前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
255件中 1 - 10件表示
  • 平成

    平成から見た細川護熙細川護熙

    平成期に在任していた内閣総理大臣は、竹下登・宇野宗佑・海部俊樹・宮澤喜一・細川護熙・羽田孜・村山富市・橋本龍太郎・小渕恵三・森喜朗・小泉純一郎・安倍晋三・福田康夫・麻生太郎・鳩山由紀夫・菅直人・野田佳彦の17人である。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 松崎哲久

    松崎哲久から見た細川護煕細川護熙

    平成4年(1992年)細川護煕の日本新党結成に参加する。政策部会長として、日本新党の政策を立案した。その後、組織委員長として細川に次ぐ党No.2であったが、党事務局との対立が先鋭になったため細川とはギクシャクしたといわれる。同年7月26日の第16回参議院議員通常選挙に比例区で立候補する。この選挙で日本新党は4人の当選を果たす(細川護煕、小池百合子、寺沢芳男、武田邦太郎)が、名簿5位に記載されていた松崎は次点で落選する。その後、組織委員長を小池百合子と交代し、総務委員長に就任する。しかし、松崎は平成5年(1993年)6月23日に党員としての適格に著しく欠けるという理由で日本新党を除名された。背後には、党事務局との確執や、松崎の第40回衆議院議員総選挙への立候補に関するトラブルがあったとされる。松崎は日本新党をすでに除名、参議院比例代表名簿からも削除されていたため、平成5年(1993年)7月18日に施行された第40回衆議院議員総選挙に細川護煕、小池百合子が立候補したことに伴い、名簿搭載6位の小島慶三および7位の山崎順子(円より子)の2名が繰り上げ当選する。松崎はこれを不服として、除名処分による比例名簿除外は無効であること、松崎が繰り上げ当選していること、円より子の繰り上げ当選は無効であるとする訴訟を起こした(日本新党繰上補充事件)。平成6年(1994年)11月29日に東京高等裁判所では松崎の主張が認められ勝訴するが、平成7年(1995年)5月25日、最高裁判所では松崎の主張が退けられ敗訴判決が確定した。松崎哲久 フレッシュアイペディアより)

  • 細川氏

    細川氏から見た細川護熙細川護熙

    秀吉の死後、忠興は徳川家康に属し、関ヶ原の戦いの功により豊前小倉藩39万9千石を領する。その子忠利の代に肥後熊本藩54万石の領主となり、明治維新に至る。明治時代には侯爵となる。子孫の細川護熙は、熊本県知事・内閣総理大臣を務めた。細川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 風塵抄

    風塵抄から見た細川護熙細川護熙

    一芸の話 ? 細川護熙連立政権誕生風塵抄 フレッシュアイペディアより)

  • 女性のための政治スクール

    女性のための政治スクールから見た細川護熙細川護熙

    1993年2月に、女性の政治への関心を高め、女性の政治参画を進める目的で、日本新党の細川護熙、円より子が中心となって設立した。日本新党解党後も、運営が継続されている。政治家を養成するためのスクールとしては日本初のもの。これまでに国会議員や地方議会議員を多数輩出している。女性のための政治スクール フレッシュアイペディアより)

  • 江田五月

    江田五月から見た細川護煕細川護熙

    1992年、自民党内では羽田孜、小沢一郎らを中心に改革フォーラム21が結成されたほか、大前研一の平成維新の会、細川護煕の日本新党が相次いで誕生。江田は政策集団シリウスを結成し、社会党右派も巻き込んだ改革派勢力の結集を図る(社会党内でも赤松広隆ら、若手改革派の台頭の兆しが見え始めていた)。江田五月 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た細川護煕細川護熙

    農林水産大臣退任後は党副幹事長や党内の政治改革本部の委員として政策提言を行う。このことから、1992年の東京佐川急便事件に端を発する政治改革の動きを受けて組閣された宮澤改造内閣で総務庁長官に任命され、2度目の入閣を果たした。総務庁長官在任中は、主に許認可権の削減や規制改革に取り組み、政治改革を推進する立場から、海部俊樹前首相が会長を務める政治改革推進議員連盟のメンバーにも名を連ねていた。しかし、首相の宮澤喜一は政治改革の法制化にあまり積極的でなく、結局宮澤内閣の不信任決議案が羽田派の羽田孜、小沢一郎らの造反により可決されたため、宮澤は衆議院を解散(嘘つき解散)。自民党を離党した羽田派は新生党を結成。第40回衆議院議員総選挙では新生党に加え、不信任案には反対したものの自民党を離党した武村正義、田中秀征、鳩山由紀夫らの新党さきがけ、細川護煕が前年に結成し支持を伸ばしていた日本新党が大勝し、宮澤自民党は過半数を割り込む。総選挙後、宮澤内閣は退陣した。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護貞

    細川護貞から見た細川護熙細川護熙

    1993年(平成5年)には長男の護熙が首相に就任したが、その際にインタビューで護貞は喜ぶ様子もなく「あれの性格ではいずれ投げ出すだろう」という趣旨の発言をし、周囲を唖然とさせた。だが、結果的に翌年4月に護熙は電撃辞任することとなった。細川護貞 フレッシュアイペディアより)

  • 近衛忠てる

    近衛忠てるから見た細川護熙細川護熙

    旧肥後熊本藩主細川家の細川護貞と温子夫人(近衛文麿の二女)の次男として生まれた。兄は細川護熙(第79代内閣総理大臣)。近衛忠てる フレッシュアイペディアより)

  • 白洲次郎

    白洲次郎から見た細川護熙細川護熙

    「次郎さんは大変な負けず嫌いだったから、負けそうになると“おい、ちょっと待て”“お前、ほんとにそれでいいのか、いいのか?”と威嚇して相手の手を変えさせるのが得意だった」―細川護熙(子供時代、軽井沢での日々を回想して)白洲次郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
255件中 1 - 10件表示

「細川護熙」のニューストピックワード