1664件中 21 - 30件表示
  • 持続可能な開発のための経済人会議

    持続可能な開発のための経済人会議から見た経済経済

    無視できない環境危機に対して過剰に反応するのはことは危険である。しかし、標準から逸脱した悪化状況を無視したり、覆い隠すことは無責任と言える。BCSDでは、思慮深く、関連性をもった世界的傾向に目を向けて、環境と経済の調和となる道を模索した。持続可能な開発のための経済人会議 フレッシュアイペディアより)

  • 形式社会学

    形式社会学から見た経済経済

    社会化の形式あるいは心的相互作用とは、人間が目的や意図をもって他者と関わる行為のあり方のことであり、具体的には、愛情による親密な関係、憎悪に基づく敵対関係、社会的地位によって結ばれる上下関係などが挙げられる。これに対して、政治、法律、経済、宗教、芸術などは「内容」から分類された学問分野だとして、「形式」の観点からそれらに横断線を引く学問として社会学を位置づけた。形式社会学 フレッシュアイペディアより)

  • 再生産

    再生産から見た経済経済

    単純再生産(simple reproduction)とは同じ価値を持つ商品を同じ規模で再生産することを指す。マルクス経済学では拡大再生産の基礎過程として考えられており、資本主義経済における単純再生産では剰余価値が資本に追加されずに、資本家に消費される事態であり、また同時に資本と賃労働の関係をも再生産する事態であると考えられている。(再生産表式を参照)再生産 フレッシュアイペディアより)

  • 金融寡頭制

    金融寡頭制から見た経済経済

    金融寡頭制(きんゆうかとうせい)とは経済用語の一つ。金融寡頭制 フレッシュアイペディアより)

  • 人口過多

    人口過多から見た経済経済

    常に最低限の生活水準を満たす経済となり、投資が過少となることで経済成長が抑制される。人口過多 フレッシュアイペディアより)

  • 経済戦争

    経済戦争から見た経済経済

    経済戦争(けいざいせんそう、)は戦争時の軍事作戦や秘密作戦の一部として行われる経済政策に対する用語。また、戦時ではなくとも、国家間の経済利害の対立が深刻化した状態を指して使用されることもある。経済戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事研究 (雑誌)

    軍事研究 (雑誌)から見た経済経済

    創刊者はのちに『北方ジャーナル』立ち上げにも関わる小名孝雄。日本及び世界各国の軍事、政治、経済情勢についての、記事、論文を掲載している。軍事研究 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 経済人類学

    経済人類学から見た経済経済

    経済人類学(けいざいじんるいがく、英語:economic anthropology)とは、経済現象を研究する文化人類学の一分野。経済人類学 フレッシュアイペディアより)

  • ネパールの経済

    ネパールの経済から見た経済経済

    IMFの統計によると、2010年のネパールのGDPは151億ドル(約1兆3000億円)であり、鳥取県の65%程度の経済規模である。ネパールの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 実体経済

    実体経済から見た経済経済

    実体経済(じったいけいざい、real economy)とは、経済システムのうち消費財や投資財の生産・分配に関わる部分のこと。実体経済から派生する資産経済などは含まない。より、フローに関わるものを指す。また、財市場、労働市場、貨幣市場のうち、特に財市場と労働市場に関わるものを指す。実物経済とも。実体経済 フレッシュアイペディアより)

1664件中 21 - 30件表示

「経済の話題」のニューストピックワード