前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1664件中 1 - 10件表示
  • アメリカ学業的十種競技

    アメリカ学業的十種競技から見た経済経済

    競技種類は経済、芸術、語学と文学、数学、科学、社会科学と超級クイズ。特別な主題はなし。アメリカ学業的十種競技 フレッシュアイペディアより)

  • 国家安全保障

    国家安全保障から見た経済経済

    安全保障とは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、脅威に晒されない様にから何らかの手段によって守ることを主に指すが、その概念は非常に多様である。歴史的・伝統的には軍事的な脅威に対するものが主であったが、冷戦後は大量破壊兵器拡散、国連平和維持活動、また発展的には経済、エネルギー資源なども含めるものへと研究領域が拡大し、一部で環境問題や人権を包括する主張もある。現代における国家間の主要な安全保障は軍事力の要素に基づきながらも、外交や経済、環境などを広範なものを含めるものである。国家安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンの歴史

    アルゼンチンの歴史から見た経済経済

    こうして政治が安定すると、「1880年の世代」と呼ばれる一群のテクノクラートは国政に携わる中で、アルゼンチンを第二のヨーロッパに作り変えようとし、この時期に西欧化の主導権は彼等によって握られ、様々な分野でアルゼンチンの西欧化がそれまで以上に急速に進むことになる。首都令により、ブエノスアイレスが正式に連邦の首都に定められると、政治の安定によりそれまでの1853年憲法や移民法(1876年)、土地法(1878年)といった移民に便宜を与える諸法律が効果を発揮し、ヨーロッパ人移民の流入の速度が急速に上昇した。1880年から1929年にかけて、イギリス資本とヨーロッパ人移民が流入した。巨額の借款はベアリングス銀行が中心となって引受けた。パリバやドイツ銀行も単独で資本参入した。国内の未開のパンパが開発され、また冷凍船の導入により、ヨーロッパやアメリカ大陸諸国との牛肉や小麦などの畜産物の貿易が盛んに行われるようになると、アルゼンチンの経済は著しく成長した。アルゼンチンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争

    戦争から見た経済経済

    政治だけでなく、経済、地理、文化、技術など広範にわたる人間の活動が密接に関わっており、その歴史的な影響は非常に大きい。近代以降の戦争は陸海空軍等の軍隊のみの武力戦だけでなく、一般国民を広く巻き込む総力戦の様相を呈することもあり、外交戦、宣伝戦、謀略戦、経済戦、貿易戦、補給戦、技術戦、精神戦などの闘争を本質的に包括しており、相互に関係している。そして結果的には、その規模にもよるが、国際関係や社会や経済など幅広い分野に破壊的な影響を与え、軍人や民間人の人的被害からインフラの破壊、経済活動の阻害など社会のあらゆる部分に物的被害を与えることとなる。一方で、科学、技術、外交、戦略論、組織論、戦術論、兵器・武器の発展をもたらしてきた側面もある。また、軍需景気により生産設備に被害を受けなかった戦勝国や第三国の経済が潤う場合もある(例:第一次世界大戦と第二次世界大戦後の米国や第一次世界大戦後と朝鮮戦争後の日本)。また、戦争の敗北により近代オリンピックやFIFAワールドカップ等の国際大会への参加を禁じられるケースもある。戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 獨協大学

    獨協大学から見た経済経済

    グローバル社会/コミュニケーション/文化移動/多文化共生/政治経済/法律/環境政策など各学部に対応する広範な領域をカバーしている。獨協大学 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事力

    軍事力から見た経済経済

    軍事力の行使は、直接的には軍隊・準軍事組織(民間軍事会社含む)・民兵組織などによって行われる。しかし、現代の戦争や安全保障は総力戦の形態をとっており、動員可能な人口、経済力、技術力、外交力などの総合的な国力に基づく潜在的な軍事力も重要な要素となる。国家の軍事力は現代においても国力の重要な要素の一つとみなされており、政治的な目的達成、国益の保護のための最終的な手段として現代でも重視されている。軍事力 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞

    平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞から見た経済経済

    大賞、経済・社会科学賞及び文化賞の3つの賞がある。追加の賞が設置されることもある。平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 細野昭雄

    細野昭雄から見た経済経済

    開発経済学や国際経済学などを研究する経済学者であると同時に、ラテンアメリカを中心に研究する地域研究者でもある。一貫してラテンアメリカ経済の研究に取り組んでおり、ラテンアメリカの経済史と経済発展の類型論などの業績が知られている。アジア経済研究所の研究員や国際連合ラテンアメリカ・カリブ経済委員会の経済研究官を経て、筑波大学、神戸大学、政策研究大学院大学などで教鞭を執り、経済学や地域研究を講じた。また、エルサルバドル駐箚特命全権大使に任命され、エルサルバドルに赴任し、日本と同国との関係の深化に尽力した。国際協力機構ではJICA研究所の所長を務めるなど、要職を歴任した。細野昭雄 フレッシュアイペディアより)

  • 経済学

    経済学から見た経済経済

    広辞苑には、「経済現象を研究する学問」とある。(総じて経済活動が研究の対象となっている。)経済学 フレッシュアイペディアより)

  • 環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律

    環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律から見た経済経済

    環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律(かんきょうじょうほうのていきょうのそくしんとうによるとくていじぎょうしゃとうのかんきょうにはいりょしたじぎょうかつどうのそくしんにかんするほうりつ、平成16年6月2日法律第77号)は、環境を保全しつつ健全な経済の発展を図る上で事業活動に係る環境の保全に関する活動とその評価が適切に行われることが重要であることにかんがみ、事業活動に係る環境配慮等の状況に関する情報の提供及び利用等に関し、国等の責務を明らかにするとともに、特定事業者による環境報告書の作成及び公表に関する措置等を講ずることにより、事業活動に係る環境の保全についての配慮が適切になされることを確保し、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的として制定された法律である。環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1664件中 1 - 10件表示

「経済の話題」のニューストピックワード

  • 指名・報酬委員会

  • RadioVerse専用サイト

  • jp/i/34430/57/resize/d34430−57−802686−0.jpg