1362件中 51 - 60件表示
  • 金融

    金融から見た経済経済

    様々な経済主体が活動を行う際、常に資金が不足する者と資金が余剰する者とが生じる。金融は、その両者を結び、資金が必要とされるところへ配分させる機能をもち、これにより両者には金銭上の債権債務関係が生じる。金融 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル

    イスラエルから見た経済経済

    米国の政権は、政治的立場の維持に対して国内ユダヤ人の貢献が大きいため、イスラエル寄りの政策を続けている。例えば、国際連合安全保障理事会でイスラエルを非難する、あるいは何らかの制約を求める提案が出されると、非常に高い確率で米国が拒否権を発動する。イスラエルは米国の拒否権により国連などの国際的非難から守られていると言える。他方では、中東各国政府が、パレスチナにおける紛争などを利用し、若者を始めとした様々な「不満・怒り」を一点に振り向け、過激派の矛先が自分たちに向かわないようにしてきたためでもある。すなわち、イスラエル批判のストーリーを、政治的問題の駆け引きに、また、経済的問題への不満をかわすことに使っていると言える。中東の若者には貧富の格差による「不公平感」があると言われる。また、経済は好調であっても、人口急増によって雇用が十分でない、などの問題があるとも言われる。イスラエル フレッシュアイペディアより)

  • テルアビブ

    テルアビブから見た経済経済

    テル・アヴィヴ・ヤフォ(ヘブライ語:(テル・アヴィヴ・ヤフォ)、、、テル・アヴィヴ)は、イスラエルにある市。イスラエルの経済・文化の中心地かつ中東有数の世界都市。国際連合などはテル・アヴィヴをイスラエルの首都とみなしているが、イスラエルはエルサレムを首都であると主張している。(※このページでは「テルアビブ」ではなく、ヘブライ語の発音に近い「テル・アヴィヴ」と記述する。)テルアビブ フレッシュアイペディアより)

  • 地政学

    地政学から見た経済経済

    地政学とは地理的な環境が国家に与える政治的、軍事的、経済的な影響を巨視的な視点で研究するものである。イギリス、ドイツ、アメリカ合衆国等で国家戦略に科学的根拠と正当性を与えることを目的とした。「地政学的」のように言葉として政治談議の中で聞かれることがある。地政学 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た経済経済

    内閣総理大臣退任後、インター・アクション・カウンシルのメンバーに就任し、2009年の総会ではヘルムート・シュミット、ジャン・クレティエンらと世界金融危機等政治経済の国際的な諸問題について討議した。また、麻生政権にて度々特派大使として各国を訪問し、日本の国際連合安全保障理事会常任理事国入りに理解を求めるなど、協力関係の構築を進めている。2009年7月の天皇・皇后北米歴訪の際は福田が首席随員に選任され、今上天皇、皇后に随伴しカナダやアメリカ合衆国ハワイ州を訪問した。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の影響

    地球温暖化の影響から見た経済経済

    地球温暖化による影響は、気象や自然環境への影響と、社会や経済への影響とに大別される。地球温暖化の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事

    軍事から見た経済経済

    軍事は軍隊が司る事柄を指す用語であり、その内容は公共的利益と政治的な重要性を伴うものである。軍事は民事 (Civil affairs) の対概念であり、外交や経済などと並ぶ政府の主要な行政機能の一つに位置づけられる。軍事がなぜ公益と重要性を伴っているかを理解する上で、フィレンツェの政治思想家のニッコロ・マキアヴェリの見解が参考となる。彼は『政略論』やにおいて「戦いに訴えねばならない場合に、自国民からなる軍隊をもっていない指導者は国家は恥じてしかるべきだと思う」と論じている。なぜならば、自らの安全を自力で確保する意志がなければ、国家の独立と平和を期待することはできないからである。戦争が勃発することは不可避であり、それに対処するために軍備が必要であるという現実主義の政治思想は軍事の基本的な考え方となっている。軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 盧武鉉

    盧武鉉から見た経済経済

    5月8日…「韓国の経済人たちは無から有を創造した」盧武鉉 フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン諸島

    ソロモン諸島から見た経済経済

    捕鯨擁護国。自給自足的な経済と貨幣経済が併存している。経済格差が大きく、木材とコプラ、パーム油に鰹と鮪が主要品目である。なお、部族紛争勃発前までは日本が最大援助国であったが、現在の最大援助国は豪州である。ガダルカナル島の武装勢力の対立が経済を直撃し、現在、国家財政は破綻状態である。ソロモン諸島 フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見た経済経済

    日本は自由主義体制をとり米国とも密接な同盟関係を維持しているが、キューバに対しては地理的・政治的な利害関係を持たず、またフィデル・カストロが親日家であり、日本人もキューバに対してはエキゾチックな好感を抱いており、音楽やスポーツを通じた民間交流も盛んである。そのため、両国関係は政治・経済の両面で良好であり、1989年の昭和天皇崩御の際には喪に服した。また、在ペルー日本大使公邸占拠事件では、日本政府の要請に対し、キューバがトゥパク・アマルー革命運動 (MRTA) のゲリラの亡命受け入れを受諾した。また、日本人が入国するときにビザ免除を認めている国である。キューバ フレッシュアイペディアより)

1362件中 51 - 60件表示

「経済の話題」のニューストピックワード