310件中 121 - 130件表示
  • 田中康夫

    田中康夫から見た細川護熙細川護熙

    1991年の東京都知事選で小沢一郎が磯村尚徳を支援したのに対し、田中は『神なき国のガリバー』にて当時現職の鈴木俊一への支持を表明した(なお田中はそれ以前に鈴木を取材している。詳しくは当該項目参照)。また小沢が推し進めた湾岸戦争派兵や小選挙区制導入には反対の立場で、1990年代前半の日本新党をはじめとした「新党ブーム」には当時厳しい評価をしており、細川護熙内閣に対しても当時のメディアや文化人が総じて画期的だと報じる中、政治手法が翼賛的だと警鐘を鳴らしていた。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • プロンプター (電気機器)

    プロンプター (電気機器)から見た細川護熙細川護熙

    日本では、細川護熙が内閣総理大臣として初めて使用した。それ以降、民間では大手企業に於いて頻繁に使用され始め一般化して来ている。その後の歴代首相としては、森喜朗、麻生太郎、安倍晋三がプロンプターを使用して会見を行ったことがある。プロンプター (電気機器) フレッシュアイペディアより)

  • 中馬弘毅

    中馬弘毅から見た細川護煕細川護熙

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に新自由クラブ公認で旧大阪府第6区(定数3)から出馬し、同区トップで初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。1979年の第35回衆議院議員総選挙では落選したが、1980年の第36回衆議院議員総選挙で返り咲いた。1986年の第38回衆議院議員総選挙で再び落選。新自由クラブ解党後、1990年の第39回衆議院議員総選挙では無所属で旧大阪6区から出馬し、国政に復帰した。その後自由民主党に入党し、1993年の第40回衆議院議員総選挙では自民党公認で出馬し、5選。自民党では宏池会(宮澤喜一派)に入会。1995年、「地方分権推進に関する国会決議」を衆議院本会議場で読み上げる。1993年の細川護煕首相(元熊本県知事)の就任以降、地方分権が国政の課題になる中で、日本の道州制論議が高まった。中馬弘毅 フレッシュアイペディアより)

  • 社会保障

    社会保障から見た細川護煕細川護熙

    日本では、かつては細川内閣が国民福祉税を構想していた。2012年には消費税法改正において社会保障と少子化対策に用途が規定された。日本が社会保障による慢性的な財政赤字に陥る要因となったのは1969年12月21日に 日本社会党と日本共産党、左派団体の支援を受けて東京都知事に当選した美濃部亮吉が増税など支給に対する財源の負担を求めずに高齢者の医療費負担の全額無償化を行ったことだった。これ以降、高齢者の医療費無償を求める左派ポピュリズム運動が起きて、左派組織の支援を受けた候補が当選が増加する。 1973年1月1日に第33回衆議院議員総選挙での敗北と左派政党の増進への危機感から、財源と財政から継続不可と反対のあったが、内閣総理大臣田中角栄の主導で、70歳以上の老人医療費の無料化が実施された。高齢者の無償のための医療費負担は、国が3分の2で地方自治体が3分の1を負担することになった。同年7月 に美濃部都知事は国の無償制度の対象外だった、都内の65歳以上70歳未満の医療費も無料化する「マル福」制度を開始する。さらに、高齢者の東京都交通局が運営する運賃無料化というバラマキ政策や多額の税収を産んでいた公営ギャンブルである後楽園競輪場を1972年10月26日から廃止していた上に東京都は増税せずにバラマキをするポピュリズム政策の連発で東京都は財政赤字に陥る。1974年に 前1973年10月の第1次石油危機で高度経済成長が終了して、日本は戦後初のマイナス成長と増税なしの高齢者医療費無償という過剰な高福祉の社会保障支出で大幅な歳入不足の財政赤字になって以降から赤字国債を発行することになる。 1975年12月に歳入不足のため、補正予算にて財政法で禁じている赤字国債を2兆3000億円分発行する。のちに内閣総理大臣となる当時の大平正芳大蔵大臣は「子孫に赤字国債のツケを回すようなことがあってはならない」と決意する。首相就任後は何度も消費税の導入を図るが、1980年に選挙運動中に死亡する。以降も消費税を訴える度に反対する野党に自民党は敗北したため、1989年まで導入されずに増大する高齢者への社会保障支出のためにその後の日本の国債依存財政が始まる。 1979年に第35回総選挙において大平正芳首相が一般消費税(税率5%)の導入を打ち出すが、自民党が過半数割れに追い込まれる大敗を喫する。 1987年に中曽根首相は「大型間接税」ほどの包括性をもたない「新型間接税」であるとして売上税法案(税率5%)を国会提出。しかし、第11回統一地方選挙で自民党が敗北したため、廃案で与野党合意。 1988年に導入論議から約20年後の竹下内閣時に消費税法が成立。12月30日公布。1989年4月1日に消費税法施行 税率3%で導入された。1994年2月 細川内閣にて細川護煕首相が、消費税を廃止し税率7%の目的税「国民福祉税」を導入する構想を発表するが、担当となる閣僚を含めた政権要人からも反対論が上がり、即日白紙撤回。11月25日に村山内閣で3年後の1997年、に消費税等の増税(3%から5%に増税、うち地方消費税1%導入)のための税制改革関連法案を成立。1997年に村山富市首相が成立させた法案に基づき、橋本内閣が実施した。社会保障 フレッシュアイペディアより)

  • 三権の長

    三権の長から見た細川護熙細川護熙

    公選知事を経験した後に三権の長に就任した人物は細川護熙(内閣総理大臣)と横路孝弘(衆議院議長)の2人である。三権の長 フレッシュアイペディアより)

  • 島津修久

    島津修久から見た細川護煕細川護熙

    今上天皇ははとこ、細川護煕元首相、現近衛家当主近衞忠煇、俳優東隆明はいとこにあたる。島津修久 フレッシュアイペディアより)

  • 川本輝夫

    川本輝夫から見た細川護熙細川護熙

    1999年2月8日、肝臓がんで死亡する。市民運動を担う人々のほか、細川護熙や石原慎太郎からも弔辞が届けられた。川本輝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 小島慶三

    小島慶三から見た細川護煕細川護熙

    1992年(平成4年)細川護煕の日本新党に参加。第16回参議院議員通常選挙に比例代表から立候補。小島慶三 フレッシュアイペディアより)

  • 民主中道

    民主中道から見た細川護熙細川護熙

    民主党は、1998年4月、院内会派「民主友愛太陽国民連合」(民友連)に参加していた旧民主党・民政党・新党友愛・民主改革連合が合流して結成されたが、その際、旧民主党が基本理念として「中道左派」を唱え、民政党が「保守中道」(中道右派)を主張して反発し、意見が対立した。そこで新党の旗振り役であった細川護熙元首相の進言した民主中道が、基本理念として用いられる事となった。民主中道 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原君子

    栗原君子から見た細川護煕細川護熙

    1992年の第16回参議院議員通常選挙に地元の広島県選挙区に「護憲・ヒロシマの会」公認、日本社会党推薦で立候補。「連合の会」公認の現職議員を破り初当選。当選後は日本社会党に所属した。非武装中立や自衛隊違憲論などの社会党の伝統的な政策を重視し、1993年に社会党が細川護煕連立政権への参加で自衛隊容認に転じたことを党内から批判した。1994年の政治改革関連法案では、与党議員でありながら反対票を投じた。栗原君子 フレッシュアイペディアより)

310件中 121 - 130件表示

「細川護熙」のニューストピックワード