264件中 91 - 100件表示
  • 細川護熙

    細川護熙から見た記者クラブ

    清泉女学院小学校から栄光学園中学校、学習院高等科卒業。学習院高等科での同級生に菅孝行がいる。大学入試では京都大学を受験するが失敗。一浪して再び京大を受験するがまたも失敗し、上智大学法学部を卒業後、朝日新聞社に入社。鹿児島支局では鹿児島県警察記者室に入っていたが、ある時記者室で財布を無くしたことがあった。「当時の金銭感覚では考えられない大金」だったが、細川は「財布は買い直せば良い」という表情だった」という。その後本社に戻って社会部記者となり、金嬉老事件などを取材した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た京都大学

    清泉女学院小学校から栄光学園中学校、学習院高等科卒業。学習院高等科での同級生に菅孝行がいる。大学入試では京都大学を受験するが失敗。一浪して再び京大を受験するがまたも失敗し、上智大学法学部を卒業後、朝日新聞社に入社。鹿児島支局では鹿児島県警察記者室に入っていたが、ある時記者室で財布を無くしたことがあった。「当時の金銭感覚では考えられない大金」だったが、細川は「財布は買い直せば良い」という表情だった」という。その後本社に戻って社会部記者となり、金嬉老事件などを取材した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た連立政権

    上智大学法学部卒業後、朝日新聞社記者を経て第9回参議院議員通常選挙に全国区から立候補し初当選。その後、熊本県知事に転じ、2期8年務めた。知事退任後、日本新党を結成して代表に就任し、参議院議員として再び国政に戻る。1993年(平成5年)7月の第40回衆議院議員総選挙に鞍替え立候補し、衆議院議員に初当選。非自民連立政権の首班となり、38年ぶりに自由民主党からの政権交代を実現させた。内閣総辞職後、新進党の結党に参加するものちに離党、フロム・ファイブを起ち上げた。以降、民政党を経て民主党に合流。還暦を機に議員辞職し、政界引退後は陶芸家として活動する。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た改革フォーラム21

    宮澤内閣の下で政治腐敗防止のために政治資金規正や政権交代を容易にする小選挙区制度導入といった政治改革実現の目途は立たず、1993年5月、ついに宮澤喜一首相がテレビの特別番組で「政治改革を必ず実現する」「どうしてもこの国会でやる」と断言し、決意を示したものの党内の根強い反対論を覆せず、再び断念に追い込まれた。その結果、宮澤内閣に対する不信任決議案が政治改革を推進する羽田派の賛成により衆議院で可決され、宮澤は解散総選挙を決断。羽田孜、小沢一郎らは自民党を離党し、新生党を結党。また不信任決議案には反対票を投じた武村正義、鳩山由紀夫らも離党し、新党さきがけを結成した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た金嬉老事件

    清泉女学院小学校から栄光学園中学校、学習院高等科卒業。学習院高等科での同級生に菅孝行がいる。大学入試では京都大学を受験するが失敗。一浪して再び京大を受験するがまたも失敗し、上智大学法学部を卒業後、朝日新聞社に入社。鹿児島支局では鹿児島県警察記者室に入っていたが、ある時記者室で財布を無くしたことがあった。「当時の金銭感覚では考えられない大金」だったが、細川は「財布は買い直せば良い」という表情だった」という。その後本社に戻って社会部記者となり、金嬉老事件などを取材した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た内閣官房副長官

    2010年5月、首相在任中に書き留めていた日記を、日本経済新聞社から出版。なおこの日記が出版された直後、細川内閣の官房副長官だった鳩山由紀夫が首相を辞任した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た熊本市

    関ヶ原の戦いなどで活躍した戦国大名・細川忠興の子孫で、旧熊本藩主細川家第17代当主・細川護貞と、近衛文麿元内閣総理大臣の娘である温子との間の長男として東京府東京市(現在の東京都千代田区)に生まれる(本籍地は熊本県熊本市)。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た都道府県知事

    参議院議員(3期)、熊本県知事(第45・46代)、日本新党代表(初代)、衆議院議員(2期)、内閣総理大臣(第79代)、フロム・ファイブ代表(初代)などを歴任した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た野口晴哉

    細川家当主として公益財団法人「永青文庫」理事長を務めている。また、母の姉が野口晴哉(活元運動の提唱者)の妻である縁(すなわち晴哉は護熙の義理の伯父、晴哉から見て護熙は甥にあたる)から社団法人整体協会会長理事に就任している。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た内閣支持率

    1993年8月9日、政治改革を最大の使命として掲げる細川連立政権が誕生した。公選知事経験者の首相就任は史上初であり、2012年現在も唯一の事例である(公選知事経験者が三権の長に就任した例としては、2009年に衆議院議長に就任した横路孝弘がいる)。また、衆議院議員当選1回での首相就任は1948年の吉田茂以来45年ぶり、閣僚を経験していない政治家の首相就任としては1947年の片山哲以来46年ぶりである。細川政権の誕生により1955年から38年間続いた所謂55年体制が崩壊した。日本新党、新生党、新党さきがけ、社会党、公明党、民社党、社会民主連合の7党、及び参議院の院内会派である民主改革連合が連立を組んだ8党派からなる細川内閣は連立与党間の調整の難航が予想され、「8頭立ての馬車」「ガラス細工の連立」と揶揄されることもあった。しかし、内閣発足直後に行われた世論調査では内閣支持率は軒並み7割を超え、史上空前の高い支持率を誇る。この記録は小泉内閣によって塗り替えられるまで保たれることになる。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

264件中 91 - 100件表示

「細川護熙」のニューストピックワード