1362件中 21 - 30件表示
  • 公民 (教科)

    公民 (教科)から見た経済経済

    公民科では、政治・経済・社会全般について学ぶ。高校公民科の中に現代社会、倫理、政治・経済といった科目が設置されている。公民 (教科) フレッシュアイペディアより)

  • 再生産

    再生産から見た経済経済

    単純再生産(simple reproduction)とは同じ価値を持つ商品を同じ規模で再生産することを指す。マルクス経済学では拡大再生産の基礎過程として考えられており、資本主義経済における単純再生産では剰余価値が資本に追加されずに、資本家に消費される事態であり、また同時に資本と賃労働の関係をも再生産する事態であると考えられている。(再生産表式を参照)再生産 フレッシュアイペディアより)

  • 日本・ASEAN包括的経済連携協定

    日本・ASEAN包括的経済連携協定から見た経済経済

    アジアは欧州と違って、キリスト教などの宗教を土台にした文化などを共有しておらず、政治体制も様々なものが併存している。このため、ASEAN加盟国間でも、相互に内政不干渉の原則を徹底する様相が強く、EUのように、政治・経済・軍事・外交を包括した強力な連合体を作ることが難しいとされる。本協定は、そのアジア地域を統合する手始めとして、経済を中心とした緩やかな統合(東アジアEPA)の基礎をなす協定である。日本・ASEAN包括的経済連携協定 フレッシュアイペディアより)

  • 港市国家

    港市国家から見た経済経済

    河川の河口部に形成される港市すなわち経済の中心と、王都の所在地すなわち政治の中心とが同一地点にあるか近距離にあって、両者が密接な連関を有する。港市国家 フレッシュアイペディアより)

  • 国産振興四日市大博覧会

    国産振興四日市大博覧会から見た経済経済

    国産振興四日市大博覧会(こくさんしんこうよっかいちだいはくらんかい)は、三重県四日市市で開催された博覧会。会期は1936年(昭和11年)3月25日から同年5月13日までの50日間で、120万人超の入場があったという。時の四日市市長である吉田勝太郎が強力に推し進め、当時の四日市市の一般会計に匹敵する70万円の予算が投入された空前のイベントであった。経済的な利益だけでなく、市民の精神面にも大きな影響を与えたと伝えられる。略称は四日市大博覧会。国産振興四日市大博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 形式社会学

    形式社会学から見た経済経済

    社会化の形式あるいは心的相互作用とは、人間が目的や意図をもって他者と関わる行為のあり方のことであり、具体的には、愛情による親密な関係、憎悪に基づく敵対関係、社会的地位によって結ばれる上下関係などが挙げられる。これに対して、政治、法律、経済、宗教、芸術などは「内容」から分類された学問分野だとして、「形式」の観点からそれらに横断線を引く学問として社会学を位置づけた。形式社会学 フレッシュアイペディアより)

  • 人口過多

    人口過多から見た経済経済

    常に最低限の生活水準を満たす経済となり、投資が過少となることで経済成長が抑制される。人口過多 フレッシュアイペディアより)

  • 持続可能な開発のための経済人会議

    持続可能な開発のための経済人会議から見た経済経済

    無視できない環境危機に対して過剰に反応するのはことは危険である。しかし、標準から逸脱した悪化状況を無視したり、覆い隠すことは無責任と言える。BCSDでは、思慮深く、関連性をもった世界的傾向に目を向けて、環境と経済の調和となる道を模索した。持続可能な開発のための経済人会議 フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見た経済経済

    テクノロジーを駆使した人工物は、経済の産物であり、経済成長の力の源であり、日常生活の多くはそういった人工物であふれている。技術革新と社会の文化的伝統は相互に影響しあう。それはまた、軍事力を発展させる手段でもある。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製鐵

    日本製鐵から見た経済経済

    経済的・軍事的な面から重要視された鉄鋼を低廉かつ豊富に供給し、鉄鋼の輸入を防止するという使命の元に設立され、日中戦争や太平洋戦争を背景として拡大を続けた。戦後は戦時中に荒廃した設備の復旧にあたったが、その途上の1950年(昭和25年)4月、財閥の解体を目的とする過度経済力集中排除法の適用を受け、4社に分割されて日本製鐵は解散した。後継の4社は八幡製鐵・富士製鐵・日鐵汽船(現・NSユナイテッド海運)・播磨耐火煉瓦(現・黒崎播磨)で、そのうち鉄鋼メーカーの八幡製鐵・富士製鐵は1970年(昭和45年)に合併し、新日本製鐵(新日鉄)となった。そして2012年(平成24年)10月1日に住友金属工業と合併し、新日鐵住金が発足した。日本製鐵 フレッシュアイペディアより)

1362件中 21 - 30件表示

「経済の話題」のニューストピックワード