前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示
  • 細野豪志

    細野豪志から見た前原誠司

    2005年(平成17年)に、京都大学法学部の先輩である前原誠司の民主党代表就任にともない党役員室長に就任する。偽メール問題により辞任した前原の後任の小沢一郎代表の下でも、引き続き役員室長を務める。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た山本モナ

    2006年(平成18年)10月に、TBSの『筑紫哲也 NEWS23』キャスターの山本モナとの不倫が写真週刊誌『フライデー』で報じられ、10月5日に民主党政策調査会長代理を辞任した。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た小沢一郎

    2005年(平成17年)に、京都大学法学部の先輩である前原誠司の民主党代表就任にともない党役員室長に就任する。偽メール問題により辞任した前原の後任の小沢一郎代表の下でも、引き続き役員室長を務める。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た松本剛明

    浅尾慶一郎(現みんなの党)・大塚耕平・古川元久・松井孝治・松本剛明らと共に「1000万人移民受け入れ構想」を共同提案した。「年金の財源がなくなり、若年サラリーマンの給与は膨らんだ老人たちを養うことにほとんど費やされてしまうだけでなく、マーケットの縮小による購買力の低下や土地価格の下落、国際社会での存在感や発言力の薄れといった変化が予測される」や「弥生時代には朝鮮半島から亡命者を中心に大量の外国人が日本に流入し、その彼らがもたらした稲作などの技術により急速に発展を遂げたという歴史があるのだ。」と主張し、移民の必要性を訴えた。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た野田佳彦

    2012年1月13日、野田佳彦内閣総理大臣の内閣改造により野田第1次改造内閣が発足し、細野は環境大臣と内閣府特命担当大臣(原子力行政担当)として留任した。同年6月4日に再度行われた内閣改造により発足した野田第2次改造内閣でも同様に、環境大臣と内閣府特命担当大臣(原子力行政担当)として留任した。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た津村啓介

    前原誠司は京都大学法学部の先輩にあたる。凌雲会(前原グループ)に所属し、前原の党代表時代に党役員室長に任命された。他方、2009年(平成21年)に小沢幹事長の下で副幹事長、組織委員長、企業団体対策委員長に就任して以降、小沢の新たな側近の1人に目された。週刊文春の2009年(平成21年)12月24日号によると、細野は原口一博総務大臣、松本剛明衆院議院運営委員長とともに党内で「ごますり3人衆」と呼ばれているとされた。2010年9月民主党代表選挙では小沢を支持したが、その後、小沢を破った菅直人から幹事長代理、続いて首相補佐官に抜擢されて以降、菅の腹心とも目されるようになり、2012年9月民主党代表選挙では、津村啓介、柚木道義など菅グループの主要メンバーが、細野を擁立する動きを見せた。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た羽毛田信吾

    2009年12月20日のテレビ朝日の番組で、天皇特例会見について懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官に対して「中でいろいろ言うのはいいが、外向きに出すのはどうなのか」と批判。鳩山政権の対応についても「(皇室外交という)デリケートな問題に不慣れで、内閣と宮内庁の意思が通い合わなかった」と指摘した。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た筑紫哲也

    「情報は誰のものか」(筑紫哲也・西山太吉・細野豪志・田島泰彦共著) ISBN 4000092960細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た松井孝治

    浅尾慶一郎(現みんなの党)・大塚耕平・古川元久・松井孝治・松本剛明らと共に「1000万人移民受け入れ構想」を共同提案した。「年金の財源がなくなり、若年サラリーマンの給与は膨らんだ老人たちを養うことにほとんど費やされてしまうだけでなく、マーケットの縮小による購買力の低下や土地価格の下落、国際社会での存在感や発言力の薄れといった変化が予測される」や「弥生時代には朝鮮半島から亡命者を中心に大量の外国人が日本に流入し、その彼らがもたらした稲作などの技術により急速に発展を遂げたという歴史があるのだ。」と主張し、移民の必要性を訴えた。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

  • 細野豪志

    細野豪志から見た大塚耕平

    浅尾慶一郎(現みんなの党)・大塚耕平・古川元久・松井孝治・松本剛明らと共に「1000万人移民受け入れ構想」を共同提案した。「年金の財源がなくなり、若年サラリーマンの給与は膨らんだ老人たちを養うことにほとんど費やされてしまうだけでなく、マーケットの縮小による購買力の低下や土地価格の下落、国際社会での存在感や発言力の薄れといった変化が予測される」や「弥生時代には朝鮮半島から亡命者を中心に大量の外国人が日本に流入し、その彼らがもたらした稲作などの技術により急速に発展を遂げたという歴史があるのだ。」と主張し、移民の必要性を訴えた。細野豪志 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示

「細野豪志」のニューストピックワード