146件中 81 - 90件表示
  • 大塚耕平

    大塚耕平から見た細野豪志細野豪志

    2015年1月の民主党代表選挙では、元幹事長・細野豪志の推薦人に名を連ねた。大塚耕平 フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣 (第1次改造)

    第3次安倍内閣 (第1次改造)から見た細野豪志細野豪志

    2015年12月14日、与党の税制調査会で新聞に適用される方向となり、軽減されるのは食料品全般と新聞の2つと決定した。新聞への軽減適用に関しては、「新聞も軽減税率を適用すべき?」というYahoo!アンケートで77.8%が適用すべきでないと回答した。新聞への適用は、販売部数の減少を避けたい新聞業界と軽減税率制度への批判を抑えたい政府与党との思惑が一致したからとみられ、堀江貴文も新聞業界が2%の増税に敏感になる理由について、自身のメールマガジンが8%の増税の際に読者を減らした経験から追加増税で売り上げが減ることを恐れているからだろうと分析した。おおさか維新の会代表の松井一郎は、「どこでもいいけど、我々は軽減税率を遠慮しますという新聞社いないのでしょうかね」と主張。民主党政調会長の細野豪志も「新聞だけが(対象として)議論されるのは強い違和感を覚える」と批判した。第3次安倍内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • エフエムみしま・かんなみ

    エフエムみしま・かんなみから見た細野豪志細野豪志

    細野豪志 国会議員 「宝島大作戦」エフエムみしま・かんなみ フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災による電力危機

    東日本大震災による電力危機から見た細野豪志細野豪志

    また平行して福井県大飯発電所3,4号機では関西電力によるストレステストの審査が2012年2月13日に原子力安全・保安院、3月23日に原子力安全委員会をそれぞれ通過し、それ以降は地元住民、自治体、政府等による再開判断に移行した。4月13日には野田佳彦首相、枝野幸男経済産業大臣、細野豪志原発事故担当大臣、藤村修官房長官の関係3閣僚による協議において、供給見通しの厳しい関西電力の電力不足を回避するには再稼働が必要との結論を出すに至り、関西電力の電力危機回避のための再稼働が焦点となり地元同意に注目が集まった(地元同意の経緯については大飯発電所の項目を参照)。西川一誠福井県知事が首相に同意を伝えたことを受けて、政府は6月16日午前に同発電所の再稼働を決定。7月1日から大飯原発3号機が、7月18日から同原発4号機が再稼働した。東日本大震災による電力危機 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た細野豪志細野豪志

    6月12日 - 細野豪志環境相が白熱電球の製造販売を自粛するよう要請。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 白熱電球

    白熱電球から見た細野豪志細野豪志

    福島第一原子力発電所事故の影響によって電力事情が逼迫しているとし、細野豪志環境大臣兼原発担当大臣(当時)は「節電を促す観点から消費電力の多い白熱電球の販売を自粛するよう電器店に呼びかけ、消費者には消費電力の少ないLED電球や電球型蛍光灯への買い換えを呼びかけていく」方針を明らかにすると共に、2012年6月13日、経済産業省と環境省は白熱電球の製造業、家電量販店など関係する業界に製造や販売の自粛を要請した。これは家庭用・産業用とも、電球形蛍光灯、あるいはLED照明への転換をさらに促すこととなる。この要請を受け、パッケージに代替製品への移行を勧める文言を加えながら家庭用製品の生産を続けていたパナソニックも、当初の2013年春より約半年前倒しの2012年10月末で生産を終了した。白熱電球 フレッシュアイペディアより)

  • 安井美沙子

    安井美沙子から見た細野豪志細野豪志

    2015年1月に行われた民主党代表選挙では、元幹事長・細野豪志の推薦人に名を連ねた。安井美沙子 フレッシュアイペディアより)

  • 大前研一

    大前研一から見た細野豪志細野豪志

    同年10月28日、一般人の立場で「福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか」をまとめ、細野豪志環境大臣兼原子力発電所事故収束・再発防止担当大臣に提出した。大前研一 フレッシュアイペディアより)

  • 御殿場市

    御殿場市から見た細野豪志細野豪志

    衆議院小選挙区は静岡県第5区になっている。2009年に行われた第45回衆議院議員総選挙による選出議員は細野豪志御殿場市 フレッシュアイペディアより)

  • 七奉行の会

    七奉行の会から見た細野豪志細野豪志

    現在、政界を引退・落選した渡部、仙谷、樽床を除き、代わりに安住を加えた6人が民主6人衆もしくは単に6人衆と呼ばれている。海江田に対し批判的な立場をとっている。しかし同年9月に行われた党役員人事にて枝野が幹事長・岡田が党代表代行に就任するなど海江田の方から急接近する動きも見せる一方、前原は第46回衆議院選挙で当選した七人の侍の細野豪志らと同調して日本維新の会の合流を模索するなど、自主再建派の岡田と枝野、野党再編派の前原との間で大きな溝を作ることとなる。そして、岡田が新進党まで共に行動した小沢と会談し、生活の党(後の生活の党と山本太郎となかまたち)の所属議員及び党員の一部を復党させることで同意した。その後の衆議院解散に伴う第47回衆議院議員総選挙で仙谷は政界引退、樽床は6人衆と共に出馬する意向を固めたため、安住は事実上仙谷の後任という形で七奉行に加わることとなる。選挙の結果、6人衆と目される七奉行の6人は小選挙区で再選を果たしたが(安住と枝野は自民党の候補者に比例復活を許している。)、樽床はまたしても比例復活を果たせず落選。岡田と枝野を党役員に加えてくれた海江田も惜敗率の関係であと一歩のところで当選を逃してしまい代表を辞任する意向を固める。当面は代表代行の岡田が落選した海江田の代理として暫定代表に就任する。七奉行の会 フレッシュアイペディアより)

146件中 81 - 90件表示

「細野豪志」のニューストピックワード