255件中 61 - 70件表示
  • 上坂冬子

    上坂冬子から見た細川護熙細川護熙

    河野談話に関して1993年9月2日の『産経新聞』朝刊「正論」欄に寄稿。同年8月23日に細川護熙首相が述べた、「日本が侵略戦争を行った」という発言に関して「何と粗雑にして迂闊な発言であろうか」と批判し、それとの比較で宮澤改造内閣の河野洋平内閣官房長官の従軍慰安婦に関する談話を引き合いに出して「近年、稀にみる名文といってよい。相手方のささくれ立った気をしずめ、同時にこちらとして外せないポイントだけはさりげなく押さえて、見事な和解にこぎつけている」と評価した。上坂冬子 フレッシュアイペディアより)

  • 古川利明

    古川利明から見た細川護煕細川護熙

    1988年4月、毎日新聞社に入社する。大阪本社社会部などに勤務する。1991年には、情緒障害児更生施設で起きた監禁致死事件の『風の子学園事件』を取材し、『追いつめられた子どもたち−検証・風の子学園事件』を、「毎日新聞姫路支局」で出版する。1994年には、細川護煕の総理番記者となったこともある。1994年8月に、毎日新聞社を退社する。古川利明 フレッシュアイペディアより)

  • 皇別

    皇別から見た細川護熙細川護熙

    細川護熙(1938年- ) (清和天皇の子孫、清和源氏分流足利家分流細川家)皇別 フレッシュアイペディアより)

  • 民主中道

    民主中道から見た細川護熙細川護熙

    現在の民主党は、1998年4月、院内会派「民主友愛太陽国民連合」(民友連)に参加していた旧民主党・民政党・新党友愛・民主改革連合が合流して結成されたが、その際、旧民主党が基本理念として「中道左派」を唱え、民政党が「保守中道」(中道右派)を主張して反発し、意見が対立した。そこで新党の旗振り役であった細川護熙元首相の進言した民主中道が、基本理念として用いられる事となった。民主中道 フレッシュアイペディアより)

  • 池田詮政

    池田詮政から見た細川護煕細川護熙

    備前国岡山藩の最後の藩主で、明治維新後に池田宗家を継承した池田章政の次男。長女は、細川護立(元首相細川護煕の祖父)の妻細川博子。孫は、昭和天皇の四女池田厚子(順宮厚子内親王)の夫池田隆政。池田詮政 フレッシュアイペディアより)

  • 石田幸四郎

    石田幸四郎から見た細川護熙細川護熙

    1994年4月、首相の細川護熙の辞任により羽田内閣が発足し、総務庁長官を留任する。1994年6月、羽田内閣は総辞職し、自民党が社会党委員長の村山富市を首班とした村山内閣を成立させた。石田幸四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 知るを楽しむ

    知るを楽しむから見た細川護煕細川護熙

    2007年10月 「白洲正子・目利きの肖像」 細川護煕知るを楽しむ フレッシュアイペディアより)

  • 知るを楽しむ

    知るを楽しむから見た細川護熙細川護熙

    2006年2月 「目利きの肖像・白洲正子」細川護熙知るを楽しむ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県選挙区

    熊本県選挙区から見た細川護煕細川護熙

    細川護煕(1977年、自由民主党)熊本県選挙区 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の政治

    1994年の政治から見た細川護熙細川護熙

    1月29日 - 細川護熙首相と河野洋平自由民主党総裁、トップ会談で小選挙区300、比例代表(地域ブロック)200で合意。1994年の政治 フレッシュアイペディアより)

255件中 61 - 70件表示

「細川護熙」のニューストピックワード