310件中 51 - 60件表示
  • 神崎武法

    神崎武法から見た細川護煕細川護熙

    1993年、公明党を含む非自民8党派が参加した細川内閣で郵政大臣に任命され、初入閣を果たした。1994年、内閣総理大臣細川護煕の辞任により細川内閣は総辞職し、神崎も郵政大臣を退任。羽田内閣で入閣した森本晃司に代わり、党国会対策委員長に就任した。公明党解党により、公明新党を経て、1994年末の新進党結党に参加する。神崎武法 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護立

    細川護立から見た細川護熙細川護熙

    夫人は池田詮政の長女博子、子は一男三女。男子が近衞文麿の下で内閣総理大臣秘書官を務め、父同様に美術愛好家として知られた細川護貞。内閣総理大臣などを務めた細川護熙と、近衛家当主の近衞忠煇、表千家の千宗左(14代)夫人・明子は護貞の子で、護立の孫にあたる。徳川宗家18代当主である徳川恒孝の夫人幸子は外孫の一人。鍋島直大は伯父、津軽承昭は叔父にあたる。堀田正恒は従兄弟。細川護立 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡小十

    西岡小十から見た細川護熙細川護熙

    2003年 86歳 日本橋三越にて「西岡小十と八人(今藤長十郎・加藤淡斎・小杉小二郎・小松原まさし・橘宗義・西山松之助・細川護熙・薮内紹智)展」開催。西岡小十 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人日本体育大学

    学校法人日本体育大学から見た細川護熙細川護熙

    理事会のメンバーには、文部科学副大臣を務めた理事長の松浪健四郎をはじめ、国家公安委員会委員長などを歴任した泉信也、文部科学副大臣を務めた馳浩、内閣総理大臣などを歴任した細川護熙の妻である細川佳代子など、政治家やその縁者も名を連ねている。学校法人日本体育大学 フレッシュアイペディアより)

  • 都民のハートに火をつける会

    都民のハートに火をつける会から見た細川護熙細川護熙

    旧称は「浅野史郎さんのハートに火をつける会」であり、民主党からの出馬要請を固辞していた浅野に翻意を促すため結成された団体であった。2月16日に東京都で「浅野さんラブコールの市民集会」を開催した時点での呼びかけ人は五十嵐敬喜(法政大学教授・菅直人民主党代表代行のブレーンでもある)、小川明雄(元朝日新聞論説委員)、横田克巳(NPO代表)、上原公子(国立市長)、天野礼子(アウトドアライター)、渡辺光子(元宮城県環境生活部次長)、細川佳代子(細川護熙元首相の夫人)、小枝すみ子(千代田区議)の8人。のちに梅原猛、なだいなだ、湯川れい子、川田龍平、是枝裕和らも呼びかけ人に加わっている。都民のハートに火をつける会 フレッシュアイペディアより)

  • 清泉小学校

    清泉小学校から見た細川護煕細川護熙

    細川護煕 - 第79代内閣総理大臣 清泉小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本新党繰上補充事件

    日本新党繰上補充事件から見た細川護熙細川護熙

    その後、同年7月18日施行の第40回衆議院議員総選挙の選挙において、1992年の参院選比例区で日本新党候補として第1位と第2位でそれぞれ当選していた細川護熙と小池百合子が衆議選立候補のために失職したが、松崎は除名によって比例名簿から除外されていたため、名簿掲載第6位の小島慶三、第7位の円より子が繰り上げ当選する。日本新党繰上補充事件 フレッシュアイペディアより)

  • 高野澄

    高野澄から見た細川護煕細川護熙

    細川護煕家の謎 徳間オリオン 1994高野澄 フレッシュアイペディアより)

  • 早野透

    早野透から見た細川護煕細川護熙

    『大政変 同時進行分析 細川・羽田「リレー政権」の航跡』(1994年、東洋経済新報社) - 共著:内田健三、曽根泰教早野透 フレッシュアイペディアより)

  • 自由党 (日本 1994)

    自由党 (日本 1994)から見た細川護熙細川護熙

    細川護熙を首班とした政治改革政権が終焉の時を迎え、後継総理として野党第1党・自民党の渡辺美智雄を擁立しようという動きに伴い、渡辺の側近であった柿澤弘治、太田誠一、新井将敬、佐藤静雄、山本拓、米田建三の6人が先行して自民党を離党、無所属・無会派ながら前年の首班指名選挙では細川ではなく自民党総裁の河野洋平を支持した(後の山本の妻)高市早苗を加えた7人の代議士で結成した政党。(新井・高市は前年新党さきがけ参加を断られた共通点が有る)自由党 (日本 1994) フレッシュアイペディアより)

310件中 51 - 60件表示

「細川護熙」のニューストピックワード