1664件中 111 - 120件表示
  • 經濟

    經濟から見た経済経済

    經濟 フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安民

    戸川安民から見た経済経済

    天保9年(1838年)頃、片山・佐藤・溝手家が札元の旗本札が天保6年(1835年)頃までに発行停止(札潰れ)したため、通貨不足で領内の経済が停滞し財政再建の妨げになる恐れが出たため、大阪の御用達・畳商人近江屋に頼み込み、近江屋瀬平を札元とする新たな旗本札(畳表売買通用手形)を発行させた。戸川安民 フレッシュアイペディアより)

  • 中核

    中核から見た経済経済

    世界システム論において中核とは、豊かな資本や高い技術を持つ先進国及び地域のことである。周辺に対し有利な条件で交易し権力を維持し、資本主義的な世界経済の発展の原動力となる。なお、稀に周辺から中核に上昇したり、逆に下降することもある。中核 フレッシュアイペディアより)

  • 修繕積立金

    修繕積立金から見た経済経済

    建物の維持管理に加え、修繕積立金の多寡自体が、当該マンション等の経済価値の維持・向上を左右するものであり、専有部分等の売買に当たって重要なことであるため、宅地建物取引業法に基づく重要事項説明の説明事項にも修繕積立金に関することが定められている(同法第35条)。修繕積立金 フレッシュアイペディアより)

  • 稲村ダム

    稲村ダムから見た経済経済

    河川流量が豊富な吉野川水系では、急流な上流部において古くから多くの水力発電所が建設されてきた。戦後、これら水力発電設備を含め四国の電気事業を継承した四国電力は、吉野川水系に大森川発電所・穴内川発電所、那賀川水系に蔭平発電所と次々に揚水発電所を完成させた。その後の四国地方における経済発展は電力需要の増加をもたらし、四国電力は火力発電所や原子力発電所と連携できる揚水発電所の建設を吉野川水系に計画した。稲村ダム フレッシュアイペディアより)

  • 上杉允彦

    上杉允彦から見た経済経済

    (小島庸和・謝清宏)『華僑社会と経済活動の研究』 (高千穂商科大学総合研究所、2000年)上杉允彦 フレッシュアイペディアより)

  • 経済 (雑誌)

    経済 (雑誌)から見た経済経済

    経済(けいざい)は、新日本出版社より刊行される日本の月刊経済研究誌である。キャッチフレーズは、“時代の課題に挑戦する科学的社会主義の経済誌”。経済 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • スキージャンプ (ダム)

    スキージャンプ (ダム)から見た経済経済

    余水吐きにフリップ式水叩きを採用する例としては重力式コンクリートダムやロックフィルダムなどダムの型式にとらわれないが、高さのあるアーチ式コンクリートダムでは特に高い位置から水を空中に放出するよう設計されており、これをスキージャンプと呼んでいる。日本における例としては宮崎県にある上椎葉(かみしいば)ダムや一ツ瀬(ひとつせ)ダムのスキージャンプが特徴的で、左岸・右岸の両岸から勢いよく放った水を空中で衝突させるという、たいへん派手な設計をしている。もっとも、経済面ではダムの中央から水を落下させる型式の方がスキージャンプよりも有利である。スキージャンプ (ダム) フレッシュアイペディアより)

  • 南藤蔓綿録

    南藤蔓綿録から見た経済経済

    著者は人吉藩の剣術師範であった梅山無一軒(実名:西源六郎昌盛)で、成立年は文化年間である。相良家に於ける政治、社会、文化のみならず、経済や交通、気象、災害、風俗、寺社及び仏像の縁起等にまで言及して記されている。文久2年(1862年)に藩内で起こった大火「寅助火事」により相良家の家記が消失した事を受け、同年 『探源記』、『嗣誠独集覧』などと共に、無一軒の孫である梅山昌寿により藩へと献上された。南藤蔓綿録 フレッシュアイペディアより)

  • 正常価格

    正常価格から見た経済経済

    市場性を有する不動産について現実の社会経済情勢の下で合理的と考えられる条件を満たす市場で成立するであろう市場価値を表示する適正な価格。正常価格 フレッシュアイペディアより)

1664件中 111 - 120件表示

「経済の話題」のニューストピックワード