経済産業省 ニュース&Wiki etc.

経済産業省(けいざいさんぎょうしょう、略称:経産省(けいさんしょう)、、略称:)は、日本の行政機関の一つである。民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ることを任務とする。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「経済産業省」のつながり調べ

  • 愛知万博の入場者数問題

    愛知万博の入場者数問題から見た経済産業省

    食中毒やテロの防止を考え、学校の遠足など一部の場合を除いて弁当とペットボトルに入った飲み物(水筒・紙パックの飲み物は持ち込み可能)の持ち込みは禁止されており、空港での飛行機の搭乗時並みに、入場する際に係員によってバッグの中身を検査したり、金属探知機によるセキュリティチェックも行われ、それらを所持していると係員によって没収される為、厳しい非難を浴びた。このため、3月30日に小泉首相は経産省と協会に対して、持ち込み規制の見直しを指示し、2005年4月1日より自家製調理弁当のみ持ち込みは許可となった。(飲食についての項も参照)2005年6月18日よりペットボトルに入った飲み物は、ゲート前で無料配布されている紙カップに移し変える事で、持ち込むことができるようになった。(愛知万博の入場者数問題 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・R-2

    スバル・R-2から見た通商産業省

    1958年に発売されたスバル・360(以後360)は、高い合理性とメカニズムで、当時の通産省の「国民車構想」を具現化した軽自動車として成功した。発売開始後も改良とコストダウンが続けられ、庶民に自動車を身近なものにしたロングセラーとなったが、1967年発売のホンダ・N360(前輪駆動)が高出力・低価格で大ヒットとなった以降、スズキ・フロンテのモデルチェンジやダイハツ・フェローの登場で、次第に商品力を失っていく。その中で発売された本車種は、360の基本メカニズムを踏襲しつつ、それを熟成、発展させたモデルとなっている。(スバル・R-2 フレッシュアイペディアより)

「経済産業省」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「経済産業省」のニューストピックワード

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン

  • 安全かつ着実に進めていくよう、経産省としても東京電力(ホールディングス)をしっかりと指導していきたい

  • 平成30年度 グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰