1362件中 31 - 40件表示
  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た経済経済

    感染症の歴史(かんせんしょうのれきし)では、世界の歴史において、特に後世に社会的、経済的、文化的に甚大な影響を与えた感染症について記述する。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事研究

    軍事研究から見た経済経済

    雑誌を創刊したのは小名孝雄。日本及び世界各国の軍事、政治、経済情勢についての、記事、論文を掲載している。軍事研究 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ新聞

    スポーツ新聞から見た経済経済

    最近は政治面・経済面など比較的硬めの記事も掲載されるようになったが、内容としては英米におけるタブロイド紙と同等の大衆紙と評される。スポーツ新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 一国二制度

    一国二制度から見た経済経済

    ここでいう「制度」は本来、経済制度を指している。現在、香港は中国本土の社会主義市場経済の恩恵で返還後の不況から脱しつつあるが、貧富の差がだんだん拡大しており、事実上中国に依存する一体化が進行している。また、領域内の制度の差異を基準としても、香港とマカオの法・経済制度が異なるため、中国本土と合わせて3つの制度がある事になる。一国二制度 フレッシュアイペディアより)

  • 証券アナリスト

    証券アナリストから見た経済経済

    証券アナリストは、金融市場のプロフェッショナルとして株式市場のみ成らず、債券市場、商品市場、景気動向など、経済全般をその管轄分野としている。金融のグローバル化と専門化の時代にあって彼らの分析の重要性は年々高まっている。上場株式の個別銘柄についてアナリストが出すレポートはアナリスト・レポートと呼ばれる。証券アナリスト フレッシュアイペディアより)

  • 日本の犯罪と治安

    日本の犯罪と治安から見た経済経済

    刑法犯罪の暴力犯罪も非暴力犯罪も各罪種の発生率が、1920年代後半-1930年代前半に第二次世界大戦終結前の最多、または、統計がある1926年以後の最多を記録(人口10万人中の発生率は、殺人は1926年は4.14件、誘拐は2.46件、強姦は1933年は2.53件、傷害は1935年は42.29件、強盗は1929年は3.80件、放火は1931年は3.99件。)した原因として、昭和金融恐慌・昭和恐慌・世界恐慌による経済的な貧困、社会保障・福祉・所得の再分配などの不整備、家庭・学校・職場・社会の教育の不十分、失業、などの人々の生活に関する環境的原因が複合的に影響して、暴力犯罪と非暴力犯罪の原因としての個人的素質の誘発と、暴力犯罪と非暴力犯罪としての現象を推進したという仮説が指摘されている。日本の犯罪と治安 フレッシュアイペディアより)

  • 平和

    平和から見た経済経済

    現代でも国家間の軍事力の均衡が戦争を抑止しているという状態は変わらず、戦火を交えなくとも外交や経済を主軸とした、国家間の生存競争は絶えず行われている。異なる国家が隣接して国境が策定されている場合は、おのおのの国家が軍隊を組織して常時国境を挟んで軍事的緊張を保っており、軍事力の均衡がまったくない平和は存在しない。平和 フレッシュアイペディアより)

  • 戦術

    戦術から見た経済経済

    戦術(せんじゅつ、)は、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する術である。そこから派生して言葉としては競技や経済・経営、討論・交渉などの競争における戦い方をも意味するようになる。理論的・学問的な側面を強調する場合は戦術学とも言う。戦術 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た経済経済

    現代日本の社会で「格差」を言う場合、主に経済的要素、それも税制や社会保障による再分配前の所得格差を指していることが多い。ここでは経済的要素 に関する格差社会および格差拡大について詳説する。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢佐重喜

    小沢佐重喜から見た経済経済

    長男の一郎は「親父は、じいさまが酒に溺れて身上をつぶして水飲み百姓の小作人のせがれとして食うや食わずで育ったんだ。それで、ものすごく貧乏だったせいかどちらかというと反体制的な考え方だった。戦後の経済万能主義の社会や政治を嫌悪していたし、エスタプリッシュメントというものに対する反発を非常に強くもっている男でした。」と述べている(サンデー毎日 1994/1/2/9号)。小沢佐重喜 フレッシュアイペディアより)

1362件中 31 - 40件表示

「経済の話題」のニューストピックワード