310件中 11 - 20件表示
  • 第16回参議院議員通常選挙

    第16回参議院議員通常選挙から見た細川護煕細川護熙

    この選挙からおよそ1年後に自民党は衆議院で単独過半数を失い、日本新党代表の細川護煕を首相とする内閣が成立したことで自民党は結成から初めて野党となり、38年間に及ぶ55年体制は崩壊した。第16回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 女性のための政治スクール

    女性のための政治スクールから見た細川護熙細川護熙

    1993年2月に、女性の政治への関心を高め、女性の政治参画を進める目的で、日本新党の細川護熙、円より子が中心となって設立した。日本新党解党後も、運営が継続されている。政治家を養成するためのスクールとしては日本初のもの。これまでに国会議員や地方議会議員を多数輩出している。女性のための政治スクール フレッシュアイペディアより)

  • 江田五月

    江田五月から見た細川護煕細川護熙

    1992年、自民党内では羽田孜、小沢一郎らを中心に改革フォーラム21が結成されたほか、大前研一の平成維新の会、細川護煕の日本新党が相次いで誕生。江田五月 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た細川護煕細川護熙

    農林水産大臣退任後は、党副幹事長や党内の政治改革本部の委員として政策提言を行う。このことから、1992年の東京佐川急便事件に端を発する政治改革の動きを受けて組閣された宮澤改造内閣で総務庁長官に任命され、2度目の入閣を果たした。総務庁長官在任中は、主に許認可権の削減や規制改革に取り組み、政治改革を推進する立場から、海部俊樹前首相が会長を務める政治改革推進議員連盟のメンバーにも名を連ねた。しかし、首相の宮澤喜一は政治改革の法制化にあまり積極的でなく、結局宮澤内閣の不信任決議案が羽田派の羽田孜、小沢一郎らの造反により可決されたため、宮澤は衆議院を解散した(嘘つき解散)。自民党を離党した羽田派は新生党を結成した。第40回衆議院議員総選挙では新生党に加え、不信任案には反対したものの自民党を離党した武村正義、田中秀征、鳩山由紀夫らの新党さきがけ、細川護煕が前年に結成し支持を伸ばしていた日本新党が大勝し、宮澤自民党は過半数を割り込む。総選挙後、宮澤内閣は退陣した。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 松野頼久

    松野頼久から見た細川護熙細川護熙

    熊本県鹿本郡菊鹿村(現・山鹿市)生まれ。父は松野頼三。慶應義塾高等学校を経て1987年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。父・頼三が、元熊本県知事で日本新党を結党した細川護熙の政治的な後見人であった縁で日本新党に入党し、1993年より日本新党本部に勤務する。1994年、日本新党の解党に伴い新進党結党に参加し、同党事務局に勤務。1997年、細川の新進党離党に伴い自身も新進党を離れ、フロム・ファイブを結党した細川の秘書に転じる。松野頼久 フレッシュアイペディアより)

  • 質実国家

    質実国家から見た細川護煕細川護熙

    「質実国家(しつじつこっか)」は1993年の新党さきがけの結党時の理念の一つであり、田中秀征が考案した。細川護煕が1993年の細川内閣所信表明演説で自らの政治理念を示す言葉として使用した。質実国家 フレッシュアイペディアより)

  • 宮澤喜一

    宮澤喜一から見た細川護熙細川護熙

    選挙では、自民党は結果的にほぼ現有議席を維持したものの、新生党、新党さきがけなど自民党から離れた議席を回復することができず過半数を大きく割り込み、日本新党を中心とした野党勢力が結集して細川護熙政権が誕生、宮澤は自民党長期支配38年、及び55年体制の最後の首相となった。宮澤は第15代自民党総裁だったために、同じく15代目で政権を明け渡した徳川慶喜になぞらえ「自民党の徳川慶喜」といわれた。宮澤喜一 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た細川護熙細川護熙

    1993年(平成5年)、羽田孜・小沢一郎ら羽田派(改革フォーラム21)らの賛成もあって、宮澤内閣へ不信任決議が可決され、第40回衆議院議員総選挙で自民党は過半数を割った。小泉は、宮澤の責任や退陣を閣僚懇談会でも要求し、郵政大臣を辞職した。なお、総選挙後に日本新党の細川護熙を首班とする連立政権が成立、自民党は野党に転落した。宮澤の後任の自民党総裁には河野洋平が就任した。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本社会党

    日本社会党から見た細川護熙細川護熙

    なお、この年の東京都知事選では連合の山岸会長が公明党・民社党と共に磯村尚徳を担ぐよう社会党執行部に働きかけた。これは、山岸会長の持論である社公民路線の定着を狙ったものである。自民党の小沢一郎幹事長も磯村を自民党本部の候補として推薦した。社公民3党に小沢など自民党の一部が乗る形で実現した細川護熙内閣の構図はこのとき、既に出来ていたといえる。一方、社会党の独自性を強調する土井を中心とするグループは独自候補にこだわる一方で、なかなか候補者を決められず迷走した。土井を都知事候補に擁立し、土井人気を復活させようという動きも社会党の一部にあったが、土井が決断できず、水泡に帰した。社会党は選挙直前にようやく候補者を決定したが、供託金没収点にも満たない惨敗に終わった。日本社会党 フレッシュアイペディアより)

  • 日本新党

    日本新党から見た細川護煕細川護熙

    1992年5月に細川護煕が、既成の政治・行政を打破する構想を掲げて結成した。スローガンは「責任ある変革」。日本新党 フレッシュアイペディアより)

310件中 11 - 20件表示

「細川護熙」のニューストピックワード