255件中 71 - 80件表示
  • 嘘つき解散

    嘘つき解散から見た細川護煕細川護熙

    7月18日 衆議院議員総選挙。自民党は過半数を回復できず。新生党、新党さきがけ及び前年に細川護煕が結成した日本新党の保守3新党が躍進した。社会党は歴史的大敗。嘘つき解散 フレッシュアイペディアより)

  • 香山健一

    香山健一から見た細川護熙細川護熙

    1992年5月に、元熊本県知事であった細川護熙が雑誌『文藝春秋』に「『自由社会連合』結党宣言」を発表したが、その結党宣言は香山が代筆したとされる。細川は後に公募で新党の党名を「自由社会連合」から「日本新党」に改めて結党、1993年の第40回衆議院議員総選挙で35議席を獲得し、細川は第79代内閣総理大臣に就任した。香山健一 フレッシュアイペディアより)

  • 自由党 (日本 1994)

    自由党 (日本 1994)から見た細川護熙細川護熙

    細川護熙を首班とした政治改革政権が終焉の時を迎え、後継総理として野党第1党・自民党の渡辺美智雄を擁立しようという動きに伴い、渡辺の側近であった柿澤弘治、太田誠一、新井将敬、佐藤静雄、山本拓、米田建三の6人が先行して自民党を離党、無所属ながら首班指名選挙では自民党総裁の河野洋平を支持した(後の山本の妻)高市早苗を加えた7人の代議士で結成した政党。(新井・高市は前年新党さきがけ参加を断られた共通点が有る)自由党 (日本 1994) フレッシュアイペディアより)

  • 田中昭一 (熊本県の政治家)

    田中昭一 (熊本県の政治家)から見た細川護煕細川護熙

    10月-第41回衆議院議員総選挙熊本1区に出馬するも、新進党の元首相細川護煕にで敗れ、落選した。田中昭一 (熊本県の政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤正孝

    伊藤正孝から見た細川護熙細川護熙

    朝日新聞では、鹿児島支局、福岡支局社会部、1969年、東京本社社会部、1970年、アフリカ特派員、1972年、東京本社政治部、1977年、ダルエスサラーム特派員、1980年、カイロ特派員などを務める。東京本社社会部時代には欠陥車問題を暴露し、アフリカでは、ビアフラ戦争や南アフリカの人種差別問題を精力的に取材し報道している。なお、鹿児島支局時代には、後に首相となる細川護熙と同僚であり、その後も細川との親交は生涯続いている。カイロ特派員時代には、小池百合子をアルバイトで雇っており、後に小池を朝日ジャーナルにも寄稿させ世に出している。また、1992年7月の第16回参議院議員通常選挙で、小池は細川護熙が代表を務める日本新党から立候補し初当選を果たしたが、小池を細川に推薦したのは伊藤であった。伊藤正孝 フレッシュアイペディアより)

  • くまもとアートポリス

    くまもとアートポリスから見た細川護煕細川護熙

    当時知事を務めていた細川護煕は、高度経済成長によって画一的になってしまった日本の町並みを反省し「熊本らしい田園文化圏の創造」を目標として掲げ、後世に残し得る文化を熊本県で実現させることを目指していた。1987年に西ドイツで開催されていたベルリンIBA(国際建築展、国際建設展覧会)を視察したことにヒントを得て、建築をはじめとする環境デザイン全般に対する意識、都市文化・建築文化の向上を図ることを目的としてはじめたプロジェクトである。くまもとアートポリス フレッシュアイペディアより)

  • 唐沢俊二郎

    唐沢俊二郎から見た細川護熙細川護熙

    選挙後、亀戸支店次長となり、銀行マンとしての生活に戻ったが、選挙区の後援会によって、俊樹の後継に擁立される。更に政界入りを勧めたのが中曽根康弘である。俊樹は中曽根派(新政同志会)の顧問であった。1969年、第32回衆議院議員総選挙に旧長野4区から立候補し、最下位ながら当選を果たす。以後、当選9回。自民党では、中曽根?渡辺美智雄派に所属する。1975年、三木内閣の大蔵政務次官に就任する。参議院からは細川護熙が就任した。1976年、福田赳夫内閣の文部政務次官に就任。文部政務次官時代に埼玉県浦和市(現:さいたま市)で越境入学が問題になり、テレビに出演した際、越境入学は良くないと力説したところ、すかさず司会者に「政務次官も小学校のころ、越境入学しておられましたね」と言われて返事に詰まったエピソードがある。唐沢俊二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田邊誠

    田邊誠から見た細川護熙細川護熙

    1993年、細川護熙連立政権が誕生すると、連合の山岸章会長は田邊を衆議院議長に推したが、新生党の小沢一郎らは左派の発言力封じのために土井を議長に推し、田邊議長は実現しなかった。それでも、田邊は右派の中心人物として新生党らとの非自民連立政権維持を説いてまわった。そのため、自民党との連立を選んだ村山富市内閣とは距離を置き、1996年9月には社会党の後身である社民党を離党し、民主党設立委員会に参加した。1996年総選挙には立候補せず、政界引退。2005年2月に民主党群馬県連常任顧問に就任した。田邊誠 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島幸永

    飯島幸永から見た細川護熙細川護熙

    2003年(平成15年) 「週刊文春」連載・細川護熙の「ことばを旅する」の写真を担当。飯島幸永 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤茂

    伊藤茂から見た細川護煕細川護熙

    1993年、宮澤改造内閣への内閣不信任決議案可決により実施された第40回衆議院議員総選挙では、社会党は獲得議席70の惨敗に終わるものの自民党も過半数を割り込み、非自民・非共産8党派による細川連立政権が発足。伊藤は細川内閣で運輸大臣に就任した。翌1994年4月、金銭スキャンダルで追い込まれた細川護煕首相が電撃辞任し、伊藤も運輸大臣を退任。伊藤茂 フレッシュアイペディアより)

255件中 71 - 80件表示

「細川護熙」のニューストピックワード