310件中 61 - 70件表示
  • 三ヶ月章

    三ヶ月章から見た細川護煕細川護熙

    1993年、細川護煕内閣で民間から法務大臣として入閣した。民間から入閣した背景には、当時、前建設大臣の中村喜四郎を筆頭に中央地方を巻き込んだゼネコン汚職事件が大きな問題となっていたことから指揮権をもつ法相ポストを議員が敬遠していたという事情があった。法務省、細川首相とも、疑惑捜査に対し政治的な圧力を排除する姿勢を打ち出す意味でも民間人からの入閣を当初から検討し、複数の元最高裁判事に就任を打診していたが、固辞されたため学者出身の三ヶ月就任という形に落ち着いた。就任に際し、指揮権について「一般的な指揮権はあるが個々の問題についてはないと考えるのが伝統的。法相が検察に容喙することは適当でない」という見解を示した。三ヶ月章 フレッシュアイペディアより)

  • 中選挙区制

    中選挙区制から見た細川護熙細川護熙

    こうした状況を踏まえ、2011年に渡部恒三や加藤紘一を世話人とする「衆院選挙制度の抜本改革を目指す議員連盟」が発足した。同連盟は中選挙区制(大選挙区非移譲式単記制)を復活を目指すものとされ、この議員連盟の会合において、河野洋平前衆議院議長は、かつて自民党総裁時代に野党党首として小選挙区比例代表並立制の導入に協力したことについて「率直に不明をわびる気持ちだ。状況認識が正しくなかった」と発言した。また、小選挙区比例代表並立制は妥協の産物であり、細川護熙と同様、当時から中選挙区制限連記制を支持していたという。小選挙区比例代表並立制の採決の際の造反議員を処分した日本社会党(現・社会民主党)は、2006年に処分された議員の名誉回復をおこなった。中選挙区制 フレッシュアイペディアより)

  • 近衛やす子

    近衛やす子から見た細川護熙細川護熙

    実の弟?仁親王の妃信子は内閣総理大臣経験者の麻生太郎の妹であるが、夫の実兄である細川護熙もまた内閣総理大臣経験者である。また、実の妹である千容子は裏千家宗家16世千宗室の妻であるが、一方で夫の妹千明子は表千家宗家14世千宗左の妻である。近衛やす子 フレッシュアイペディアより)

  • 半田善三

    半田善三から見た細川護煕細川護熙

    1977年、早稲田大学教育学部卒業。在学中は「ワセダ一生」名義でタレント活動、放送作家活動、アメリカ遊学を行うとともに、早稲田精神昂揚会に所属。卒業まで8年間在籍した。同年、当時参議院議員だった細川護煕の秘書を務める。半田善三 フレッシュアイペディアより)

  • 美の壺

    美の壺から見た細川護煕細川護熙

    細川護煕(「肥後象がん」2016年11月4日)美の壺 フレッシュアイペディアより)

  • 古川利明

    古川利明から見た細川護煕細川護熙

    1994年、細川護煕の総理番記者となる。同年8月、毎日新聞社を退社。1996年1月、東京新聞(中日新聞東京本社)に入社。古川利明 フレッシュアイペディアより)

  • 高見裕一

    高見裕一から見た細川護煕細川護熙

    1993年、第40回衆議院議員総選挙に日本新党公認で旧兵庫県第1区(定数5)から出馬。細川護煕元熊本県知事による日本新党結党に端を発した新党ブームに乗り、得票数は最下位ながら初当選を果たした。翌1994年5月、高見、前原誠司、枝野幸男、荒井聰の4人が日本新党を離党し、院内会派「民主の風」を結成。同年6月の内閣総理大臣指名選挙では、新生党や日本新党ほか旧連立与党側が擁立した海部俊樹元首相ではなく、村山富市日本社会党委員長を支持。村山が首相に選出され、自社さ連立政権が発足。同年7月、民主の風は新党さきがけに合流した。高見裕一 フレッシュアイペディアより)

  • 大出俊 (政治家)

    大出俊 (政治家)から見た細川護煕細川護熙

    1993年に発足した細川連立政権下では、与党の一角をなす社会党所属の議員ながら内閣総理大臣の細川護煕らが提唱する小選挙区制の導入に反対し、日本社会党委員長の村山富市を支持。細川内閣退陣後、羽田内閣で社会党が連立を離脱して以降は、自社さ連立政権の樹立を画策した。1994年、村山内閣で郵政大臣に任命され、初入閣。1996年の第41回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界を引退した。2001年に死去。大出俊 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 福島譲二

    福島譲二から見た細川護煕細川護熙

    1991年、細川護煕知事の引退を受けて熊本県知事選に出馬し初当選、官僚出身らしい手堅い行政手腕を発揮し1997年に世界男子ハンドボール選手権、1999年に国民体育大会(くまもと未来国体)を開催した。しかし3期目途中の2000年2月25日、旅先で入浴中に急逝した。。福島譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 立木洋

    立木洋から見た細川護熙細川護熙

    1974年の参院選に初当選以来、参院議員を5期連続で務めるも、2000年12月に体調不良のため引退を表明。議員時代は党国際部長や副議長などを歴任、細川、村山両政権下で農産物の輸入自由化問題が浮上した際には、国内農業を保護する立場から反対の論陣を張った。立木洋 フレッシュアイペディアより)

310件中 61 - 70件表示

「細川護熙」のニューストピックワード