146件中 11 - 20件表示
  • 七人の侍 (民主党)

    七人の侍 (民主党)から見た細野豪志細野豪志

    7名のうち4名が青山会(旧樽床G)の中心メンバー・構成員を務める。基本は小沢一郎に協力的だが、7人中5人が反小沢派のグループ出身者であるため、反小沢派の議員にも協力的な一面を持っている。実際、菅直人首相の後任を決める2011年民主党代表選挙で細野豪志は反小沢系である七奉行の一人である前原誠司の推薦人となる。2011年3月に前原の後任になる外務大臣に初入閣となる松本剛明が就任し、2011年6月の震災人事にて細野が内閣府特命担当大臣として初入閣し、野田内閣に変わってから環境大臣に横滑りした。樽床は幹事長代行に就任した。三度目の内閣改造では細野は党の政調会長に就任、樽床伸二は総務大臣として、三井辨雄は厚生労働大臣として初入閣し、2012年の衆議院解散までに閣僚経験者となったのは7人中4人で(それに対し、後に六人衆に加わることとなる安住淳とメンバーの1人・樽床が所属する七奉行は全員閣僚経験者)、樋高剛は民主党が政権を取ってから自身が離党するまで1回も閣僚になることはなかった。衆議院議員選挙では、細野と松本は再選を果たしたが、樽床・三井・伴野の3人は落選した。その後の海江田執行部で細野は党幹事長に就任するが、第23回参議院議員通常選挙での敗北を受け辞任した。以降細野と松本は、七奉行(現6人衆)の前原と同調し、日本維新の会との合流を模索するようになるが、その矢先、政府与党が消費税増税の先送りの是非を問うため衆議院は解散され、その後の衆議院議員選挙では、小選挙区では細野と松本のみ再選を果たしたが、樽床は比例復活も叶わず落選。伴野は小選挙区で落選するが、比例復活を果たし政界復帰を果たした。先の衆院選で落選した海江田万里の後任を決める民主党代表選では細野は立候補し、松本が推薦人に名を連ねるが、自主再建派の岡田克也とリベラル系の長妻昭との3つ巴となった。1回目の投票では地方議員票と国会議員票で優位に立ち1位となるが、決選投票では長妻陣営の内大畠グループを取り込み票を伸ばすも2位の岡田に逆転され敗北した。七人の侍 (民主党) フレッシュアイペディアより)

  • 第192回国会の所信表明演説におけるスタンディングオベーション問題

    第192回国会の所信表明演説におけるスタンディングオベーション問題から見た細野豪志細野豪志

    なお民進党の細野豪志は、2016年9月30日の衆議院予算委員会で、「自民党議員の中にも相当躊躇しながら周りを見て立った議員がたくさんいた。大島議長が『ご着席ください』と自制を促した。公明党が立たなかった」と述べ、与党の中で、スタンディング・オベーションへの態度が異なる事実を指摘した。細野は「じゃあ大島議長や野党のわれわれや公明党の皆さんが、自衛官や海上保安官に対して敬意を持っていないかというとそんなわけないです」と首相を質している。第192回国会の所信表明演説におけるスタンディングオベーション問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本

    2015年の日本から見た細野豪志細野豪志

    1月7日 - 海江田万里前代表の辞任に伴う第18回民主党代表選挙告示。元厚労相・長妻昭、代表代行・岡田克也、元幹事長・細野豪志の3人が立候補。2015年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 榛葉賀津也

    榛葉賀津也から見た細野豪志細野豪志

    輿石東の参議院副議長就任に伴う同年8月の民主党参議院議員会長選挙では、郡司彰元農林水産大臣の推薦人に名を連ねる。北澤俊美元防衛大臣を破り、参院議員会長に選出された郡司の下で、参議院国会対策委員長に起用された。また、8月2日に開会した第184回国会において参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長に就任した。2014年、細野豪志を中心に結成された自誓会に参加した。榛葉賀津也 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳也

    小川淳也から見た細野豪志細野豪志

    2012年9月の民主党代表選挙では、第2次野田改造内閣の現職閣僚である環境大臣の細野豪志に出馬を要請したが、原発事故担当相でもある細野は福島の復興に引き続き取り組みたい意向を示し、出馬を断念した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、香川1区で自民党の平井卓也に敗れたが、重複立候補していた比例四国ブロックで復活し、3選。小川淳也 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年12月民主党代表選挙

    2012年12月民主党代表選挙から見た細野豪志細野豪志

    総選挙に大敗し議員数を減らしたため、立候補に必要な推薦人20人の確保にも苦労する事態となり、また党の勢いがない状況のため党代表就任が「ババ抜き」と形容されるなど、当初は立候補者に名乗りをあげる者がなく、本命不在の選挙と言われた。12月18日には2013年執行予定の参議院選挙における選挙の顔となることも踏まえ、細野豪志政調会長を推す声が広まったがこれを固辞、12月22日に経済財政担当大臣や経済産業大臣などを務めた海江田万里が、また12月23日には国土交通大臣などを務めた馬淵澄夫が立候補を表明した。2012年12月民主党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年1月民主党代表選挙

    2015年1月民主党代表選挙から見た細野豪志細野豪志

    2015年1月民主党代表選挙(2015ねん1がつみんしゅとうだいひょうせんきょ)は、2014年12月15日に辞任を表明した海江田万里代表の後任を選出するため、2015年1月18日に臨時党大会において実施された民主党の党代表選挙である。1回目の投票で有効投票数の過半数を獲得した人がいなかったため、上位2人(細野豪志・岡田克也)による決選投票が行われ、岡田克也が当選した。2015年1月民主党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣 (第2次改造)

    野田内閣 (第2次改造)から見た細野豪志細野豪志

    9月19日 - 原子力規制委員会設置法の施行に伴い、環境大臣細野豪志を内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)に任命。併せて、環境副大臣横光克彦を内閣府副大臣と兼職させ原子力防災担当とする。環境大臣政務官高山智司を内閣府大臣政務官と兼職させ原子力防災担当とする。野田内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 自誓会

    自誓会から見た細野豪志細野豪志

    2014年4月7日、細野豪志を中心とした民主党の国会議員12人で結成された。「自誓会」の名称は、明恵上人の「八斎戒自誓式」(師から戒を授かることなく、自ら誓うことにより仏道に帰依する)に由来する。結成以来、自民党の派閥と同様に、他の党内グループとの掛け持ちを禁止し、政治団体として集めた政治資金をメンバーに分配するなど、自他ともに認める党内初の派閥として活動してきたが、2017年5月19日の細野の会長辞任以降は勉強会に近い緩やかな政策グループとなり、政治資金パーティーの年次開催も当面休止となった。8月8日に創設者の細野が民進党に離党届を提出したことを受け、8月9日の会合で自誓会の今後について協議され、政治団体としては解散する一方、議員グループとしては当面存続し、その後の活動は9月の代表選後に協議することとなった。細野が希望の党結成に参加し、9月28日の民進党両院議員総会で希望の党への事実上の合流方針が了承されたことを受けて自誓会のメンバーも希望の党に合流した。10月の第48回衆議院議員総選挙後は細野を除き、階ら希望の党所属議員5人で活動を継続していることが報じられた。自誓会 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た細野豪志細野豪志

    民進党衆議院議員の細野豪志が離党届を提出。民進党側は10日に離党届を受理。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

146件中 11 - 20件表示

「細野豪志」のニューストピックワード

  • M−1グランプリ2018

  • ポケモン Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ

  • 第69回NHK紅白歌合戦