255件中 81 - 90件表示
  • 矢田部理

    矢田部理から見た細川護煕細川護熙

    1994年、社会党が与党して参加した細川護煕内閣が政治改革関連諸法案を上程し、社会党も公職選挙法改正賛成を決定したのに際し、矢田部はそれまで社会党が抵抗してきた小選挙区制の導入が含まれると反対して参議院本会議採決で反対票を投じ、処分された。続いて、社会党が自民党・新党さきがけとの連立を組んで村山富市委員長が首相になったのを受けて、従来の基本方針を転換して日米安保条約を容認し自衛隊を合憲と規定し、次いで1996年1月から社会民主党への党名改称を決めると、党名改称直前の1996年1月1日に小森龍邦らと共に離党を宣言し(党は離党届を受理せず除名処分を下した)、新社会党を結党して初代委員長となった。矢田部理 フレッシュアイペディアより)

  • 日米核持ち込み問題

    日米核持ち込み問題から見た細川護熙細川護熙

    それ以降の歴代内閣は非核三原則の厳守を表明しており、非自民首相であった細川護熙、羽田孜、村山富市も非核三原則の遵守を表明していた。日米核持ち込み問題 フレッシュアイペディアより)

  • 宮内義彦

    宮内義彦から見た細川護煕細川護熙

    豊かな暮らし部会(1991年 部会長は細川護煕元首相)宮内義彦 フレッシュアイペディアより)

  • ワン・ワン・ライス

    ワン・ワン・ライスから見た細川護煕細川護熙

    平成5年(1993年)、自民党最大派閥の竹下派の内部対立から始まった権力闘争の結果、小沢・羽田孜らは竹下派から離脱して羽田派を結成し「政治改革」を唱えて自民党を離党、新生党を結成した。新生党は社会・公明・民社と連立政権樹立で合意し、細川護煕率いる日本新党・武村正義が代表の新党さきがけを取り込んで非自民・非共産連立政権の細川内閣が発足した。ワン・ワン・ライス フレッシュアイペディアより)

  • 細川佳代子

    細川佳代子から見た細川護煕細川護熙

    細川 佳代子(ほそかわ かよこ、1942年 - )は神奈川県藤沢市出身の元内閣総理大臣細川護煕夫人である。認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本名誉会長である。細川佳代子 フレッシュアイペディアより)

  • 民主友愛太陽国民連合

    民主友愛太陽国民連合から見た細川護煕細川護熙

    しかし、第18回参院選を臨むには統一会派ではやはり限界があり、統一新党の結成を目指す動きが活発になった。そのため細川護煕が新党準備委員会議長に就任して各党と折衝を行った。民主友愛太陽国民連合 フレッシュアイペディアより)

  • 東京佐川急便事件

    東京佐川急便事件から見た細川護煕細川護熙

    しかし小沢・武村らと気脈を通じた細川護煕(旧田中派出身)率いる日本新党が候補者を大量擁立し、新生党・新党さきがけに同調したことなどにより日本新党を中心とした「新党ブーム」が起こり、一部マスコミの扇動的な報道や、小沢の疑惑を追及しないとする意図的な情報操作もあり世間の趨勢は「自民党が悪い」「政権交代を」という雰囲気に流れた。結果、自民党は過半数を獲得できず野党に転落。また社会党は支援団体の連合の方針転換(左派議員を支援しない)や上野建一衆議院議員の辞職(1992年3月、ゴルフ場開発会社からの不明朗な資金提供疑惑のため引責辞職。のち離党し新社会党書記長)も重なり、55年体制成立以来最低の70議席と惨敗。それに対し日本新党・新生党・新党さきがけが躍進、宮澤喜一内閣は総辞職、8政党・会派連立による細川内閣が成立し、ここに1955年の鳩山一郎内閣から38年の長きに渡り続いた55年体制は幕を閉じた。東京佐川急便事件を契機として55年体制は崩壊、政界再編は実現した形となったが、事件の渦中にあった小沢ら経世会出身者が中心勢力となった新生党が総選挙後細川内閣の主導権を握り、羽田、藤井ら同党議員5名が外務大臣・大蔵大臣・通商産業大臣・農林水産大臣・防衛庁長官の重要閣僚ポストを得て入閣、さきがけは「隠れ竹下派」と言われた武村が内閣官房長官、経世会出身の鳩山由紀夫が内閣官房副長官となり、首相の側近ポストを占めて首相官邸を掌握、「政権交代」とはいうものの実際には旧田中派人脈に連なる政治家達が実権を握る政権となった。また社会党は選挙敗北にも拘らず細川内閣の与党となり、連立与党中最多の6名の閣僚を送り出した。こうした情勢変化の結果、以後この事件の政界ルートの真相追及はなされぬまま終わった。東京佐川急便事件 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺昭夫

    渡辺昭夫から見た細川護煕細川護熙

    1970年代より防衛庁・外務省のブレーントラストとして活動。1994年2月、細川護煕内閣期に設置された防衛問題懇談会(座長樋口廣太郎)の主要メンバーとして、同年8月にいわゆる「樋口レポート(『日本の安全保障と防衛力のあり方――21世紀へ向けての展望』)」を作成、その後の日米安全保障再定義(再確認)の動きに日本側から影響を与えた。照屋寛徳参議院議員が提起して内閣府が担当して始められた沖縄戦資料収集懇談会では、会長として資料収集方針を取りまとめた。渡辺昭夫 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の政治

    1993年の政治から見た細川護煕細川護熙

    日本新党代表の細川護煕、総選挙後に新党さきがけとの合流、新・新党の結成を目指すことを表明。1993年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た細川護煕細川護熙

    これは1994年2月2日深夜に細川護煕首相自らテレビで発表したもので、消費税を3%から7%に増税、使途も福祉目的とするものであった。名称も国民世論の反発も考慮した細川政権を支えた当時の非自民各党の意向を踏まえたものであったが、国際貢献税、国民福祉税両方とも、大蔵省の裁量による増税が可能だったことも手伝って内外から強い反撥を浴びて撤回となった。このような強引な政治手法は閣僚からも批判され、国民福祉税では武村正義官房長官など連立政権内部での合意が得られてなかったことから、その後の細川連立政権崩壊の引き金となった。一方で、大蔵省では「10年に1人の大物次官」と呼ばれた。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

255件中 81 - 90件表示

「細川護熙」のニューストピックワード