264件中 71 - 80件表示
  • 細川護熙

    細川護熙から見た岩國哲人

    『鄙(ひな)の論理』 岩國哲人と共著、光文社、1991年1月、ISBN 4-334-05180-4細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た田中秀征

    この間、細川は日本新党代表として全国を遊説して政治改革・地方分権を訴え、無党派層の支持を集めていった。6月、総選挙の前哨戦と位置付けられた1993年東京都議会議員選挙で、一気に20議席獲得と大躍進した。またこの頃、武村正義や田中秀征が主導した、行政の制度改革を勉強する会である「制度改革研究会」に運営委員として参加している。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た近衞文麿

    本姓は源氏。家系は清和源氏の一家系 河内源氏の棟梁 鎮守府将軍源義家の子 源義国を祖とする足利氏の支流 細川氏の一門・細川奥州家の流れを汲む肥後細川家の当主。明治期に侯爵家となった。外祖父は五摂家筆頭で第二次世界大戦前に首相を3度勤めた公爵・近衞文麿。父の細川護貞は、近衞文麿内閣で内閣総理大臣秘書官を務めた。また日本ゴルフ協会会長を務めていた。弟に日本赤十字社社長で近衞家を継いだ近衞忠煇がいる。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た近衛忠てる

    本姓は源氏。家系は清和源氏の一家系 河内源氏の棟梁 鎮守府将軍源義家の子 源義国を祖とする足利氏の支流 細川氏の一門・細川奥州家の流れを汲む肥後細川家の当主。明治期に侯爵家となった。外祖父は五摂家筆頭で第二次世界大戦前に首相を3度勤めた公爵・近衞文麿。父の細川護貞は、近衞文麿内閣で内閣総理大臣秘書官を務めた。また日本ゴルフ協会会長を務めていた。弟に日本赤十字社社長で近衞家を継いだ近衞忠煇がいる。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た南部利英

    南部利英(従伯父) - 貴族院議員細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た佐藤栄作

    細川自身は保守系無所属としての出馬を選んだ(社会党は松前の後継に藤崎久男を擁立したが落選)。佐藤栄作首相に面会すると、田中角栄に会うよう勧められ、田中には「当選ラインは6万票。選挙までに3万軒、戸別訪問しろ」といわれ、どぶ板選挙を行った。しかし細川家の末裔とはいえ、家の支援は望めず、有権者にとっては無名に近い存在だった。結果、戸別訪問も目標の半分しかできず38,632票で落選したが、戸別訪問で回った地域は、不思議なくらい票が伸びたという。1971年の参議院議員選挙では全国区から自由民主党公認で出馬し、石原慎太郎などの支援を得て当選するが、後に石原とは袂を分かち田中角栄の七日会(田中派)の旗揚げに参加する。2期目は熊本県選挙区から出馬し当選、官職では大蔵政務次官などを歴任。党職では自由民主党の参議院副幹事長を務めている。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た池田詮政

    池田詮政(曾祖父) - 貴族院議員細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た細川頼之

    肥後細川家(和泉守護家及び細川奥州家)は細川宗家2代俊氏からの系譜である。そのため、細川家宗家嫡流・京兆家で高名な細川頼之・細川勝元・細川政元らの血を直接は引いていないものの、古今伝授の細川幽斎、その子である細川忠興、ガラシャ夫妻の直系である。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た大内啓伍

    政治改革関連法案が曲がりなりにも成立し、高い内閣支持率もそのまま維持した。2月3日、これに意を強くした小沢一郎と大蔵事務次官の斎藤次郎のラインに乗った細川は、消費税を福祉目的税に改め税率を3%から7%に引き上げる国民福祉税構想を発表した。しかし、これは深夜の記者会見で唐突に行われたもので連立与党内でも十分議論されていないものであったため、世論はもとより武村正義内閣官房長官や社会保障を所管する厚生大臣の大内啓伍民社党委員長、村山富市社会党委員長ら、与党内からも反対の声が沸き上がり、結局翌2月4日に連立与党代表者会議で白紙撤回に追い込まれた。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た消費税

    政治改革関連法案が曲がりなりにも成立し、高い内閣支持率もそのまま維持した。2月3日、これに意を強くした小沢一郎と大蔵事務次官の斎藤次郎のラインに乗った細川は、消費税を福祉目的税に改め税率を3%から7%に引き上げる国民福祉税構想を発表した。しかし、これは深夜の記者会見で唐突に行われたもので連立与党内でも十分議論されていないものであったため、世論はもとより武村正義内閣官房長官や社会保障を所管する厚生大臣の大内啓伍民社党委員長、村山富市社会党委員長ら、与党内からも反対の声が沸き上がり、結局翌2月4日に連立与党代表者会議で白紙撤回に追い込まれた。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

264件中 71 - 80件表示

「細川護熙」のニューストピックワード