310件中 91 - 100件表示
  • 日本の戦争謝罪

    日本の戦争謝罪から見た細川護煕細川護熙

    1に関しては、日本の首相で先の戦争を「侵略戦争」であると認めたのは1993年記者会見での細川護煕が最初であるとされる。日本の戦争謝罪 フレッシュアイペディアより)

  • 景観

    景観から見た細川護熙細川護熙

    細川護熙・中村良夫 企画構成『景観づくりを考える』技報堂出版、1989年10月20日、321pp. ISBN 4-7655-1498-6景観 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐文彦

    五十嵐文彦から見た細川護煕細川護熙

    1989年、保守系無所属新人候補の政策集団自由連合旗揚げ参加。1990年、旧東京7区から無所属で立候補し落選。1993年の総選挙で旧埼玉2区から日本新党公認により出馬、初当選、税制委員長を務める。1994年、細川首相の国民福祉税構想に反対して離党し、4月にグループ青雲を結成。同年6月に新党さきがけに合流し、新党さきがけ政調会長代理、連立与党税調座長、衆議院予算委員会理事などを歴任。五十嵐文彦 フレッシュアイペディアより)

  • ラスタとんねるず'94

    ラスタとんねるず'94から見た細川護熙細川護熙

    1体の人形を制作するのに100万円は掛かったという。また、半年の放送期間中に首相が2度も交代(細川護熙→羽田孜→村山)し、人形制作を依頼した会社は大わらわだったという。羽田人形は本人が首相退任後に対面を果たしている。ラスタとんねるず'94 フレッシュアイペディアより)

  • 宮内義彦

    宮内義彦から見た細川護煕細川護熙

    豊かな暮らし部会(1991年、部会長は首相・細川護煕宮内義彦 フレッシュアイペディアより)

  • 山岸章

    山岸章から見た細川護熙細川護熙

    しかし、細川護熙首相は1994年に辞任し、羽田内閣が成立した。山岸は、社会党を追い詰めないよう、羽田孜首相に進言したが、社会党以外の連立与党が新会派「改新」を結成し、露骨に社会党はずしの姿勢を見せたため、社会党は連立を離脱した。山岸は、羽田首相に対しては、首相以外の大臣総入れ替え、社会党に対しては連立復帰を促した。しかし、山岸の外遊中に、社会党の村山、野坂等村山グループは自民党に働きかけて、村山富市を首班とする内閣を成立させてしまった。背景には連合内部における民社党系と社会党系の労働組合による派閥対立があったとされている。山岸章 フレッシュアイペディアより)

  • 金重凱之

    金重凱之から見た細川護熙細川護熙

    1993年(平成5年)8月:内閣総理大臣秘書官(3代の総理(細川護熙、羽田孜、村山富市)に仕えた秘書官は史上初)金重凱之 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松良子

    赤松良子から見た細川護熙細川護熙

    労働省婦人局長時代、男女雇用機会均等法制定の中核となった。細川護熙、羽田孜両内閣で文部大臣を務めた。選択的夫婦別姓制度実現をめざす民法改正運動を行っているmネットの呼びかけ人でもある。赤松良子 フレッシュアイペディアより)

  • 木内昭胤

    木内昭胤から見た細川護熙細川護熙

    また、細川内閣では細川護熙首相の私的諮問機関であった「経済改革研究会」のメンバーとして規制改革に関するレポートを作成した。木内昭胤 フレッシュアイペディアより)

  • くまもとアートポリス

    くまもとアートポリスから見た細川護煕細川護熙

    当時知事を務めていた細川護煕は、高度経済成長によって画一的になってしまった日本の町並みを反省し「熊本らしい田園文化圏の創造」を目標として掲げ、後世に残し得る文化を熊本県で実現させることを目指していた。1987年に西ドイツで開催されていたベルリンIBA(国際建築展、国際建設展覧会)を視察したことにヒントを得て、建築をはじめとする環境デザイン全般に対する意識、都市文化・建築文化の向上を図ることを目的としてはじめたプロジェクトである。くまもとアートポリス フレッシュアイペディアより)

310件中 91 - 100件表示

「細川護熙」のニューストピックワード