまり出なくなってしまうからである。一種のアイディア商品として、納豆を混ぜる専用のスティックも売られている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た秋田県

    碾き割り、即ち砕いた大豆を発酵させることによって作られる納豆。秋田県など北東北で古くから作られていた糸引き納豆の一種。ひきわり納豆に対し、割っていない大豆を使った納豆は「粒納豆」「つぶ納豆」と呼ばれる。ひきわり納豆はつぶ納豆に比べて発酵が早く、消化にも良いとされる上、カルシウムを効率的に吸収する役割のビタミンKが豊富である。粒納豆を刻んだような形状をしていることから、発酵後に納豆を刻んだものと誤解されることがあるが、実際は発酵以前の浸水前に大豆を砕いている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た福島県

    福島県では白菜の漬物を入れて食べる者もいる。野沢菜漬やキムチなどを混ぜて食べられることもある。漬物に含まれる乳酸はアンモニアを中和し、臭いを抑えて食べやすくする効果がある。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見たタイ王国

    ヒマラヤ麓のネパールおよびブータン、インドの西ベンガル州とシッキム州、中国雲南省からタイをはじめとする東南アジアにかけた地域に見られる。タイ・ラオスではトゥア・ナオという加工食品を作る。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た後三年の役

    伝統的な納豆の作り方は、蒸した大豆を稲の藁苞(わらづと)で包み、40度程度に保温し約1日ほど置いておく。稲藁に付着している納豆菌が大豆に移行し、増殖することによって発酵が起こり、納豆ができあがる。日本における納豆の起源については、「聖徳太子が馬の飼料として残った煮豆を藁で包んで置いたら出来上がった」「後三年の役で農民が供出した煮豆の藁包みが、糸を引きつつ良い香りを放ち始めたので食べられるようになった」といった伝説があり、いずれも藁についた納豆菌による自然発酵が契機になっている。納豆 フレッシュアイペディアより)

  • 納豆

    納豆から見た

    納豆菌を使用して発酵させるため、納豆菌特有の発酵時の臭気がある。。代表的な「ピラジン」は、アーモンド・ココア・パン・味噌・醤油にも含まれる臭気である。中には「アンモニア」成分も含まれており、発酵が進みすぎたり10℃以上で保管されていると時間と共にアンモニア臭が強くなる。「わら納豆」はの臭気、経木で包んだものはその木の臭気が加わる。また、発酵室内で薫煙処理を行う場合もある。納豆を苦手とする人はこの臭気を理由に挙げることが多く、近年では臭気を抑えた製品も市販されている。納豆 フレッシュアイペディアより)

248件中 71 - 80件表示

「納豆」のニューストピックワード