79件中 11 - 20件表示
  • 経済産業省

    経済産業省から見た両角良彦

    両角良彦 - ナポレオン研究家経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た白洲次郎

    通商産業省の沿革は、1949年(昭和24年)5月25日、商工省とその外局である貿易庁、石炭庁を統合して発足した。この組織を考えたのは白洲次郎といわれる。発足当初の通産省には、吉田茂 - 白洲 - 牛場信彦らの「外交派」・「通商派」ラインとして、時に「永山天皇」と呼ばれた永山時雄初代官房長らがおり、主流である「産業派」・「統制派」には岸信介 - 椎名悦三郎 - 美濃部洋次 - 山本高行ラインとして、玉置敬三や平井富三郎、佐橋滋、今井善衛などが名を連ね、その他「商務派」には豊田雅孝らがいた。その後も、「資源派」・「国際派」と「国内派」との対立軸など、現在に至るまで省内における政策対立ないし派閥争いには事欠かないことでも知られている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た林義郎

    通産省・経産省は自由な気風や業界との交流の多さも後押しし、実業方面など経済界に人材を数多く輩出してきた。この理由から、経済産業省では若い優秀な人ほど転出するとも言われる。他方、通産省時代は政治家を出せない役所とも言われており、戦後長らく有力政治家といえば商工省出身の岸信介、椎名悦三郎、通産省出身では林義郎が目立つくらいで大蔵省や旧内務省系の出身者と比べて見劣りがした。しかし80年代頃からは、若手の通産官僚の政界入りが相次ぎ、現在の国会では党派を超えた一大勢力となっている。また、大分県の名知事として知られた平松守彦(在任1979?2003年)以降、都道府県知事にも出身者が多くなっている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た美濃部洋次

    通商産業省の沿革は、1949年(昭和24年)5月25日、商工省とその外局である貿易庁、石炭庁を統合して発足した。この組織を考えたのは白洲次郎といわれる。発足当初の通産省には、吉田茂 - 白洲 - 牛場信彦らの「外交派」・「通商派」ラインとして、時に「永山天皇」と呼ばれた永山時雄初代官房長らがおり、主流である「産業派」・「統制派」には岸信介 - 椎名悦三郎 - 美濃部洋次 - 山本高行ラインとして、玉置敬三や平井富三郎、佐橋滋、今井善衛などが名を連ね、その他「商務派」には豊田雅孝らがいた。その後も、「資源派」・「国際派」と「国内派」との対立軸など、現在に至るまで省内における政策対立ないし派閥争いには事欠かないことでも知られている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た中野剛志

    中野剛志 - 京大大学院准教授経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た佐橋滋

    通商産業省の沿革は、1949年(昭和24年)5月25日、商工省とその外局である貿易庁、石炭庁を統合して発足した。この組織を考えたのは白洲次郎といわれる。発足当初の通産省には、吉田茂 - 白洲 - 牛場信彦らの「外交派」・「通商派」ラインとして、時に「永山天皇」と呼ばれた永山時雄初代官房長らがおり、主流である「産業派」・「統制派」には岸信介 - 椎名悦三郎 - 美濃部洋次 - 山本高行ラインとして、玉置敬三や平井富三郎、佐橋滋、今井善衛などが名を連ね、その他「商務派」には豊田雅孝らがいた。その後も、「資源派」・「国際派」と「国内派」との対立軸など、現在に至るまで省内における政策対立ないし派閥争いには事欠かないことでも知られている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た今井善衛

    通商産業省の沿革は、1949年(昭和24年)5月25日、商工省とその外局である貿易庁、石炭庁を統合して発足した。この組織を考えたのは白洲次郎といわれる。発足当初の通産省には、吉田茂 - 白洲 - 牛場信彦らの「外交派」・「通商派」ラインとして、時に「永山天皇」と呼ばれた永山時雄初代官房長らがおり、主流である「産業派」・「統制派」には岸信介 - 椎名悦三郎 - 美濃部洋次 - 山本高行ラインとして、玉置敬三や平井富三郎、佐橋滋、今井善衛などが名を連ね、その他「商務派」には豊田雅孝らがいた。その後も、「資源派」・「国際派」と「国内派」との対立軸など、現在に至るまで省内における政策対立ないし派閥争いには事欠かないことでも知られている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た平松守彦

    通産省・経産省は自由な気風や業界との交流の多さも後押しし、実業方面など経済界に人材を数多く輩出してきた。この理由から、経済産業省では若い優秀な人ほど転出するとも言われる。他方、通産省時代は政治家を出せない役所とも言われており、戦後長らく有力政治家といえば商工省出身の岸信介、椎名悦三郎、通産省出身では林義郎が目立つくらいで大蔵省や旧内務省系の出身者と比べて見劣りがした。しかし80年代頃からは、若手の通産官僚の政界入りが相次ぎ、現在の国会では党派を超えた一大勢力となっている。また、大分県の名知事として知られた平松守彦(在任1979?2003年)以降、都道府県知事にも出身者が多くなっている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た永山時雄

    通商産業省の沿革は、1949年(昭和24年)5月25日、商工省とその外局である貿易庁、石炭庁を統合して発足した。この組織を考えたのは白洲次郎といわれる。発足当初の通産省には、吉田茂 - 白洲 - 牛場信彦らの「外交派」・「通商派」ラインとして、時に「永山天皇」と呼ばれた永山時雄初代官房長らがおり、主流である「産業派」・「統制派」には岸信介 - 椎名悦三郎 - 美濃部洋次 - 山本高行ラインとして、玉置敬三や平井富三郎、佐橋滋、今井善衛などが名を連ね、その他「商務派」には豊田雅孝らがいた。その後も、「資源派」・「国際派」と「国内派」との対立軸など、現在に至るまで省内における政策対立ないし派閥争いには事欠かないことでも知られている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た天谷直弘

    天谷直弘 - 臨時教育審議会第一部長、電通総研所長経済産業省 フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示

「経済産業省」のニューストピックワード