1362件中 81 - 90件表示
  • 衛星国

    衛星国から見た経済経済

    第二次世界大戦ではハンガリーは枢軸国側で参戦したが、ソ連に全土を占領されて敗戦した。以降、ソ連の影響下に置かれることとなる。1956年に反ソ暴動となるハンガリー動乱が勃発した。この動きもソ連及びワルシャワ条約機構軍の介入により圧殺された。体制は元に戻されたが、チェコスロバキアのグスタフ・フサークらと違って最高指導者のカーダール・ヤーノシュは比較的穏健な政治姿勢を取り、経済は比較的自由であった。1968年頃から西側の経済を緩やかにではあるが取り入れ、ソ連政府の単なる傀儡ではなかった。1980年代には、国民はハンガリー社会主義労働者党の保守派、改革派のどちらかを選択出来る様になり、衛星国という概念は薄れていった。ポーランドの変革に刺激を受けるような形で改革派が実権を握り、ハンガリーは独自に民主化(西欧への帰還)への道を歩んでいったのである。衛星国 フレッシュアイペディアより)

  • 政治的なものの概念

    政治的なものの概念から見た経済経済

    人間性についてシュミットは自由主義が論じるような人間の善性を政治理論から排除しようとする。その事実はともかく人間は悪しきものであると見なすことで、政治権力や国家秩序の理論を構築することが可能となるのである。これは常に敵の存在を前提として考える友敵理論に発展することになる。道徳における善悪や美学における美醜、経済における利害のように政治的なものの概念とは政治特有の範疇を求めることができる。それは政治の行動や動機が還元される固有の区別である友と敵の区別である。政治的なものの概念 フレッシュアイペディアより)

  • 下部構造

    下部構造から見た経済経済

    (土台)とはカール・マルクスの著作(『経済学批判』)の(序)においてとして上部構造とともに記述された概念。(マルクス経済学、唯物史観)において経済のことを指し以下記述する。下部構造 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学東洋文化研究所

    東京大学東洋文化研究所から見た経済経済

    東洋の文化の総合的研究を目的として設置された研究所で、主に人文・社会科学の研究者が所属し、アジア地域の文学、歴史、社会、政治、経済などの研究・教育を行っている。また、附属施設に東洋学研究情報センターを置き、アジア研究に関する情報の発信を行うなど、日本のアジア地域研究の研究・情報センターを目指している。東京大学東洋文化研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 帝国以後

    帝国以後から見た経済経済

    トッドはまず冒頭で、ノーム・チョムスキーらを構造的反米派と呼び、相も変わらずアメリカを過大評価しているとして退ける。参照するのはむしろポール・ケネディ、サミュエル・P・ハンティントン、ズビグネフ・ブレジンスキー、フランシス・フクヤマなど体制派の著作であり、アメリカの経済力低下と地政学的孤立に対する不安をそこに見出す。帝国以後 フレッシュアイペディアより)

  • 大平純彦

    大平純彦から見た経済経済

    大平 純彦(おおひら すみひこ、1953年10月 - )は、日本の経済企画官僚、経済学者(経済統計学・計量経済学)。静岡県立大学経営情報学部准教授・大学院経営情報学研究科准教授。大平純彦 フレッシュアイペディアより)

  • 包摂

    包摂から見た経済経済

    包摂(ほうせつ、subsumption)とは、経済・社会が、その本来の諸関係にとって外生的な存在を取り込む過程をいう。はじめ、マルクスの論文「直接的生産過程の諸結果」において、「労働の形式的・実質的包摂」としてこの用語が用いられ、後に、労働(技術)以外の外生的な要素を取り込む場合の概念に拡張された。包摂 フレッシュアイペディアより)

  • 順位・規模法則

    順位・規模法則から見た経済経済

    対数正規型ともいう。主に先進国のように高度に都市化が進んでいる国でみられる。外国への経済依存が低く、政体は連邦制である国がこのパターンになりやすい。順位・規模法則 フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター学派

    マンチェスター学派から見た経済経済

    マンチェスター学派(まんちぇすたーがくは、Manchester School、Manchester Capitalism、Manchester Liberalism、Manchesterismとも)は19世紀のイギリス・マンチェスターに端を発する政治、経済、社会運動の総称。マンチェスター学派 フレッシュアイペディアより)

  • ネパールの経済

    ネパールの経済から見た経済経済

    IMFの統計によると、2010年のネパールのGDPは151億ドル(約1兆3000億円)であり、鳥取県の65%程度の経済規模である。ネパールの経済 フレッシュアイペディアより)

1362件中 81 - 90件表示

「経済の話題」のニューストピックワード