255件中 41 - 50件表示
  • 宮澤内閣 (改造)

    宮澤内閣 (改造)から見た細川護煕細川護熙

    7月18日投開票の第40回衆議院議員総選挙で、自民党は政治改革の頓挫や新党ブームのために単独過半数を大きく割り込んだものの選挙前勢力を維持しており、梶山幹事長が「これで宮澤に辞めてもらえれば万々歳ですな」と漏らすなど執行部には連立工作を楽観視するムードさえあった。ところが翌日の代議士会では執行部批判が相次ぎ、また小泉郵政大臣が内閣の即時総辞職を求めて辞任するという事態まで生じた(7月20日)。自民党は武村の自治省時代の先輩・後藤田を後継の総理総裁とすることによって新党さきがけ・日本新党との連立政権を模索したものの、後藤田の固辞によって不調に終わった。宮澤は政権維持の不可能を悟って、7月30日にまず後継の自民党総裁を河野洋平にバトンタッチ。総選挙を受けて召集された特別国会において細川護煕首班・非自民7党1会派の新政権発足が決定した8月9日、宮澤改造内閣は総辞職し、1955年(昭和30年)の保守合同以来の自民党長期連続政権に終止符が打たれた。宮澤内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 石井紘基

    石井紘基から見た細川護熙細川護熙

    1993年、第40回衆議院議員総選挙で日本新党から旧東京3区にて立候補し、初当選(同区で無所属・新生党推薦栗本慎一郎も初当選)。以後通算当選3回。1994年、羽田内閣において総務政務次官に就任。自社さ連立政権時代に国民会計検査院を創設し代表を務める。日本新党で初当選しながら細川護熙と袂を分かち、新進党結党には参加せず、栗本が代表幹事たる自由連合結成参加し自民党と会派組み、栗本・大内啓伍・柿沢弘治・佐藤静雄_(衆議院議員)が自民党移籍後に一時的に代表就任し1996年1月かつて自身が秘書として仕えた江田三郎の岡山県第2区_(中選挙区)での対立候補だった自民党総裁橋本龍太郎支持し同じ与党の新党さきがけ移籍を経て1996年、民主党の結党に参加。石井紘基 フレッシュアイペディアより)

  • 二見伸明

    二見伸明から見た細川護煕細川護熙

    1994年4月 細川護煕首相が辞任し羽田内閣の発足で運輸大臣に就任。しかし2ヶ月で羽田内閣は総辞職。12月に公明新党を経て新進党結成に参加し、1997年11月の新進党党首選では小沢一郎党首を支持し再選させた。12月に新進党が解党すると、旧公明党出身ながら権藤恒夫らと共に小沢支持を鮮明にして、小沢と距離を置いていた神崎武法らのグル?プを牽制。二見らは翌1998年1月に小沢が中心となって結成した自由党に参加し、二見は総務委員長に就任した。同年11月には公明党が再結成されるも、権藤・東祥三らと共に自由党に残留した。二見伸明 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎

    内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎から見た細川護熙細川護熙

    モデルは安倍晋三。失脚後のモデルは細川護熙内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎 フレッシュアイペディアより)

  • フォーリン・アフェアーズ

    フォーリン・アフェアーズから見た細川護煕細川護熙

    細川護煕(内閣総理大臣)フォーリン・アフェアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 平野貞夫

    平野貞夫から見た細川護煕細川護熙

    小沢が実質的なプロモーター、細川護煕日本新党代表が首班、羽田が副総理の政治改革政権で官房長官務めた武村正義を「官房長官就任したその日から(党籍離脱、無所属を余儀なくされたとはいえ)最大野党・自民党の最高実力者の竹下登と反小沢で内通し倒閣(自社さ連立政権樹立)を企てていた」と証言。武村が党首だった新党さきがけから旧民主党、さらに現在の民主党に至った菅直人・枝野幸男にも武村同様、厳しい批判をしている。また新党さきがけの理論的支柱であった田中秀征を「頭の悪い宮沢喜一」、消費税増税を唱える藤井裕久を「消費増税依存・認知症患者」と批判している。平野貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山岸章

    山岸章から見た細川護熙細川護熙

    しかし、細川護熙首相は1994年に辞任し、羽田内閣が成立した。山岸は、社会党を追い詰めないよう、羽田孜首相に進言したが、社会党以外の連立与党が新会派「改新」を結成し、露骨に社会党はずしの姿勢を見せたため、社会党は連立を離脱した。山岸は、羽田首相に対しては、首相以外の大臣総入れ替え、社会党に対しては連立復帰を促した。しかし、山岸の外遊中に、社会党の村山、野坂等村山グループは自民党に働きかけて、村山富市を首班とする内閣を成立させてしまった。背景には連合内部における派閥対立があったとされている。山岸章 フレッシュアイペディアより)

  • 三木内閣

    三木内閣から見た細川護熙細川護熙

    梶木又三: - 1974年12月12日 /細川護熙:1975年12月26日 -三木内閣 フレッシュアイペディアより)

  • フロム・ファイブ

    フロム・ファイブから見た細川護熙細川護熙

    新進党分党以前に離党していた旧日本新党の細川護熙が代表となり、細川と同じく新進党を離党していた樽床伸二、上田清司、円より子と、自由連合が党名変更した「自由の会」唯一の国会議員だった江本孟紀の5名(衆院3名・参院2名)で結成された。法律上は、自由の会の名称変更という形をとった。フロム・ファイブ フレッシュアイペディアより)

  • 赤松良子

    赤松良子から見た細川護熙細川護熙

    労働省婦人局長時代、男女雇用機会均等法制定の中核となった。細川護熙、羽田孜両内閣で文部大臣を務めた。赤松良子 フレッシュアイペディアより)

255件中 41 - 50件表示

「細川護熙」のニューストピックワード