310件中 31 - 40件表示
  • 細川重賢

    細川重賢から見た細川護熙細川護熙

    細川護熙 『細川家の700年 永青文庫の至宝』2008 新潮社 ISBN 978-4-10-602180-0細川重賢 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た細川護煕細川護熙

    これは1994年2月2日深夜に細川護煕首相自らテレビで発表したもので、消費税を3%から7%に増税、使途も福祉目的とするものであった。名称も国民世論の反発も考慮した細川政権を支えた当時の非自民各党の意向を踏まえたものであったが、国際貢献税、国民福祉税両方とも、大蔵省の裁量による増税が可能だったことも手伝って内外から強い反撥を浴びて撤回となった。このような強引な政治手法は閣僚からも批判され、国民福祉税では武村正義官房長官など連立政権内部での合意が得られていなかったことから、その後の細川連立政権崩壊の引き金となった。一方で、大蔵省では「10年に1人の大物次官」と呼ばれた。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田真苗

    久保田真苗から見た細川護煕細川護熙

    1993年、社会党シャドーキャビネットで影の外務大臣を務める。同年、8党派による非自民連立政権の細川内閣で経済企画庁長官に任命され、初入閣を果たした。翌1994年、細川護煕首相の辞任による内閣総辞職に伴い、経済企画庁長官を離任。1995年の第17回参議院議員通常選挙には出馬せず、政界を引退した。2000年、「憲法を愛する女性ネット」を結成。久保田真苗 フレッシュアイペディアより)

  • ピーベリー (音楽ユニット)

    ピーベリー (音楽ユニット)から見た細川護煕細川護熙

    2月5日、YouTube「“SATOYAMA movement”オフィシャルチャンネル」にて、メジャーデビューシングル「キャベツ白書〜春編〜」のミュージックビデオを公開。おばあちゃん役に元内閣総理大臣細川護煕夫人細川佳代子が出演している事が明らかとなった(新アレンジとして挿入された唱歌「故郷」を細川が歌唱している。)。ピーベリー (音楽ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤正孝

    伊藤正孝から見た細川護熙細川護熙

    朝日新聞では、鹿児島支局、福岡支局社会部、1969年、東京本社社会部、1970年、アフリカ特派員、1972年、東京本社政治部、1977年、ダルエスサラーム特派員、1980年、カイロ特派員などを務める。東京本社社会部時代には欠陥車問題を暴露し、アフリカでは、ビアフラ戦争や南アフリカの人種差別問題を精力的に取材し報道している。なお、鹿児島支局時代には、後に首相となる細川護熙と同僚であり、その後も細川との親交は生涯続いている。カイロ特派員時代には、小池百合子をアルバイトで雇っており、後に小池を朝日ジャーナルにも寄稿させ世に出している。また、1992年7月の第16回参議院議員通常選挙で、小池は細川護熙が代表を務める日本新党から立候補し初当選を果たしたが、小池を細川に推薦したのは伊藤であった。伊藤正孝 フレッシュアイペディアより)

  • 上坂冬子

    上坂冬子から見た細川護熙細川護熙

    河野談話に関して1993年9月2日の『産経新聞』朝刊「正論」欄に寄稿。同年8月23日に細川護熙首相が述べた「日本が侵略戦争を行った」という発言に関して「何と粗雑にして迂闊な発言であろうか」と批判し、細川発言との比較で宮澤改造内閣官房長官河野洋平の従軍慰安婦に関する談話を引き合いに出して「近年、稀にみる名文といってよい。相手方のささくれ立った気をしずめ、同時にこちらとして外せないポイントだけはさりげなく押さえて、見事な和解にこぎつけている」と評価した。上坂冬子 フレッシュアイペディアより)

  • キャスティング・ボート

    キャスティング・ボートから見た細川護熙細川護熙

    日本では、国会において二大政党の勢力が拮抗している時の少数政党や、政党(主に自民党)内における二大派閥(勢力)以外の派閥(勢力)が、いずれかの陣営に付くことで政局の動向を左右できる場合に「キャスティング・ボートを握っている」という風に使われる言葉である。具体的には、政党色が強まる前の参議院における緑風会や、55年体制下における公明党・民社党がこのキャスティング・ボートを握っており、55年体制の崩壊直後(宮沢内閣の衆議院解散により自民党が過半数を割り、自民党中心の政権か、非自民政権かの選択が分かれたとき)は日本新党・新党さきがけがキャスティング・ボートを握り、日本新党の細川護熙が首相に、新党さきがけの武村正義が内閣官房長官になった。1998年の自民党が参議院で過半数を割れて以降は公明党がこれを握っていると言われた。また、2009年から2010年まで民主党政権が誕生し、国民新党や社会民主党がキャスティング・ボートとして扱われるケースがあった。2010年参院選後は、公明党とみんなの党がキャスティング・ボートを握るとも目された。キャスティング・ボート フレッシュアイペディアより)

  • 地方の時代

    地方の時代から見た細川護煕細川護熙

    このあと、地方の時代は進展を見せなかった。1980年代の財政再建路線により地方への財政資金フローが減少、地方からの人口流出が再び激しくなり、大都市圏と地方圏との格差が拡大した。この状況をとらえ、平松守彦・大分県知事は「地方試練の時代」、細川護煕・熊本県知事は「地方反乱の時代」と呼んだ。細川は熊本県の「日本一づくり運動」を推進、『雛の論理』(岩國哲人との共著)も著した。地方からの異議申し立て、独自施策が脚光を浴びた。この時期が地方が一番輝いていた時期といえるかも知れない。地方の時代 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田一精

    沢田一精から見た細川護煕細川護熙

    その後、前任の寺本広作に代わり自民党の公認を得て1971年から熊本県知事に転身し、水俣病の患者認定問題などに取り組んだ。知事を3期務めて4選を目指したが、細川護煕との自民党公認争いに敗れて出馬を断念。1983年7月に再び参議院議員選挙で当選し、中曽根派に属した。沢田一精 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂城残石記念公園

    大坂城残石記念公園から見た細川護煕細川護熙

    小豆島北岸、土庄町小海の北浦港にある県指定史跡「大阪城石垣石切り飛びこし丁場跡及び小海残石群」と一体化してその西隣に整備された都市公園で、1999年に開園した。開園の際には大坂城築城に携わった大名細川氏の末裔である細川護煕を迎えた。大坂城残石記念公園 フレッシュアイペディアより)

310件中 31 - 40件表示

「細川護熙」のニューストピックワード