264件中 61 - 70件表示
  • 細川護熙

    細川護熙から見た細川ガラシャ

    また、遠い親戚に細川隆一郎(細川忠隆〔=細川忠興の嫡男だが後に廃嫡〕の子孫)がいる。戦国時代末期の大名として知られる細川忠興(細川輝経の養子で細川藤孝の実子)・ガラシャ(明智光秀の子)夫妻が祖先。(男系では上記忠隆系のみが明智家と血が繋がっており、肥後藩主系では途中他家養子が入っている)。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た藤森照信

    1998年、還暦を機に政界を引退。主に陶芸家、茶人として活動し、祖母の住まいがあった神奈川県足柄下郡湯河原町宮上の邸宅に、工房と茶室「不東庵」を設えている。茶室の設計は建築史家の藤森照信がした。陶芸の師は辻村史朗。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た細川勝元

    肥後細川家(和泉守護家及び細川奥州家)は細川宗家2代俊氏からの系譜である。そのため、細川家宗家嫡流・京兆家で高名な細川頼之・細川勝元・細川政元らの血を直接は引いていないものの、古今伝授の細川幽斎、その子である細川忠興、ガラシャ夫妻の直系である。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た麻生太郎

    同じく内閣総理大臣を務めた麻生太郎とは、皇族の三笠宮家を通じて間接的な血縁関係にある(麻生の妹は?仁親王妃信子であり、実弟忠煇の妻で降嫁した近衞甯子の義妹にあたる)。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た細川宗孝

    政府専用機の左右主翼の上下と垂直尾翼の両側の計6ヵ所につけられているやたらと大きな日の丸を見て、細川は「どこかの七つ紋みたいだね」(肥後細川家は第5代藩主の細川宗孝が、家紋を取り違えた板倉勝該によって江戸城内で殺害されてしまったことから、それ以後裃に付ける家紋の数を通常の5から7に増やし、間違えられないようにしていた)と漏らしたという。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た菅孝行

    清泉女学院小学校から栄光学園中学校、学習院高等科卒業。学習院高等科での同級生に菅孝行がいる。大学入試では京都大学を受験するが失敗。一浪して再び京大を受験するがまたも失敗し、上智大学法学部を卒業後、朝日新聞社に入社。鹿児島支局では鹿児島県警察記者室に入っていたが、ある時記者室で財布を無くしたことがあった。「当時の金銭感覚では考えられない大金」だったが、細川は「財布は買い直せば良い」という表情だった」という。その後本社に戻って社会部記者となり、金嬉老事件などを取材した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た松前重義

    その後、朝日新聞社を退職。かねてから政界進出の意志を持っていたが、松前重義(社会党)に「自分は次の選挙に出ない。いい機会だから、胆(はら)を決めて出たらどうか」と勧められ、1969年に行われた衆議院議員総選挙に熊本1区から無所属で出馬した。しかし父の護貞は、政界入りに反対し、「そんなヤクザな道に入るのなら、家とは縁を切ってくれ。カネも含めて今後一切の面倒は見ない」と勘当を言い渡した。文芸春秋での実弟・忠煇の発言によれば、護煕は細川家次期当主と言えど、当時三笠宮家の長女甯子内親王と結婚したばかりの忠煇より知名度が低く、忠煇自身も政界進出には否定的だったという。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た明智光秀

    また、遠い親戚に細川隆一郎(細川忠隆〔=細川忠興の嫡男だが後に廃嫡〕の子孫)がいる。戦国時代末期の大名として知られる細川忠興(細川輝経の養子で細川藤孝の実子)・ガラシャ(明智光秀の子)夫妻が祖先。(男系では上記忠隆系のみが明智家と血が繋がっており、肥後藩主系では途中他家養子が入っている)。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見たコロムビア・トップ

    政権を支える新生党代表幹事の小沢一郎と、内閣官房長官の武村との対立が表面化。細川は内閣改造によって武村の排除を図るがこれも実現できず、さらに細川自身の佐川急便借入金未返済疑惑を野党となった自民党に追及されることになる。細川は熊本の自宅の門・塀の修理のための借入金で既に返済していると釈明したが、返済の証拠を提出することが出来ず、国会は空転し、細川は与党内でも四面楚歌の苦境に陥る。4月5日、参議院議員コロムビア・トップ、同西川きよしとの会食の席で「辞めたい」と漏らしたことが報じられ、一旦は否定したものの政権はもはや死に体となってしまい、8日に退陣を表明。総予算審議に入る前に予算編成時の首相が辞任するのは極めて異例の事態である。こうして国民の大きな期待を背負って誕生した細川内閣は、1年に満たない短命政権に終わった。細川の退陣に伴い、かねてから細川との関係が悪化していた武村が率いる新党さきがけは、将来的な合流を見据えて組んでいた日本新党との統一会派を解消し、連立内閣からも離脱して次期政権では閣外協力に転じる意向を早々と表明した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た稲葉興作

    コメ市場の部分開放、河野洋平自由民主党総裁との政治改革4法案の修正合意や国民福祉税構想などの重要な発表をする際の記者会見が何度も深夜に行われ、マスコミはその度に振り回された。当時社会党委員長だった村山富市は細川の一連の記者会見について「深夜に騒ぐ男じゃのう」と呆れていたという。また、当時日本商工会議所会頭だった稲葉興作からは「夜寝て、朝起きて満員電車に揺られて仕事をするのが普通の姿。そういうときに正常な判断ができる」と一連の記者会見に苦言を呈した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

264件中 61 - 70件表示

「細川護熙」のニューストピックワード