310件中 41 - 50件表示
  • 政権構想研究会

    政権構想研究会から見た細川護煕細川護熙

    1993年7月、自民党分裂と新党ブームで迎えた衆議院選挙で社会党は再び惨敗し、結党以来最低の70議席に落ち込んだ。それでも社会党は自民党に次ぐ第二党だったが、山花は連立協議を仕切る新生党の小沢一郎代表幹事が裁定した日本新党・細川護煕党首の内閣総理大臣指名を認め、8月の非自民・非共産8会派連立内閣にこぎ着けた。これは政構研の考えていた大連立内閣の枠組みで、政構研は佐藤を入閣させた。社会党にとって41年ぶりの政権参加だったが、国民から社会党への期待は薄かった。政権構想研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 新党みらい

    新党みらいから見た細川護煕細川護熙

    細川護煕首相が辞意を表明し、後継首相をめぐって事態が混迷する中、1994年(平成6年)4月15日、自民党・清和会の鹿野道彦、北川正恭、佐藤敬夫、坂本剛二、増子輝彦の衆議院議員5名が、新生党を中心とする勢力と自民党との間に位置する第三勢力を目指して離党。18日に「新党みらい」を結成し、代表には鹿野が就任した。新党みらい フレッシュアイペディアより)

  • 岩垂寿喜男

    岩垂寿喜男から見た細川護煕細川護熙

    1993年、社会党惨敗後の特別国会の首班指名選挙では、日本新党の細川護煕ではなく山花貞夫社会党委員長に投票した。また細川内閣が成立をめざした政治改革四法案にも党議拘束に反して反対票を投じ、党規違反で3ヶ月間の党活動禁止処分を受ける。細川内閣退陣後、社会党は羽田内閣で閣外協力に転じ、岩垂は自社さ連立政権の樹立を推進した。岩垂寿喜男 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た細川護熙細川護熙

    当初の政党名は日本、略称は新党日本であったが、総務省より「略称の方が長いのはおかしい」と注意を受けたため、2005年8月27日に政党名を新党日本、略称を日本にそれぞれ変更した。かつて存在した日本新党(1992年に細川護熙によって結党された政党)は、名称こそ類似しているものの全く関連性は無い。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • イエローカード (テレビドラマ)

    イエローカード (テレビドラマ)から見た細川護熙細川護熙

    1993年8月6日の放送時には、鹿児島市周辺で未曽有の大水害が発生した。その為、地元のTBS系列局・南日本放送は当ドラマの放送を中止し、独自の報道特別番組に切り替えた(当ドラマの振替放送が行われたかどうかについては不明)。しかし、この日は細川護熙の総理就任に伴い既にJNN全体で特別報道体制が敷かれていた為、地元住民の中には災害情報へ中々切り替わらない放送に対し不満が続出した事が、当時の回顧録に挙げられている。詳しくは「平成5年8月豪雨」を参照。イエローカード (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 福森雅武

    福森雅武から見た細川護熙細川護熙

    伝統を重んじ、土も釉薬も伊賀焼本来の伊賀の土であり、型押しの製品がほとんどを占める中、ろくろによる手造りを頑なに守り続けている。伊賀焼の陶土は、約400万年前まで琵琶湖の湖底だった地層から採れ、熱に強いという特徴があると言われる。器は、「日々愛用され、空気のようにそこにある」「時間を吸収し、表情を変えていく」「前に出ず、後ろに下がらず」「使えば料理とともに引き立てあう」をモットーにしている。土楽窯では、職人が福森考案の土鍋・食器を製作している。土楽窯の代表的な作品は、「黒鍋」「文福鍋」などがある。細川護熙の長男・細川護光は福森の弟子である。福森雅武 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地正彦

    菊地正彦から見た細川護熙細川護熙

    1992年、細川護熙(第79代 内閣総理大臣)が結成した日本新党へ入党。1993年、日本新党の公認候補として東京都議会議員選挙(港区選出)に初出馬でトップ当選を果たし、日本新党が東京都議会の第3勢力に躍り出る原動力となる。自衛隊出身元空将の田村秀昭(元参議院議員)が主宰する「新しい志の会」事務局長を務め、1995年には政策勉強会として立ち上げた政策グループ『「港区の元気」と仲間たち』 を主宰。菊地正彦 フレッシュアイペディアより)

  • 細川立孝

    細川立孝から見た細川護熙細川護熙

    兄の忠利の子孫である肥後細川氏の嫡流は細川治年で途絶え、立孝の子孫が宇土藩から熊本藩に入って本家を継いだため、熊本藩9代藩主細川斉茲から現在の当主細川護熙(元首相)までの歴代当主は立孝の子孫である。細川立孝 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の政治

    1993年の政治から見た細川護煕細川護熙

    日本新党代表の細川護煕、総選挙後に新党さきがけとの合流、新・新党の結成を目指すことを表明。1993年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の政治

    1994年の政治から見た細川護熙細川護熙

    1月29日 - 細川護熙首相と河野洋平自由民主党総裁、トップ会談で小選挙区300、比例代表(地域ブロック)200で合意。1994年の政治 フレッシュアイペディアより)

310件中 41 - 50件表示

「細川護熙」のニューストピックワード