146件中 51 - 60件表示
  • 丸川珠代

    丸川珠代から見た細野豪志細野豪志

    環境相在任中の2016年2月7日、長野県松本市で行った講演において、東京電力福島第一原発事故後に当時の細野豪志環境大臣の下で定められた除染の長期目標について、「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ(線量を)下げても心配だという人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境相が決めた」と発言した。この発言は、原発事故が発生した当時の内閣官房長官だった枝野幸男や、福島4区選出の衆議院議員である小熊慎司、南相馬市長の桜井勝延らの批判を受け、衆議院予算委員会で当の細野豪志から追及を受けた際は発言の撤回を拒否していたが、2月12日に開いた緊急の記者会見で「(原発事故被災者に)心からおわび申し上げる」と述べ、撤回した。発言は撤回する一方で、「福島のみなさまの思いに応えることが大事だ。引き続き職責を果たしてまいりたい」と述べ、閣僚辞任は否定した。なお除染等の長期目標である「年間1mSv以下」の数値は、人工放射線による一般人の年間追加被曝限度を「1mSv/年」とした国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告に基づいて定められたものである。丸川珠代 フレッシュアイペディアより)

  • 環境委員会

    環境委員会から見た細野豪志細野豪志

    下条みつ、細野豪志(希望の党・無所属クラブ)環境委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 福島伸享

    福島伸享から見た細野豪志細野豪志

    2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、茨城1区で再び自民党の田所嘉徳に敗れたが、重複立候補していた比例北関東ブロックで復活して再選を果たし、2年ぶりに国政に復帰した。2015年1月の民主党代表選挙では、細野豪志元幹事長の推薦人に名を連ねたが、細野は決選投票で岡田克也に敗れた。福島伸享 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田昌郎

    吉田昌郎から見た細野豪志細野豪志

    治療のかたわら、原発事故に関する回想録の執筆を行なっていたが、2013年7月8日の深夜に容態が悪化、翌7月9日、食道癌のため慶應義塾大学病院で死去。。死去に際し、広瀬直己社長から「決死の覚悟で事故対応にあたっていただきました。社員を代表して心より感謝します」との声明が出された。安倍晋三内閣総理大臣からは、「大変な努力をされた。ご冥福をお祈りしたい」とのコメントが出され、菅直人元内閣総理大臣も「強力なリーダーシップを発揮し、事故がさらに拡大するのを押しとどめるのに大変な役割を果たした。大学の後輩でもあり、ある意味、戦友とも言える人だった」と死を惜しんだ。8月23日には青山葬儀所でお別れの会及び告別式が開かれ、安倍総理大臣、菅元総理大臣、海江田万里民主党代表、細野豪志前原子力防災担当大臣など1050人が参列。廣瀬社長が「事故拡大の阻止に死力を尽くして当たられました。吉田さんが福島の地と人々を守ろうと、身をもって示した電力マンの責任と誇りを深く胸に刻みます」との追悼の辞を述べた。吉田昌郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木貴子 (政治家)

    鈴木貴子 (政治家)から見た細野豪志細野豪志

    2014年の第47回衆議院議員総選挙では、民主党に入党し、同党公認で北海道7区から出馬。自民党前職の伊東良孝を猛追し、225票差で敗れたが、重複立候補していた比例北海道ブロックで復活し、再選。当選後、自誓会に入会。2015年1月の民主党代表選挙では、元幹事長の細野豪志の推薦人に名を連ねたが、細野は決選投票で岡田克也に敗れた。鈴木貴子 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 平山佐知子

    平山佐知子から見た細野豪志細野豪志

    2017年9月28日、先に民進党を離党した細野豪志を応援するためとして離党届を提出、10月26日付で受理された。10月30日、同じ民進党出身で無所属の藤末健三参議院議員と新会派「国民の声」を結成すると発表。同日参議院事務局に届け出た。新会派で活動する理由について平山は「政党政治からいったん離れ、一人の参院議員として原点に戻りたい」と語った。今後、希望の党や立憲民主党への合流については「まったく考えていない」としている。平山佐知子 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎岳志

    宮崎岳志から見た細野豪志細野豪志

    2015年1月に行われる民主党代表選挙では、元幹事長・細野豪志の推薦人に名を連ねた。宮崎岳志 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力撤廃

    原子力撤廃から見た細野豪志細野豪志

    2011年10月、全国原子力発電所所在市町村協議会副会長も務めた村上達也・東海村村長が、「人に冷たく、かつ無能な国では原発を持つべきでない。」と述べ、細野豪志原発担当大臣に東海第二発電所の廃炉を提案した。同年11月30日、佐藤雄平福島県知事は、現在策定作業を進めている県復興計画案に関わって「県内の原発全10基の廃炉を要求する」考えを表明した。同県内には東京電力福島原発に6基、第2原発に4基ある。同復興案は12月9日開会の県議会に提出された。茨城県の東海第二原発の再稼働に対して県内の有権者に対して行った世論調査では、半数を超えるの有権者が再稼働に反対の意見を表明したが、職業別では学生においては賛成と反対がほぼ拮抗し、年齢層の違いによって意見の相違が存在する事実が明らかになった。原子力撤廃 フレッシュアイペディアより)

  • 近江兄弟社中学校・高等学校

    近江兄弟社中学校・高等学校から見た細野豪志細野豪志

    細野豪志(衆議院議員・民主党・静岡5区選挙区) 民主党幹事長(第13代)・環境大臣(第17代)中学校卒。近江兄弟社中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 改革結集の会

    改革結集の会から見た細野豪志細野豪志

    4人が民進党に合流した後は、村岡・重徳・小熊の3人は花斉会(野田佳彦グループ)に、鈴木は自誓会(細野豪志派)にそれぞれ入会した。2017年の民進党代表選挙では、鈴木を除く3人が中心となり共産党との選挙協力の見直しや憲法改正に向けた議論を促す声明文を発表している。後に鈴木は民進党を離党(後に除籍処分を受ける。)し、小池百合子率いる希望の党結党メンバーになり、さらに、第48回衆議院議員総選挙を前にした2017年9月28日に民進党代表の前原誠司が希望の党への事実上の合流を表明した。村岡・小熊が同党の公認を受け、日本維新の会に所属していた小沢も希望の党に入党したが、重徳は公示日を目前に公認を断念し無所属で出馬した。投開票の結果、重徳・小熊は当選し村岡・小沢・鈴木は落選した。改革結集の会 フレッシュアイペディアより)

146件中 51 - 60件表示

「細野豪志」のニューストピックワード