255件中 51 - 60件表示
  • 今井宏 (政治家)

    今井宏 (政治家)から見た細川護煕細川護熙

    1993年、第40回衆議院議員総選挙に旧埼玉県第1区から日本新党公認で出馬。細川護煕元熊本県知事が率いる日本新党はこの選挙で一気に35議席を獲得し、今井も新党ブームに乗って旧埼玉1区でトップ当選を果たす。1994年、新進党結成に参加。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では同党公認で埼玉県第3区から出馬し、当選した。今井宏 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 通産省4人組事件

    通産省4人組事件から見た細川護煕細川護熙

    1993年7月に行われた第40回衆議院議員総選挙の結果、自由民主党は野党に転落し、同年8月に発足した細川護煕率いる連立政権・細川内閣では、新生党所属で小沢一郎に近い熊谷弘が通産相に就任した。通産省では、1993年6月に棚橋祐治事務次官が退任した後、棚橋を批判する怪文書が関係者にばら撒かれていた。通産省4人組事件 フレッシュアイペディアより)

  • 菅孝行

    菅孝行から見た細川護煕細川護熙

    学習院高等科の同級生に細川護煕(元首相)がいる。菅孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 見城 美枝子

    見城美枝子から見た細川護煕細川護熙

    1995年新人代議士で地域政党「東京市民21」代表委員海江田万里に担ぎ出され第17回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から無所属で立候補、横路孝弘・二院クラブ・生活者ネットからも支援を受けたが定数4のところ6位と大敗を喫する。(次点は新党さきがけ新人中村敦夫。実は海江田の前所属政党日本新党の党首だった細川護煕も、海江田が結党に参加しなかった新進党の新人候補として擁立すべく見城に接触した。)見城美枝子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野忠克

    佐野忠克から見た細川護熙細川護熙

    1993年(平成5年)8月 - 総理府 細川護熙内閣総理大臣秘書官(事務担当)佐野忠克 フレッシュアイペディアより)

  • 国民の声

    国民の声から見た細川護熙細川護熙

    1月8日 - 国民の声、フロム・ファイブ(細川護熙)、自民党系反小沢派の太陽党(羽田孜)、旧民主党、新党友愛、民主改革連合で院内会派「民主友愛太陽国民連合」(民友連)結成。国民の声 フレッシュアイペディアより)

  • 地方の時代

    地方の時代から見た細川護煕細川護熙

    このあと、地方の時代は進展を見せなかった。1980年代の財政再建路線により地方への財政資金フローが減少、地方からの人口流出が再び激しくなり、大都市圏と地方圏との格差が拡大した。この状況をとらえ、平松守彦・大分県知事は「地方試練の時代」、細川護煕・熊本県知事は「地方反乱の時代」と呼んだ。細川は熊本県の「日本一づくり運動」を推進、『雛の論理』(岩國哲人との共著)も著した。地方からの異議申し立て、独自施策が脚光を浴びた。この時期が地方が一番輝いていた時期といえるかも知れない。地方の時代 フレッシュアイペディアより)

  • ミカド珈琲商会

    ミカド珈琲商会から見た細川護熙細川護熙

    1976年から1979年にかけて、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの夫妻がしばしば軽井沢旧道店を訪れた。夫妻は万平ホテルを定宿としており、オノ・ヨーコの実家の別荘も軽井沢にあったためで、フレンチローストの豆を好んで購入した。細川護熙、戸川昌子、柴田錬三郎もしばしばこの店を訪れた。ミカド珈琲商会 フレッシュアイペディアより)

  • 長沢純

    長沢純から見た細川護熙細川護熙

    芸能界、スポーツ界、政財界に幅広い人脈を持っている。ソビエト連邦初代大統領ミハイル・ゴルバチョフ、第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントン、石原慎太郎東京都知事、細川佳代子(第79代内閣総理大臣細川護熙夫人)などと親交がある。長沢純 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡満寿男

    松岡満寿男から見た細川護煕細川護熙

    1993年の衆院選旧山口2区(定数5)から無所属・日本新党推薦で立候補、トップ当選。細川護煕代表の側近として党代表幹事で活躍したが、小選挙区制になった1996年の改選では山口2区で親戚筋の自民党佐藤信二に僅差で敗れた。松岡満寿男 フレッシュアイペディアより)

255件中 51 - 60件表示

「細川護熙」のニューストピックワード